今一番可愛いヘアを作る美容師を決めるヘア業界の甲子園『Beauty Week HAIR OF THE YEAR 4th』開催!タレント部門は橋本環奈と佐藤寛太が受賞!

株式会社主婦の友社は、2019年9月3日、今回で4回目となるヘア業界のNo.1スタイリストを決める『Beauty Week HAIR OF THE YEAR 4th(ビューティーウィークヘアオブザイヤー4)』を、東京・YAMANO HALLにてNPO法人美容週間振興協議会と共同開催いたしました。

33組のスタイリストとモデルのペアの中から、もっとも可愛いヘアを作り出した凄腕スタイリスト(美容師)として栄えある「HAIR OF THE YEAR 4th グランプリ<プロフェッショナル部門>」を受賞したのは、静岡「LIICHI」のYUJIさんとモデルのsueさんのお二人。3回連続で出場しているYUJIさんは「毎回優勝を逃して悔しい思いをしてきたが、(グランプリを獲れたのは)本当にモデル (sue)さんのおかげ。感謝しています。ありがとうございます」と受賞コメントを述べました。

さらに「今、もっとも素敵なヘアスタイル」の著名人に贈られる「HAIR OF THE YEAR 4th グランプリ<タレント部門>」は、女優の橋本環奈さんと俳優の佐藤寛太さん(劇団EXILE)のお二人が受賞されました。

佐藤寛太さんは、ビデオメッセージにて登場し、「役柄によってドレッドから天然パーマの設定まで、普段から役作りにもいかしています。ヘアスタイルにはいつも0.5ミリレベルでこだわっています」とコメント。また「大人になると髪を長時間さわられるのは美容師さんくらい。思い通りにカットしてもらえると、気分転換になるし、ある意味セラピーのように感じています」と美容室に行くことの楽しさをお話しくださいました。

ステージに登場すると会場のあちこちから「かわいい~」と大きな歓声をあびたのは、うるおいとツヤのある黒髪に定評のある橋本環奈さん。受賞については「大変光栄なことです」と言い、「(映画『銀魂』でのオレンジ色の髪のように)作品ごとに違う髪型に挑戦したいと思っていますが、役を離れているときは黒髪が好きで、今はこの前髪の形とロングでストレートのヘアは変えたいとは思っていません。」とヘアスタイルへの思いを教えてくれました。ヘアケアについては「自分でもときどきトリートメントはするけれど、やっぱりプロにおまかせするのが一番」とのこと。今後チャレンジしてみたいヘアスタイルを聞かれると「坊主かな(笑)。人生で一回はやってみたい。そんなオファーはないと思うけど、もしも依頼があったらお受けするかもしれませんね。」と驚きの発言で会場を沸かせてくれました。橋本さん、佐藤さんのお二人は、美容業界の活性化に貢献した人に贈られる「Beauty Week Award」も同時に受賞しています。

イベントはそのほかに、雑誌「Ray」専属モデルの岡崎紗絵さん、加藤ナナさん、松元絵里花さんと、トップスタイリストによる「Ray×Beauty Week スペシャルステージ」も開催。普段、3人が「Ray」でみせる上品でかわいいスタイルとは一変し、モード感のあるアーティスティックなヘアに会場が魅了されました。また、NPO美容週間振興協議会による、美容学生らが「ヘア」「メイク」「モデル」で1組となり、ヘアスタイリングとメイク、ファッションの「技術」や「デザイン性」をアピールするコンテスト『GLOWING BATTLE for Student』も実施。学生たちのはじける情熱を感じさせたステージとなりました。

Tokyo Now Author