成田凌×前田敦子 出演!三木聡監督『コンビニエンス・ストーリー』8月5日より全国ロードショー

成田凌・前田敦子出演、三木聡監督の『コンビニエンス・ストーリー』が2022年8月5日(金)よりテアトル新宿他全国公開することが決定しました。

主演で、スランプ中の若手脚本家・加藤役に扮するのは成田凌。『ビブリア古書堂の事件手帖』『スマホを落としただけなのに』(18)の演技で第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。映画初主演を飾った周防正行監督作『カツベン!』のほか、『チワワちゃん』『愛がなんだ』(19)、『糸』(20)など話題作への出演が相次ぎ、『窮鼠はチーズの夢を見る』(20)では第44回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞するなど、今の日本映画界に欠かせない存在の成田凌が、とあることから異世界を彷徨うことになった若き脚本家(もしくは若き青年)を演じます。

そして不思議なコンビニ・リソーマートで働く惠子を演じるのは前田敦子。アーティスト、映画、ドラマ、舞台と幅広く活躍し、『もらとりあむタマ子』(13)では第23回日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞を受賞、他『イニシエーション・ラブ』(15)、『モヒカン故郷に帰る』(16)、『旅のおわり世界のはじまり』(19)『葬式の名人』(19)など作品ごとに演技の幅を拡げ続けている前田敦子が、本作では妖艶な人妻を演じます。『くれなずめ』(21)で初共演、息ぴったりの成田凌と前田敦子が、本作では異世界で出会い恋をする不思議な距離感のキャラクターで再共演!

そして監督・脚本はテレビドラマ「時効警察」シリーズ(06~)や『インスタント沼』(09)、『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(18)、『大怪獣のあとしまつ』(22)と、その独特なオフビート感で熱烈なファンを持つ三木聡。本作ではコンビニが入口のちょっとした異世界へ、我々を誘います。

企画は、ジャパンタイムズで日本映画の批評を行う映画評論家でプロデューサーのマーク・シリング。イタリアのウディネ・ファーイースト映画祭の日本映画のコンサルタントも務めるマークが三木聡監督の才能にほれ込みに本作をオファー、5年間ふたりで企画を温め、ようやく本作が誕生しました。絶賛スランプ中の若手脚本家加藤(成田凌)。映画の企画を持ち込んでもまったく手ごたえがなく、悶々と悩む日々を過ごしている。恋人の愛犬・ケルベロスのペットフード「犬人間」を買いに出かけたはずが、ひょんなことから欲しいものがなんでも見つかるコンビニエンス・ストア「リソーマート」に迷い込む…。妖しげな人妻惠子(前田敦子)と出会い、創作意欲が湧き始めるのだが・・・。コンビニ発、ちょっと異世界アドベンチャーへようこそ!

成田凌 コメント
念願の三木組。
デビュー前からご一緒したかった三木聡監督、ご一緒できて嬉しいです。
脚本を初めて読ませて頂いたときに、これだー。とガッツポーズしました。
不思議な世界へ皆様をお連れします
ぜひ映画館でニヤニヤ見ていただけたらと思います。

前田敦子 コメント
コンビニの店員ですが異世界の方の店員。
なんだか普通では当たり前にいられない三木さんの世界観を思う存分味わえた撮影期間は終始夢見心地でした。
本作の三角関係はほんとに奇妙です笑
どんな映画になっているのか、私も楽しみです。

監督・脚本/三木聡 コメント
「謎は謎だから謎であり、全ての謎は解けてしまえば謎ではない」
エレクトリックソウルマンの有名なセリフですが、その通りだと思います。
突然、現れる不可解な薬による不可解な眩暈と不可解な不倫の男女関係。
それは、成田凌、前田敦子はじめ濃密な俳優達との濃密な時間の中で醸成されて行きました。
果たして、この映画はどこに行こうとしているのか?
今となっては監督の私にすら判らないのです。
お願いです、探さないで下さい。

 

<作品概要>

『コンビニエンス・ストーリー』

2022年8月5日(金)テアトル新宿他全国公開

出演:成田凌、前田敦子
監督・脚本:三木聡
企画:マーク・シリング
配給:東映ビデオ
宣伝・パブリシティ:(株)ライトフィルム

公式HP:https://conveniencestory-movie.jp/
公式Twitter:@cv_story_movie

2022「コンビニエンス・ストーリー」製作委員会

Tokyo Now Author