けやき坂46、初舞台公演となる『あゆみ』上演決定!

欅坂46の妹分的存在である、けやき坂46(ひらがなけやき)がまた新たな挑戦を行うことが3月24日開催の全国握手会愛知会場のステージにて発表された。

発表されたのは、けやき坂46にとって初舞台公演となる「あゆみ」の上演決定で、予想外の発表に場内は大歓声に包まれた。

舞台は、けやき坂46の20名がチームハーモニカとチームカスタネットに分かれ、2チーム制で公演を行っていく。
題材は2010年「わが星」で岸田國士戯曲賞を受賞した劇団ままごとの柴 幸男の代表作「あゆみ」。
目には見えない時間の道を歩く『あゆみ』という一人の女性の人生の物語である。
10人で1役(あゆみ)を演じるという個性的なスタイルの演劇に、けやき坂46全メンバー20人がWキャストで挑むことになった。

舞台は4月20日に初日を迎える。
欅坂46もまだ経験したことのない、舞台への挑戦はまた一つけやき坂46を成長させることは間違いないであろう。

そして、発表はそれだけではなく先日の日本武道館公演で発表された、けやき坂46の1stアルバムの発売日の発表であった。
発売は5月23日に決まり、こちらも予想外の早期リリースに歓喜の声が上がった。

日本武道館公演を経て、地上波冠番組が2本も決まり、そして初主演舞台の決定、アルバムリリースとけやき坂46が怒涛の2018年上半期を迎えることは説明する必要もないであろう。
どんな困難も”ハッピーオーラ”で乗り越えてきた、彼女たちの描く物語から目が離せない。

 

■けやき坂46 初舞台公演「あゆみ」

ポップな歌も無く、煌びやかな衣裳替えも無い、そして舞台上にはシンプルなセットのみ。
舞台に登場してからは出入りも無く、10人全員が舞台上に立ち続けるー。

2010年「わが星」で岸田國士戯曲賞を受賞した劇団ままごとの柴 幸男の代表作「あゆみ」。
目には見えない時間の道を歩く『あゆみ』という一人の女性の人生の物語。
10人で1役(あゆみ)を演じるという個性的なスタイルの演劇に、けやき坂46全メンバー20人がWキャストで挑む!!

[劇場]
AiiA 2.5 Theater Tokyo

[脚本]
柴 幸男(ままごと)

[潤色・演出]
赤澤ムック

[公演日程]
2018年4月20日(金)~5月6日(日)

[出演者](けやき坂46)
(一期生)井口眞緒 潮 紗理菜 柿崎芽実 影山優佳 加藤史帆 齊藤京子 佐々木久美 佐々木美玲 高瀬愛奈 高本彩花 東村芽依
(二期生)金村美玖 河田陽菜 小坂菜緒 富田鈴花 丹生明里 濱岸ひより 松田好花 宮田愛萌 渡邉美穂

チームハーモニカ
井口眞緒 潮 紗理菜 加藤史帆 齊藤京子 佐々木久美 高瀬愛奈 東村芽依 松田好花 宮田愛萌 渡邉美穂

チームカスタネット
柿崎芽実 影山優佳 佐々木美玲 高本彩花 金村美玖 河田陽菜 小坂菜緒 富田鈴花 丹生明里 濱岸ひより

[協力]
Seed & Flower合同会社/ソニー・ミュージックレーベルズ

[主催]
ネルケプランニング/Y&N Brothers

 

■欅坂46 オフィシャルサイト:http://www.keyakizaka46.com/
■欅坂46 オフィシャルTwitter:https://twitter.com/keyakizaka46

Tokyo Now Author