内覧会に豪華な顔ぶれが来場!ロロ・ピアーナ × 藤原ヒロシ ブランド初となるコラボレーションを発表

ロロ・ピアーナは、2021年10月13日に日本のクリエイターである藤原ヒロシ氏とのコラボレーションを発表しました。 コレクション発売に先駆けて開催されたプライベートプレビューには、窪塚洋介、Kōki,、三浦翔平、滝沢眞規子、佐藤晴美、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの長谷川慎など豪華な顔ぶれが来場しました。

メゾンとして初となるコラボレーションでは、藤原氏のスタイルとの出会いから、その独特の美意識を革新的な手法で再解釈。すっきりしたシルエットとミニマルなデザインが特徴的な、10のルックを構築しました。

ロロ・ピアーナのタイムレスなエレガンスと究極の職人技に、日本の現代性が融合。メゾンの100年の歴史と現代の日本のスタイルが見事に調和しています。カプセルコレクションでは二つの世界観が融合しつつ、藤原氏が概念を打ち砕き新たな解釈を添え、 ロロ・ピアーナのラグジュアリー感を前面に打ち出しながらも、それをジェンダーレスな「セカンドスキン」に変換しました。「さまざまなチャレンジを受け入れてくれたロロ・ピアーナとのコラボレーションは、刺激的でクールで楽しかった」と語ります。コラボレーション名に彼自身の名前を付けるのは今回が初めてです。

コレクションは機能的なウェアと控えめなアクセサリーで構成されています。藤原ヒロシ氏のシグネチャーであるネイビーブルー、ブラック、チャコール、ホワイトのカラーパレットに、タスマニアン(R)・スーパー150’S ウールからベビー・カシミヤにいたるまでの上質な素材やディテールへの配慮などの、ロロ・ピアーナならではの特徴が融合しています。ストリートスタイルが進化し、さらに洗練されたスタイルに。柔らかく滑らかなファブリックの手触り、流れるようなシルエットの心地よさと、機能性の出会い。リバーシブルボンバー、オーバーコートなどのアウターを含む本コレクションの特徴的なアイテムのひとつにベビー・カシミヤのダメージニットがあります。柔らかで稀少性の高い素材にパンクの要素が加わり、極上の手触りのエッジーなニットが誕生しました。

藤原ヒロシ氏は、世界的に影響力のあるクリエイターであり、ミュージシャンです。デザイン会社 「Fragment(フラグメント)」を主宰。国内外で「ストリートファッションのカリスマ」の異名をもち、ジャンルを超えて幅広く活躍しています。

Loro Piana featuring Hiroshi Fujiwara コレクションは、10月13日にロロ・ピアーナ 銀座店、公式オンラインストア、伊勢丹新宿店 本館1階 ザ・ステージに登場するポップアップストア(10月13日〜19日)にて発売されます。〈ロロ・ピアーナ×藤原ヒロシ〉コレクションの世界観をご紹介する特設サイト( https://jp.loropiana.com/hiroshifujiwara/ja/ )もスタート。発売日より店頭にてお客様情報をご登録いただいた方には、Loro Piana featuring Hiroshi Fujiwara オリジナルステッカーをプレゼントいたします。

Tokyo Now Author