名古屋の冬の風物詩メ~テレ「名古屋行き最終列車2021」第9弾放送決定!

メ~テレ(名古屋テレビ)は、地域密着ドラマ「名古屋行き最終列車2021」を2021年2月13日(土)から5夜連続で放送します。

2012年から始まり”名古屋の冬の風物詩”としてすっかり定着した「名古屋行き最終列車」は、今作で第9弾。六角精児さん、元宝塚星組のトップスター柚希礼音さん、声優の花澤香菜さん、寺島進さんらが出演し、一年に一度のつづきの物語を展開。寒さ厳しい冬の夜をほっこりさせる優しいドラマを視聴者にお届けします。

今シリーズは、キャッチコピーを「真夜中のあなたの応援団」とし、コロナ禍のみなさまを密かに応援する気持ちでいつにも増して暖かいストーリーを用意しました。番組ポスターは番組ホームページからダウンロードして印刷できますのでおうちの玄関やリビングなどに貼っていただき、アマビエのようにご使用いただければと思います。ポスターは名古屋出身の漫画家 江川達也さん作のものです。

また、「名古屋行き最終列車2021」は総務省が主催する「放送コンテンツ海外展開強化事業(複数事業者連携型)」に採択されました。日本を代表するドラマとして、柚希礼音さんと寺島進さん主演回の2本が1月24日(日)に台湾の有料チャンネルWAKUWAKU JAPAN( https://www.wakuwakujapan.com/zh/program/detail/wj0000006097/ )で放送されます。

 

■SKE48のメンバーは「もし私がSKE48に入っていなかったら」という世界の中で物語を展開

今回ドラマに参加する6人のメンバー(須田亜香里、大場美奈、古畑奈和、野島樺乃、末永桜花、青海ひな乃)は「もしSKE48に入ってなかったらいまどうしているか」をスタッフと話し合ってそれをもとに脚本を制作。彼女たちのアイドルでなかったら“あったかもしれない人生”が「名古屋行き最終列車」で語られます。須田さん大場さん野島さんは昨年から1年後の世界。新規参加する古畑さんが今回の主役格でストーリーの縦軸を担います。末永さんは昨年夏に放送した「名古屋行き最終列車~三河線編~」で演じた東大寺杏璃役の半年後を演じます。青海さんは20歳になった自分の悩みを語ります。

須田亜香里さんコメント
今年もSKE48編あると聞いて、もう一人の須田亜香里さんの続きの人生があったんだとすごくうれしくなりました。私の知らない須田亜香里さんはこの一年、日々奮闘して成長してます。
ある男性と急接近するシーンを撮ってる時「これってドラマみた~い」ってドキドキして楽しかったです。ファンのみなさんは私が恋したらこんな感じになるのかって妄想しながら観てください。

 

■常連キャストが1年後の物語を熱演

「名古屋行き最終列車」は1話完結のオムニバスドラマ。5話それぞれ主役が違います。
そして本ドラマ最大の特色である、“1年に1回だけど、つづきの物語”というのも健在です。
そのままの人物設定で毎年、1年後のつづきの物語として展開しているのです。
これまでの各人の経緯は「名古屋行き最終列車」のホームページに記載してありますのでご覧ください。

 

<番組概要>

メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車2021」

[脚本]
菊原 共基

[放送日時]
2021年2月13日(土)~2月17日(水)5夜連続
13日(土):深夜0時00分~0時30分
14日(日):夜11時55分~深夜0時25分
15日(月)~17日(水):深夜0時15分~0時48分

[放送回数]
全5話

[放送エリア]
東海3県(愛知・岐阜・三重)
ひかりTVにて4K配信 2月16日(火)~3月16日(火) 毎週火曜19時00分~

[出演者]
六角精児 柚希礼音 花澤香菜 寺島進
今野浩喜 波岡一喜 手塚とおる 黒川芽以 関太(タイムマシーン3号) 小野莉奈 谷花音 上川周作
野澤しおり 奥野瑛太 ほしのディスコ(パーパー) 稲沢朋子
SKE48 須田亜香里 大場美奈 古畑奈和 野島樺乃 末永桜花 青海ひな乃

[番組公式HP・SNS]
ホームページ: https://www.nagoyatv.com/nagoya_saishu2021/
ツイッター  :https://twitter.com/nagoyayuki2019
インスタグラム: https://www.instagram.com/nagoyayuki2019/

Tokyo Now Author