ラジオドラマ「ストリッパー物語」6月11日(月)よる8時~ニッポン放送にてオンエア

ニッポン放送オールナイトニッポン50周年と日本映画専門チャンネル開局20周年を記念し、ラジオドラマ『ストリッパー物語』を制作し、ニッポン放送にて、オンエアする。

劇作家・つかこうへいの名作「ストリッパー物語」を、つか氏に師事した羽原大介が脚色、国民的ドラマ「北の国から」の杉田成道が演出を担当する。主演は、筧利夫、広末涼子。その他、広瀬すず、津川雅彦、笑福亭鶴光など、豪華キャストが出演する。

ストリッパーの明美役に広末涼子。これまでにない喘ぎ声、罵声にも注目!明美のヒモ男・シゲには、筧利夫。そしてシゲの娘・美智子役には、杉田組初参加の広瀬すずをキャスティング。広末と広瀬が演じたタップシーンは、映画「座頭市」(03)で話題となった火口-HIDEBOH-秀幸によるタップ監修でタップダンサーと息を合わせ収録。リアルな演技にとことんこだわった。クライマックスシーンでは、筧と広末は台本を持たず、セリフを覚えて舞台さながらの緊張感で収録に臨み、迫真の演技を見せた。 そして、色を添えるのは、気鋭の講談師・神田松之丞。「さあ御立合い!御立合い!」と、ラジオドラマを更に盛り上げる。完成までに構想5年、本読み3日、収録5日。ラジオドラマでは考えられないスケールで制作した。

日本映画専門チャンネルは、ラジオドラマの放送にあわせ、オリジナル特別番組「ストリップ劇場物語」も製作。日本映画専門チャンネルとBSフジにて6月に放送する。

さらに、つかこうへいが今年、生誕70周年を迎えたことを記念し「つかこうへい映画祭(まつり)」を企画。代表作「蒲田行進曲」、「二代目はクリスチャン」、「幕末純情伝」、「熱海殺人事件」などつか原作映画計7作品を7月・8月に特集放送する。

◆放送情報◆
ニッポン放送オールナイトニッポン50周年 日本映画専門チャンネル開局20周年 特別企画
ラジオドラマ『ストリッパー物語』

★ニッポン放送にて  2018年6月11日(月) よる8:00~9:50  オンエア
※radikoのタイムフリー機能では放送後から6/18まで聴取可能
出演:筧利夫 広末涼子 広瀬すず 笑福亭鶴光 馬場徹 菅田俊 ・ 津川雅彦 / 神田松之丞(語り) ほか
作:つかこうへい
脚色:羽原大介
演出:杉田成道
タップ監修:火口-HIDEBOH-秀幸
タップ指導:髙橋健一
タップダンス:kuriko Yuko
制作:日本映画専門チャンネル ニッポン放送
企画・プロデュース:宮川朋之

【あらすじ】
時は昭和の末年。盛りを過ぎたストリッパー・明美(広末)と、その「ヒモ」に徹する男、シゲ(筧)は、全国のストリップ小屋を巡業する日々。その二人の前にある日、一人の女子高生・美智子(広瀬)が現れる。それはシゲの実の娘だった・・・。堕ちるところまで堕ちると決めたヒモとストリッパーの、一途な愛の物語。

【キャストコメント】
◆筧利夫:ラジオドラマとしては異例の制作期間(収録5日)を費やし、テレビドラマのように実際に芝居をしながら録る世界初の試みだと思います。一人ひとり違う想像ができる作品です。是非みなさんに感想を聞いてみたいですね。

◆広末涼子:声の力はすごいです。映像とは違う、声だからこそのドキドキやワクワクがきっと伝わると思います。明美という女性の苦しくて切ない生涯に魂を込めて演じました。

◆杉田成道:その場の“空気感”を大切にしました。聴く人が引き込まれる感情、熱量、芝居の息を伝えられたらと思っています。つかさんの底辺の純愛、一途な愛を表現したおもしろい作品になりました。

★告知動画・特設サイトも要チェック!!   https://www.nihon-eiga.com/osusume/stripper/  ★筧×広末×杉田インタビューも掲載中!! http://www.allnightnippon.com/

 

オリジナル特別番組「ストリップ劇場物語」

★日本映画専門チャンネルにて 2018年6月1日(金)よる11:00~ほか
※BSフジでも6月10日(日)深夜1:00~放送
出演:筧利夫 広末涼子 杉田成道

【内容】
日本最古で最大のストリップ劇場「浅草ロック座」。その公演に情熱をかける人々を追った、10日間の物語。現役ストリップ嬢へのインタビューや、特別に許された楽屋裏への取材、稽古風景を通じて、ストリップの魅力に迫るオリジナル・ドキュメンタリー番組。

Tokyo Now Author