「2020年 第94回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」キネマ旬報WEBでライブ配信決定!!

2021年2月4日(木)18時より、キネマ旬報社公式サイトにて「2020年 第94回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定しました。

「キネマ旬報ベスト・テン」の全16賞を、このライブ配信にて一挙発表します。表彰式の視聴方法は、「キネマ旬報WEB」にアクセスして下さい。

 

<表彰式 配信詳細>

2020年 第94回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式

[日時]
2021年2月4日(木)

[時間]
18時~19時半を予定

[内容]
1位作品の発表、受賞者登壇の表彰式

[表彰内容]
第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)
日本映画監督賞、外国映画監督賞
日本映画脚本賞、
主演女優賞、主演男優賞
助演女優賞、助演男優賞
新人女優賞、新人男優賞
読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞
読者賞、特別賞

[視聴方法]
キネマ旬報社公式サイト「キネマ旬報WEB( https://www.kinejun.com/ )」よりアクセス
※事前のチャンネル登録をお願いします。

キネマ旬報ベスト・テンとは
『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2020年度のベスト・テンで94回を数えます。

Tokyo Now Author