ポップなガールズグループ PiXMiX 次なるワンマンライブは、メジャーデビューチャレンジへの最終試験

平均年齢15.3歳のキュートでポップなガールズグループPiXMiX。 彼女たちにとって大きな挑戦となるメジャーデビューチャレンジが決定し、 そして最終試験の地が8月24日(土)渋谷WWWのワンマンライブになることが発表された。

PiXMiXは長澤まさみや浜辺美波を始めとする女優が所属する東宝芸能が展開する6人組で、AIRI、 TOWAKO、 KAREN、 ITSUKI、 KOHIME、 MISAKI、 平均年齢15.3歳のピクセル(個性)をミックスさせたキュートでポップなガールズグループ。 ワンマンライブの度に様々なチャレンジを行うカラフルなステージが話題を呼び注目を集めている。

去る6月29日に彼女たちのワンマンライブ「青き桜の舞う頃に」がSELENE b2で開催、 新たな取り組みとして新曲3曲が披露されたほか、 映像を駆使したライブ演出、 新衣装を取り入れるなど、 新しいPiXMiXの魅力を広げるライブを展開する中、 メンバーへのサプライズとして、 大きな挑戦となる「メジャーデビューチャレンジ」が発表された。

ライブはOP映像で幕を明け、 代表曲『Pump It Up!』からスタート。
日頃はステージ袖から行う「ピクミク!レディーゴー!」という掛け声を、 今回はステージ上で披露。 感謝の気持ちを述べてからの自己紹介の後、 『学園スローモーション』では巨大バルーンが会場へ投げ込まれ、 カラフルなスクリーンと併せて大きな盛り上がりを魅せた。

もはや名物となったトークコーナーを挟んでからは、 新曲へ。 メンバーそれぞれが作詞に挑戦し、 SNSで一番“いいね”が多かった歌詞を採用する企画はKARENの『かくれんぼ』に。 KARENが1コーラスをセンターで歌い切ると、 会場は拍手で溢れた。

映像を挟み、 今度は新たな衣装を投入し、 この日のタイトルに繋がる、 新曲「青き桜」を初披露。
艶やかな“和”に身を包んだメンバーたちによる儚くも力強い桜のような願いを歌った新曲は、 桜の花びらがPiXMiXのイメージカラーであるブルーに染まっていく映像を背負いながら、 観客を魅了した。

恒例のメンバーが挑戦するクイズコーナーを挟んで3曲目となる新曲『ノア』へ。 これまでのPiXMiXにはなかった激しいロック調の曲を披露し、 定番『Don’t Worry』で本編は幕を閉じる。 アンコールの声がかかる中、 次回ワンマンライブ開催が発表されて盛り上がりを見せた後、 メンバーが登場して最後に1曲、 というタイミングでサプライズは起きる。

サイレンが突然鳴り、 会場が赤く包まれる。 暗転の中、 スクリーンには謎の人物からのメッセージが。 「ワンマンライブの度に様々なチャレンジに挑むPiXMiXにチャレンジを用意しました。 」とのメッセージが伝えられ、 スクリーンには『6人で摑み取れ!PiXMiXメジャーデビューチャレンジ』の文字が。 メンバーは驚きと喜びで歓喜の声をあげた。

感極まって、 言葉も出ないメンバー。 そこに、 8月24日のワンマンライブのタイトルが公開。
“PiXMiXメジャーデビューチャレンジ最終試験「運命の瞬間(とき)」”。
メジャーデビューの合否は、 「運命の瞬間」のステージ上にて決定することとなった。

様々な想いが駆け巡りながらも、 最後の『飛ばせ!紙ヒコーキ』へ。 夢を乗せた紙ヒコーキたちが飛び交いながら、 大盛況で終演を迎えた。

過去最大のチャレンジを迎えるPiXMiX。 8/24(土)の渋谷WWWまで、どのような試練が与えられ、 どのように挑んでくれるのか。
PiXMiXの歩みはこれからも進む。 これからの彼女たちに注目したい。

 

メジャーデビューを賭けた渾身のワンマンライブ!
PiXMiX メジャーデビューチャレンジ最終試験「運命の瞬間」

日程:2019年8月24日(土)開場15:15 / 開演16:00
会場:渋谷WWW
料金:スタンディング 3,500円(税込)
*ドリンク代別途500円必要
*整理番号順入場
*未就学児入場不可
*女性限定エリアを設置いたします

プレイガイド1次先行(抽選) 受付中~7月15日(月祝)23:59まで
チケット一般発売:7月27日(土)10:00より
・チケットぴあ:https://w.pia.jp/t/pixmix/
・ローソンチケット:https://l-tike.com/pixmix
・e+(イープラス):https://eplus.jp/pixmix/

主催・企画:東宝芸能
制作:インターブレンド
お問い合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00-19:00)

 

PiXMiX:公式

個人Twitter

Tokyo Now Author