あの混乱が、ふたたび!三谷幸喜演出!片岡愛之助・優香・藤井隆出演!舞台「酒と涙ジキルハイド」再演決定

2014年、三谷幸喜がロバート・ルイス・スティーヴンソン原作小説「ジキル博士とハイド氏」を材に、二重人格者の悲劇を喜劇に仕立てた舞台「酒と涙とジキルとハイド」。三谷幸喜が喜劇作家として原点回帰を図り、コメディの真髄に挑んだ本作品が、片岡愛之助、優香、藤井隆らの初演メンバーが再集結し、2018年春に再演が決定した。

これまでの三谷作品「君となら」「笑の大学」「オケピ!」等と同じように、この「酒と涙とジキルとハイド」も戯曲だけが海を渡り、韓国で韓国人キャストによって2015年、2016年、2017年と上演が重ねられている人気舞台だ。今回、オリジナルキャストが再集結し、満を持して三谷舞台作品が台湾に初上陸する!

 

―あらすじ―
舞台は19世紀末のロンドン。ジキル博士が開発した新薬は、人間を善と悪の二つの人格に分ける画期的もので、それを飲めば、邪悪な別人格のハイド氏に変身する、・・・はずだった。学会発表を明日に控え、薬がまったく効かないことに気づいたジキル博士(片岡愛之助)は、追い詰められた末、役者のビクター(藤井隆)にハイドを演じさせ「ふたり一役」の替え玉作戦で乗り切る奇策を打ち出す。しぶしぶ引き受ける羽目になったビクターと替え玉リハーサルをしている最中、ジキル博士の婚約者イヴ(優香)が訪ねてきて鉢合わせしまう。博士の助手プール(迫田孝也)が機転を利かして急場をしのぐが、事態はさらに混乱していく・・・。

 

[作・演出]
三谷幸喜

[CAST]
片岡愛之助 ジキル博士
優香    イヴ
藤井隆   ビクター
迫田孝也  プール

[Musician]
高良久美子
青木タイセイ

[台湾・台北公演]
台北・國家兩廳院 國家戲劇院(National Theater)
※台湾国際芸術フェスティバル(TIFA)参加

[公演期間]
2018年3月30日(金)~4月1日(日)
3月30日(金)19:30
3月31日(土)14:30/19:30
4月1日(日)14:30

[料金](税込・全席指定)
NTD3,600 / 3,000 / 2,400 / 1,800 / 1,200 / 900 / 600

[チケット前売り]
2017年11月1日(水)発売開始
*チケット購入は、TIFA HPより

[東京公演]
東京芸術劇場 プレイハウス

[公演期間]
2018年4月27日(金)~5月26日(土)

[料金](税込・全席指定)
S席:9,500円
A席:7,500円
U-25チケット:5,500円

[チケット前売り]
2018年1月13日(土)発売開始
*ホリプロオンラインチケットにて2017年12月上旬より先行受付開始

[チケット取扱い]
ホリプロチケットセンター:03-3490-4949
ホリプロオンラインチケット:http://hpot.jp (PC・携帯)

Tokyo Now Author