資生堂の企業文化誌『花椿』2021年春夏号(No.828)が、4月15日に刊行!

『花椿』 2020年春夏号 No.828

資生堂は、企業文化誌『花椿』2021年春夏号(No.828)を2021年4月15日(木)より刊行します。本号では、「Beauty Beyond Boundaries」(美は境界を超える)をテーマに、さまざまな角度から、私たちの身の回りにある「境界」について掘り下げます。資生堂関連施設および全国の書店、約60ヵ所にて無料配布します。

また、ウェブマガジン『ウェブ花椿』もこの春、読みやすさ、機能面を改良・刷新しました。充実した連載陣に加え、新企画、英語サイト(一部コンテンツ)も順次スタートします。

『花椿』誌と『ウェブ花椿』。二つの「花椿」を通じ、美しく豊かに生きるヒントをお届けます。

『花椿』2021年春夏号にあたり、花椿編集長 住佳織衣のコメント
私たちのまわりにはさまざまな境界が存在しています。そしてそのほとんどは目には見えず心のなかに存在するもの。でも何かを心から「美しい」と感じたとき、人はその感動をちからにしてその境界を超えることができるのではないでしょうか。「美」にはあらゆる境界を乗り越えていくパワーがある、そう私たちは信じています。

 

■巻頭特集について

『花椿』 2020年春夏号 No.828

The Masks of Persona -二人ハ静 撮影/細倉真弓
「現代能」をテーマに、新進作家の細倉真弓さんが撮影を担当しました。着想源は白洲正子の著書『両性具有の美』(新潮社)。随筆家であり、能に造詣の深い白洲正子は、同書のなかで、能は目指す美の極致、幽玄は性差を超えて立ち現れる、と指摘しています。本巻頭特集では、日本文化に根づく、「境界」を超えて美を感じるこころ・精神を、フォトストーリーを通しモダンに表現します。能の象徴でもある「面」に現在の生活に欠かせない「マスク」の意味合いも掛け、今回のクリエイションでは、ヘッドピースアーティストのTOMIHIRO KONOとコラボレーションしました。

『花椿』 2020年春夏号 No.828

 

■2021年春、ウェブマガジン『ウェブ花椿』リニューアル

『花椿』 2020年春夏号 No.828

アート、ファッション、ビューティーなどを中心に独自の視点で切り取るウェブマガジン『ウェブ花椿』が2021年春リニューアルしました。サイト内の機能性の向上を図るとともに、ラインナップもさらに充実させ、また世界の読者にも楽しんでもらえるようコンテンツの英語化(一部)も順次スタートします。また、『花椿』の公式インスタグラムでも、誌面・ウェブマガジンと連動した美しいビジュアルや、SNSの機能を活用したオリジナルの魅力的なイベント案内や情報を発信していきます。
https://hanatsubaki.shiseido.com/jp/?rt_pr=tri54

『花椿』 2020年春夏号 No.828 『花椿』 2020年春夏号 No.828

 

『花椿』 2020年春夏号 No.828

『花椿』 2020年春夏号 No.828

刊行日:2021年4月15日(木)
無料
配布場所:https://hanatsubaki.shiseido.com/jp/about/map/?rt_pr=tri54
1冊からの郵送でのお申込み方法:https://hanatsubaki.shiseido.com/jp/about/subscription.html?rt_pr=tri54
オンライン販売:https://oil.bijutsutecho.com/artbooks/919/1100008246 (刊行日の09:30頃より販売)
刊行:株式会社 資生堂 社会価値創造本部
仕様:A4変型、本誌:55P 別冊付録:花椿文庫

公式サイト:https://hanatsubaki.shiseido.com/jp/
Twitter:hanatsubakimag
Instagram:hanatsubakimag
Facebook:hanatsubakimag

Tokyo Now Author