H&M STUDIO S/S 2018レディース・メンズコレクションをパリ・ファッションウィーク期間中にリヴォリ通りの装飾芸術美術館にて発表

H&MはSTUDIO S/S 2018レディース・メンズコレクションを、パリ・ファッションウィーク期間中にリヴォリ通りの装飾芸術美術館(Musée des Arts Décoratifs)にて発表いたします。昨年導入された「See Now Buy Now」のファッションショーを開催し、コレクションは2月28日のショーの直後オンラインで、3月1日より世界の限定店舗(日本では渋谷・新宿店)およびオンラインにて展開します。

H&M STUDIO S/S 2018のキーとなるインスピレーションとなっているのは、日本のミニマリスティックなデザインと控えめな優雅さです。また、今回H&Mは、装飾芸術美術館での大規模な日本をテーマにしたエキシビションへのスポンサーシップを発表いたします。展覧会は年内に開催され、日仏間の文化交流を祝し、日本の欧米文化への影響を考察する内容となる予定です。

「装飾芸術美術館はとても美しく象徴的な会場です。また、年内に大規模な日本のアート展が開催される場所で、H&M STUDIOのコレクションを発表できることはとても素敵なタイミングです。このエキシビションのスポンサーを私たちが務めることを光栄に思います。日本の持つ美とデザインの感性を掘り下げる機会になると確信しています」(H&Mデザイン・ディレクター、パニラ・ウォルフォルト)

パリでのショーに先立って、2018春夏コレクションのルックブックが公開いたします。スーパーモデルのサスキア・デ・ブロウとクレマン・シャベルノー、そして期待の新星シャネル・ナイジャスが起用されています。レディースウェア、メンズウェアいずれもリラックスした雰囲気のクリーンなシルエットとワークウェアの影響を受けたタッチを特徴としています。レディースウェアは、明るさが際立つカラーで全身プリントの優雅なフルレングスのドレス、パンツの上に着られるイージーなチュニック、実用的な仕立て、主張のあるニットに重点を置いています。一方、メンズウェアでは、テーラードのジャケットや、遊び心のあるシルエット、カラー、贅沢な縫製のシャツやクルーネックのセーターに特に注力しています。

Tokyo Now Author