橋本環奈、あいみょん、ローランド……あの人気カリスマたちが一挙登場!!ViVi4月号は2月23日発売!

ViVi4月号は、 おしゃれ番長として人気を博すemmaが、 自身4度目となる単独表紙を務める。 カバーストーリーでは本人の意向もあり、 今までViViで見せてきたものとは一味違った、 大人の女性を意識した撮り下ろしに挑戦!さらに、 普段SNSなどでも滅多に語ることのない彼女の“本当の気持ち”を語ったロングインタビューも必見です。

去年、 モデルの仕事をするようになってから初めてスランプに陥ったというemma。 「18歳からモデルの仕事を始めて、 がむしゃらに頑張ってはいたけれど、 今思えば何も考えていなかったんです。 ただ突っ走っていただけ。 その勢いが去年ピタッと止まって、 仕事や女性としての人生というものを深いところまで考えるようになったら、 一気に全部わからなくなっちゃった(笑)」

そんな彼女を変えてくれたのは、 “旅”だったそう。 「去年は時間をつくってほとんど旅をしていたんです。 NY、 ソウル、 パリ、 ロンドン。 忙しかったけど、 それが逆に良かった。 国内も旅しました。 そこで全然違う宗教の人や、 思想の違う人、 違う文化に出会うことで、 少しずつ考え方が変わってきたんです。 (中略)うれしいことに、 仕事ももっと楽しく感じるようになってきました。 だから今年は良い年になる気がしているし、 頑張りたい。 たくさん考えて悩んだことが虹になるように!」

モデルとしても一人の女性としても、 大人の階段を昇っている、 emmaのイマをぜひ誌面でご覧ください。

■「emma、 カバーストーリー」NETViVi特集ページ:https://www.vivi.tv/topics/2019/02/8754/

 

二十歳を迎えたばかりの女優・橋本環奈さん、 約2年ぶりにViViに登場します! 「子供以上、 大人未満」な現在進行形の彼女のいまを、 「Something Red」(どこかに赤)をテーマに、 春らしいメイクとともにお届けします!

映画、 ドラマ、 TV出演で多忙なスケジュールを縫って、 撮影現場に現れた橋本環奈さん。 そんな多忙さを微塵とも感じさせないぐらい明るくて、 周囲をハッピーな気分に染める彼女でした。 最近の趣味は、 ドライブとフルーツ狩りなど、 意外な一面も見せてくれました。 自身初のセルフプロデュースを果たした、 メモリアル写真集 『NATUREL』 (講談社刊) についてもたくさん語ってくれた橋本環奈さん。 すべてのセレクトは本人が行い、 『NATUREL』というタイトル名は、 実は橋本環奈さんの親がつけてくれたとか。 ぜひ写真集『NATUREL』を手にとりながら、 ViVi4月号のインタビューと合わせて楽しんでいただけたらと思います。

■「橋本環奈」NETViVi特集ページ:https://www.vivi.tv/topics/2019/02/8747/

 

紅白歌合戦出場や、 武道館でのワンマンライブなど大活躍中の あいみょん がViVi4月号に登場! 素顔の彼女に迫った4ページに渡るインタビューをお届けします。

(以下、 本文より一部抜粋)

2018年を駆け抜けた彼女が、 今一番やりたいことは?
「去年は“あいみょん”としての時間が多くて、 病院で本名を呼ばれて『ああ私か』ってハッとすることがあったんです。 もちろん自分の名前を忘れたわけじゃないけど、 あいみょんじゃない素の自分ってどんなんやったかなって。 そんな時に、 尊敬してるピースの又吉直樹さんが、 『今は少しでも時間が空いたら全部自分のために使ってください』って言ってくれたんですよ。 それがすごい嬉しくて。 朝ごはんを作って食べる時間とか、 領収書をまとめる時間とか(笑)、 人間としての生活のバランスを取れるように頑張りたいですね」

現在23歳の彼女が、 同世代の子たちに思うことは?
「私たちSNS世代は自分を発信できる時代に生きてますよね。 頼り過ぎても良くないと思うけど、 表現の場所が増えているんだから、 表現したい子は是非ともフル活用して欲しいですね。 私も本名でTwitterをやってた頃に声をかけられて、 今は紅白歌合戦にまで出ちゃってるわけで。 そういう意味でもめちゃくちゃ希望があるというか。 もちろんデメリットもあるかもしれないけど、 上手に使うことができたら、 誰にだってチャンスがあるなって思います」
決して飾ることのない、 等身大の魅力が溢れる彼女のインタビューをぜひ誌面でお楽しみください。

■「あいみょん」NETViVi特集ページ:https://www.vivi.tv/topics/2019/02/8753/

 

180cmの高身長に甘いマスク、 王子キャラが定着しながらも次々と新しい一面で日本中をドキドキさせている 片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE) が久々ViViに登場! 片寄くんからみんなへのホワイトデー・プレゼントとして1日妄想デートしちゃいました!

めちゃくちゃ天気のいい日に、 一緒にスケボーしたり、 ただ肩を並べて街を歩いたり、 道中で一枚のピザをシェアしたり……。 さらに、 場所を家に変えて、 まったりしながらたわいない会話をしたり、 ふいに片寄くんからコーヒーを渡されて……、 もうーー、 ホワイトデーにぴったりなドキドキシーンが止まらない! 8pにもおよぶ、 「胸キュン大洪水の片寄涼太」を、 ぜひご堪能ください。

さらに、 今回のインタビューもすごい! 事前に Twitterで募集したたくさんの質問から100問を厳選。 恋愛話や近況はもちろん、 なんと!今回、 片寄くんは普段のリアルの衣食住についても教えてくれたよ。 あなたの質問が選ばれのたか、 ぜひViVi4月号をチェック!

以下、 現場スタッフが見た片寄涼太くん
「唐揚げが好きと聞いて、 三種類の唐揚げを買っていたら、 片寄くんが『やった!今日、 唐揚げパーティーだ!』と撮影前はしゃいでましたよ」(本誌編集・S)

「撮影の小道具のピザに、 片寄くんが『この大きさで買うことなかなかないから』とテンション上がってました。 あと撮影に使ったスケボーにもすごく興味を持ってくれました。 『昔からコナンが大好きで、 コナンが乗っているターボエンジン月スケボーが欲しかった』といってました。 』」(本誌AD・I)

■「片寄涼太」NETViVi特集ページ:https://www.vivi.tv/topics/2019/02/8744/

 

芸能界にもファン多数! 迫力あるパフォーマンスにどハマりする人続出中の ハロプロ短期連載 がViVi4月号から始まります。 登場グループは毎回異なり、 ViVi注目のメンバーをご紹介♡記念すべき第一回目は モーニング娘。 ’19 と、 Juice=Juice の2グループです!

モーニング娘。 ’19 からは、 石田さん、 牧野さん、 加賀さん、 横山さんが登場。 スタジオ入りした瞬間から、 元気にスタッフ全員に挨拶をしていたのが印象的です。 「いい意味で全員がライバル!」 と口をそろえるように、 グループ撮影は結束力がありながらもバチッとした緊張感のある、 ライブパフォーマンスさながらの空気。 撮影しながら4人のポーズがスムーズに決まっていくのもさすがのチームワーク!

インタビューでは、 撮影中のおすまし顔が一転! 「辛いものが苦手(牧野、 加賀)」とか「プリンセスになりたい(石田)」「楽屋が静かになると騒ぎたくなる(横山)」とピュアで子供っぽいギャップだらけでスタッフはメロメロ♡

今回のViViの撮影では、 メイクにメンバーカラーをViViっぽいアレンジで忍ばせているので注目! 「普段とはぜんぜん違う!」とメンバーのみんなも喜んでくれました。

一方、 Juice=Juice のお2人、 植村さんと稲場さんはカメラの前でもリラックスしていて柔らかい雰囲気のまま進行。 メイクルームがバラバラだったので、 完成して出てきたときに、 お互いのメイクやスタイリングに対して「似合ってる~♡」「めっちゃ可愛い」と褒め合う姿が印象的です。 撮影中も目を合わせて笑い合ったり、 子猫がじゃれつく感じでスタッフも癒されタイム。

撮影中は、 151cmの稲場さんが「あと10cm高かったら見える世界が違うんだろうなぁ」と植村さんをうらやましがり、 164cmの植村さんが「このサイズが可愛いいのに。 女の私から見ても萌えポイントってことは男性は絶対好きだよ!」と励ましたり、 和気あいあいと進行しました。

どちらのグループも、 スキマ時間があるとスタジオ内のいろんなところで自撮りしていたのはさすがアイドル!
ハロプログループの仲の良さ、 そしてパワーを感じられる見所たくさんの連載です! ぜひ4月号チェックしてみてくださいね。

■「ハロプロ新連載!」NETViVi特集ページ:https://www.vivi.tv/topics/2019/02/8748/

 

新宿・歌舞伎町のみならず、 世界へと進出している 現代ホスト界の帝王ローランド様 がViVi4月号に降臨!  世間をざわつかせている格言(珍言?!)の真意や、 下積み時代から今の活躍へ至るまでの徹底的な自己プロデュースについて教えてもらいました。 “個 の力”が試される今の時代にこそ、 身につけておきたい心に響くローランド語録が満載です!

1月初旬/都内某所・スタジオ。 「よろしくお願いしますー!」と集合時間10分前に降臨したローランド様。 この日のスタイルは、 お馴染みのストレートブロンドヘアにベージュのコート、 黒のパンツにブーツ。 「今日撮影で着ようと思っていたジャケット、 忘れて来ちゃったので、 この服のままでいいですか?」と登場早々、 おちゃめな発言で現場を和ませ、 スタートから明るいムードに。

今回ヘアメイクに入ってくれたのは、 ViVi連載『奈良へあ~』で毎号ヘアアレンジを提案してくれている、 有名ヘアメイクの奈良裕也さん。 奈良さんとの相談で、 カールヘアにすることに。 「スタジオ入った瞬間、 すごいイケメンが居る!!と思ったら、 ヘアメイクさんだったんですか」と奈良さんのイケメンぶりを褒めるローランド様。 そしてヘアメイクが始まると「インスタライブやろっかなー♪」と自身のインスタライブを起動。 「えっと、 どうやってViViのアカウントつけるんですか? コメント固定……? なんですか、 それ?」と操作には疎い様子。 そしてヘアメイクが完成すると「おー! カールがいつもと 全然違う! めちゃくちゃ気に入りました。 またやって欲しいです!」と、 すっかり奈良ヘアに夢中になっていました。

撮影がスタートすると、 慣れた様子で格好良くポージング。 何度かライトチェンジしつつも順調に撮影が進んでいく中、 ローランド様に気持ちよく撮影して頂こうとBGMをオペラ(カヴァレリア・ルスティカーナ)に。 「これ僕のために音楽変えてくれたんですか? あはは、 ありがとう。 撮影が壮大な雰囲気になりますね(笑)」。 そしてカメラマ ンが「はい、 撮れました! ありがとうございました」と言った瞬間! オペラもちょうど終了。 「え? こんなぴったりなことある?(笑)」と撮影でも“持ってる男”っぷりを 発揮していました。

インタビューではスタッフ全員がローランド語録をナマで聞き感激。 「その場に居る人を幸せにしちゃう癖がある」 というご本人の言葉通り、 ポジティブなパワーをプレゼントしてくれました。 ローランド様が帰った後、 動画撮影に来ていた男性スタッフが 「俺たちも明日からローランド様の言ってたこと取り入れていこうぜ」 なんて言いながら笑顔で帰り支度をするほど、 制作スタッフもすっかりローランダー です。

ホストの常識を変え、 女性のみならず男性からも支持されるローランド様。 そんな日本一のホストが満を持してViViに登場!  ローランド様に学ぶ“セルフブランディング術”、 お見逃しなく!!!

■「ローランド」NETViVi特集ページ:https://www.vivi.tv/topics/2019/02/8749/

 

月号:ViVi 2019年4月号
価格:670円(税込)
発売日:2019年2月23日(土)※首都圏基準
発行元:株式会社講談社

■ViVi公式サイト「NET ViVi」  http://vivi.tv/
■WEB立ち読みはこちら♪  http://vivi.tv/magazine/new/
■公式インスタグラム @vivi_mag_official
■公式Twitter @vivi_magazine
■LINE公式アカウント  http://line.naver.jp/ti/p/%40vivi  もしくは @vivi で検索

Tokyo Now Author