広瀬すず&宮沢氷魚がバレンタインをテーマにした俳句を披露!「ドラマWスペシャル あんのリリック」完成報告会を生配信

「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」完成報告会が、2月15日(月) に開催され、広瀬すずさんと宮沢氷魚さん、そして文晟豪監督が登壇しました。なお、この様子はWOWOWの公式YouTubeチャンネルにて生配信されました。

文晟豪監督、広瀬すず、宮沢氷魚『ドラマWスペシャル あんのリリック 桜木杏、俳句はじめてみました』完成報告会
(左から)文晟豪監督、広瀬すず、宮沢氷魚

広瀬さんは本作で初めてラップに挑戦された際に「朝ドラで共演させていただいて、プライベートでも仲の良い板橋駿谷さんと練習をして撮影に挑みました。撮影後には、共演者の夏川結衣さんから『泣いた』『本当に感動した』と仰っていただけたので、安心しました」と安堵の表情を浮かべました。

また、俳句とラップを融合させた本作にちなみ、バレンタインデーをテーマに春の季語を入れた俳句を発表。広瀬さんは、自身の俳句「この想い 散ってなくなれ チョコ桜」に対して、「私の句ってなぜか皆さんに笑われてしまうのですが、散ってなくなれという、切ない思いが届かなかった句にしようと思い作りました」と語り、宮沢さんは、自身の俳句「ウキウキと その日を待つや バレンタイン」に対して「バレンタインなので、どストレートに気持ちを伝えたいなという想いで作りました。やはり、2月になると内心ドキドキや、ウキウキ感が芽生えてくる人が多いと思います。僕も学生の頃は2月14日にとてもドキドキしていたので、その時の気持ちを思い出して書きました」と語りました。

俳句と様々なジャンルのコラボを成功させてきた俳人・堀本裕樹の⻘春俳句小説『桜木杏、俳句はじめてみました』を基に、主演・広瀬すず演じる芸大生リリックライター・桜木杏と、宮沢氷魚演じる俳人でコピーライターの連城昴が織りなす“言葉”をめぐり、熱く魂がぶつかり合う⻘春グラフィティ「ドラマW スペシャルあんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました- 」は、WOWOWにて2月27日(土)よる9時から放送・配信。2月27日(土)よる10時30分からWOWOWオンデマンドで前後編一挙配信。

 

―STORY―
芸大生の桜木杏(広瀬すず)は、友達がいない。日々のささやかな楽しみは、近所の掲示板に貼られている言葉“を愛でることと、匿名でラップのリリック(歌詞)を作ることである。折しも、何気なく口ずさんだリリックをきっかけに、大手広告代理店勤務の連城昴(宮沢氷魚に声をかけられる。俳人でもある昴は、上司の塔矢ローズゆり(夏川結衣から、俳句とラップをテーマにしたプロジェクトチームに引き入られ、この突飛な企画に頭を悩ませていた。昴に丸め込まれた杏は、プロジェクトの手伝いをすることとなる。俳句は知らないし、人間関係も不安だった杏。だが、俳人・本宮鮎彦(田辺誠一の句会で個性的な面々と出会い、俳句の世界に惹かれていく。そんな矢先、代理店での打ち合わせに参加した杏は、リリックを提供していた売れっ子ラッパーと鉢合わせてしまう。

 

<番組情報>

『ドラマWスペシャル あんのリリック 桜木杏、俳句はじめてみました』

「ドラマWスペシャル あんのリリック 桜木杏、俳句はじめてみました」

WOWOWプライムにて放送
WOWOWオンデマンドにて配信

[放送日時]
前編:2021年2月27日(土) よる9時
後編:2021年3月6日(土) よる9時
※2月27日(土)よる10時30分から前後編一挙配信!(無料トライアル実施中)

[原作]
堀本裕樹『桜木杏、俳句はじめてみました』(幻冬舎文庫)

[監督]
文晟豪(映画『五億円のじんせい』)

[脚本]
荒井修子(NHK『長閑の庭』、NHK『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』)

[音楽]
Akiyoshi Yasuda(★STAR GUiTAR)

[出演]
広瀬すず
宮沢氷魚
毎熊克哉 安藤ニコ 桂雀々 ふせえり
荒川良々
田辺誠一 夏川結衣

[番組特設サイト]
https://www.wowow.co.jp/drama/original/anlyric/

Tokyo Now Author