ムロツヨシ WOWOW連ドラ初主演!『雨に消えた向日葵』7月放送・配信スタート

WOWOWは、ムロツヨシ主演『連続ドラマW 雨に消えた向日葵』(全5話)を7月より放送・配信をスタートします。

ムロツヨシ

本作は、2008年に第3回日本ラブストーリー大賞エンタテインメント特別賞を受賞しデビューした小説家・吉川英梨の同名小説『雨に消えた向日葵』(幻冬舎)を原作に、ある少女失踪事件の真相を追う刑事・奈良健市(ムロツヨシ)と、失踪した少女・石岡葵の家族の苦悩と執念の日々を描いたヒューマンミステリー。吉川にとっては初の連続ドラマ化作品となる。脚本は『ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○』の関えり香が担当する。

主演を務めるムロツヨシは、本作で連続ドラマW初主演。自身の妹をある事件から守れなかったことに大きな後悔を抱える中堅刑事・奈良を演じる。常に冷静で仕事熱心、上司や同僚からの信頼も厚い奈良だが、私生活はおざなりで他人に心の内を見せない、どこか陰のあるキャラクター。そんな奈良は、少女失踪事件の捜査を担当する中で、娘の無事を願う家族の一途な思いと自らの妹への思いとを重ね、まるで罪滅ぼしかのごとく捜査にのめり込んでいくことに。これまで映画『銀魂』、ドラマ『今日から俺は!!』『親バカ青春白書』などコメディ路線の出演作が多かったムロが、痛々しいほどの執念で事件を追う“切なく強い”奈良という刑事像をどのように完成させるのか。俳優・ムロツヨシが、自身のパブリックイメージを更新する“新境地”とも言える熱演にご期待いただきたい。

主演/ムロツヨシ コメント
罪悪感からくる正義感なのか、正義感があるからこその抱え続ける罪悪感なのか、どちらにせよそこから生まれる使命感だけで生きている男です。そんな男を演じることになりました。
行方不明となったひとりの少女が「生きている」ことを信じ、追いかけ続ける。
ただただその男と向き合った日々です。演じることに没頭しました。
ぜひ、皆様に観ていただきたいのです。
ただ、コメディー作品ではありません。
刑事ドラマでもあるのですが、私を含めましてまわりの刑事たちが、、、コメディー畑の方たちばかりで、それはそれで、え?どう観たら良いの?という、そこがまたこのドラマの説得力になっていることを信じています。
人間ドラマです。
何があるかわかりゃあしないこのご時世。
「何かを信じる」ことの必要性や重みを、真っ直ぐにお伝えできたら、と思います。
どうかいろんな想像と共にオンエアをお待ちください。

原作者/吉川英梨 コメント
連続ドラマWは良質で大人なドラマを放送している枠という印象、ドラマ化を大変光栄に思いました。また本作は、私が生まれ育った埼玉県坂戸市が舞台です。ドラマの舞台に選ばれたことに格別の喜びがありました。
主演のムロツヨシさんは器用に何でも演じる役者さんという印象がありました。主人公・奈良健市役と聞いて「なるほどな」。実際に見させていただくとあまりに奈良健市すぎる、と思いました。小説からそのまま飛び出してきたようです。
脚本を始め制作陣のみなさんが原作に敬意を持って作っていただいたからこそ。原作を読んだ方も未読の方も納得の、質の高い刑事ドラマをお楽しみいただけると思います。

 

―STORY―
ある豪雨の日、向日葵の咲く田んぼ道で、小学五年生の少女・石岡葵が傘一本だけを残し、忽然と姿を消した。埼玉県警捜査一課の警部補・奈良健市(ムロツヨシ)は、失踪の一報を受け現場へ急行。するとそこには捜索活動に参加する葵の父・征則の姿があった。妻・秋奈と離婚調停中で葵たちとは別居していたが、知らせを受けて飛んできたのだという。葵の失踪は誘拐か、事故か、あるいは両親の不仲を理由にした家出か……。葵の捜査が難航する中、征則ら家族の悲痛に向き合う奈良も、妹・真由子のことで苦悩を抱えていた。真由子は過去に暴漢に襲われて以来心を閉ざしていて、奈良はその事件を機に刑事を志したのだった。妹を守れなかった後悔を胸に、何としても葵を探し出したい奈良と、娘の無事を一途に願い続ける家族。情報が錯綜し、家族が焦燥にかられる中、執念の捜査で真相に迫っていく。果たしてその先に希望はあるのか。

 

<番組情報>

連続ドラマW 雨に消えた向日葵

[放送日時]
2022年7月 放送・配信スタート(全5話)
第1話無料放送【WOWOWプライム】【WOWOW 4K】
無料トライアル実施中【WOWOWオンデマンド】

[キャスト]
出演:ムロツヨシ ほか

[スタッフ]
原作:吉川英梨『雨に消えた向日葵』(幻冬舎)
脚本:関えり香
監督:土方政人 岩田和行
音楽:眞鍋昭大
プロデューサー:徳田雄久 髙丸雅隆
製作:WOWOW 共同テレビ

[URL]
番組特設サイト:https://www.wowow.co.jp/drama/original/himawari/

Tokyo Now Author