剛力彩芽 主演、クリエイターズ支援プロジェクトのショートフィルム3作品全編世界初公開が決定!

米国アカデミー賞公認、アジア最大級のショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2021秋の国際短編映画祭は、剛力彩芽さんが日本人監督と共に多彩なる才能を世界へ発信していくクリエイターズプロジェクトにより制作したショートフィルム全3作品を、10月24日(日)東京都写真美術館で全編世界初公開します。

クリエイターズ支援プロジェクト

映画祭に集う監督3名と剛力彩芽さんがタッグを組み、ドラマチックな女性の人生を描く衝撃3作品は、井上博貴監督『傷跡』、大森歩監督『卵と彩子』、洞内広樹監督『MASKAHOLIC』。“男から逃げる女”、“シングルマザー”、”マスク依存症“など、これまで剛力さんが演じたことのない役を熱演し、新境地に挑戦しています。各作品はシネマ・オン・ザ・バイユー映画祭(アメリカ)、ファストネット映画祭(アイルランド)、ミニキノフィルムウィーク バリ国際短編映画祭(インドネシア)など海外映画祭など複数の入選を果たしています。剛力さんからは「まったく違う3人の剛力を見てほしい」と動画コメントも到着しました。

なお、10月24日(日)の初公開の場には、井上博貴監督、大森歩監督、洞内広樹監督の3名が登壇。剛力彩芽さんからは当日の会場に向け、制作時のエピソードなどを語るスペシャルコメントも上映を予定しています。

 

■剛力彩芽主演 クリエイターズ支援プロジェクト制作作品 世界初公開&トークイベント

日本人監督を応援すべく映画祭に集う監督3名と剛力彩芽さんがタッグを組み、ドラマチックな女性の人生を描く衝撃3作品を制作。各作品それぞれが海外映画祭に入選し、評価された作品を秋の上映会で一挙上映。監督を招待しトークイベントを行います。

登壇者:井上博貴監督(『傷跡』)、大森歩監督(『卵と彩子』)、洞内広樹監督(『MASKAHOLIC』)
日時:2021年9月24日(日)14:00-15:30
会場:東京都写真美術館
料金:無料 Peatixより席をご予約下さい。https://shortshorts2021autum1024.peatix.com/

 

■クリエイターズ支援プロジェクト制作作品

『卵と彩子』

『卵と彩子』
監督・脚本:大森歩
出演:剛力彩芽、岡山天音、長澤樹、和田光沙、田子天彩
17分/日本/ドラマ

―あらすじ―
キッズダンス教室の先生、彩子。
お腹には、別れた恋人えいたの子を妊娠している。
彩子は初めてエコー検査で胎芽を見た時、その奇跡に感動しひとりで産もうと決めた。彩子には密かな野望があった。

 

『傷跡』

『傷跡』
監督・脚本・編集:井上博貴
出演:剛力彩芽、松本大志、柳俊太郎、松澤一之、山下容莉枝、西尾まり
約16分/日本/サスペンス・スリラー

―あらすじ―
主人公・陽子(本名:佳菜子)は、家族で経営する地方の町工場に住み込みで働き、共に働く跡取り息子の誠司に想いを寄せられて幸せを感じながら平穏な日々を過ごしていた。そんなある日、過激なDVを受け、逃げ出すも執拗に追い続けてくる夫・尚人が現れ、「佳菜子とやり直したい」と復縁を迫られる。

 

『MASKAHOLIC』

『MASKAHOLIC』
脚本・監督:洞内広樹
出演:剛力彩芽、柳英里紗、後藤ユウミ ほか
15分/日本/サスペンス・ミステリー

―あらすじ―
一般人の久美は、マスクをしていれば有名女優の襟谷麻衣子にそっくり。ある日、久美の写真が襟谷として週刊誌
に掲載される。友人の和菜にそそのかされ、久美は襟谷の“なりすまし”インスタを開設。思わせぶりな写真を投稿するうちに、襟谷の“裏アカ”ではないかと話題になっていく。襟谷の事務所から呼び出された久美は─。

Tokyo Now Author