「BE AT TOKYO」と「きゅうかくうしお」とのプロジェクト「PLAY GROUND」が始動!

ラフォーレ原宿6階「BE AT STUDIO HARAJUKU」にて、圧倒的な存在感を放つ唯一無二のダンサー・振付師の辻本知彦と表現の世界を自由自在に横断するダンサー・俳優の森山未來が2010年に立ち上げたパフォーマンスユニット「きゅうかくうしお」との「PLAY GROUND」を始動します。

「BE AT STUDIO HARAJUKU」
Design:岡崎 真理子

URL:https://be-at-tokyo.com/projects/beatstudio/3718

「PLAY GROUND」は「きゅうかくうしお」の踊り子である辻本知彦が、他ジャンルのアーティストと定期的にコラボパフォーマンスを実施するイベントです。辻本知彦の新しい表現の種を見つけるために、そして、その種が「きゅうかくうしお」にとって新たな芽となるように、パートナーとなるような表現者との出会いを、 あらゆる偶発的な出会いを誘発する装置として「BE AT TOKYO」が機能していきます。初回は9月某日、ラフォーレ原宿6階「BE AT STUDIO HARAJUKU」にて開催。「きゅうかくうしお」の新しい表現に居合わせた方たちと、この興奮を共有できることを楽しみにしています。

辻本知彦 コメント
2020東京オリンピック開会式に出演し、人々が幸福になりますようにと踊りました。
自分のことを全く知らない、カメラの向こう側にいる人を想像するとそんな気持ちになりました。
人を幸せに、希望になれるように、初めて思った感覚です。
その日以来の出演になるので自分も楽しみにしています。

 

■「PLAY GROUND」の始動に先駆け、「きゅうかくうしお」のアーティスト写真を「BE AT STUDIO HARAJUKU」にて撮影。

「BE AT STUDIO HARAJUKU」
Photo:荒井 俊哉/Styling:石井 大

きゅうかくうしお
2010年、辻本知彦と森山未來が立ち上げたユニット「きゅうかくうしお」。現在では、今までに関わったスタッフをメンバーとして10人体制で活動。日々係う(かかずらう)ことで生まれるあらゆる現象・感情を創作の起点とし、一人ひとりが自尊心を持ち自立したこの集団として、自由に思考・議論しながら創作のあり方を探り、日常への問いを提示する。

きゅうかくうしおメンバー
石橋穂乃香(ほのちゃん)、河内崇(舞台監督)、辻本知彦(踊り子)、中原楽(音響)、藤谷香子(衣装)、松澤聰(映像)、村松薫(制作)、森山未來(踊り子)、矢野純子(宣伝美術)、吉枝康幸(照明)
https://kyukakuushio.com/about/

WEB:https://kyukakuushio.com/
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UClvlsp_hUQo_lc5OJgOPZ-g
Instagram:kyukakuushio
Twitter:@kyukakuushio

辻本知彦(Tsujimoto Tomohiko)
18歳よりダンスを始め、2007年には「シルク・ドゥ・ソレイユ」に日本人男性ダンサーとしてはじめて起用。2011年から『Michael Jackson The Immortal World Tour』に参加し、27カ国485公演に出演する。振付では、NHK2020応援ソング『パプリカ』、Siaの『Alive』日本版ミュージックビデオで土屋太鳳、米津玄師の『感電』、大河ドラマ『青天を衝け』(2021年)オープニングダンスを担当。2022年2~7月、舞台「千と千尋の神隠し」カオナシ役として帝国劇場・全国公演を予定している。
https://www.tsujimoto.dance/

BE AT STUDIO HARAJUKU
住所:東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6F
電話:03-4400-6716
営業時間:11:00~20:00
定休日:ラフォーレ原宿の定休日に準ずる

WEBサイト:https://be-at-tokyo.com/
Instagram:@be_at_Tokyo
Twitter:@BE_AT_TOKYO

BE AT TOKYO とは
東京からまだ見ぬカルチャーを生み出すためのCultural Apartments、それがBE AT TOKYO。情報を発信するメディアであり、才能が集まるスタジオであり、実験を繰り返すラボであり、届けるためのショップでもある。決められた型はなく、集まった人がブランドを形づくる。オンラインとリアルな場でつながりながら発生する化学反応が、次の東京を代表する人を、物を、カルチャーを創り出す。

ラフォーレ原宿 新型コロナウイルス感染予防対策について
ラフォーレ原宿では、新型コロナウイルス感染拡大予防のため各種対策を行っております。発熱・咳などの症状があるお客様にはご来館をお控えいただきます。また、エントランスにてマスクの着用をお願いしておりますほか、混雑時には入館制限を設ける予定です。ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

●ラフォーレ原宿 主な感染予防対策
・従業員のマスクの着用
・従業員の体調管理の徹底
・従業員用検温器の設置
・フィジカルディスタンスの確保
・飲食店の席数、客席配置の調整
・定期的な開放・換気、及び消毒・清掃活動の実施
・レジへのコイントレイ設置
・レジ端末等の消毒
・フィッティングルーム・個室の消毒
・閉店後の消毒作業
・混雑時の入館制限実施

●お客様へのご協力のお願い
・館内でのマスクの着用
・入館時の手指消毒
・体調管理には十分に注意いただき、発熱・咳などの症状がある方の来館自粛
・館内での従業員、およびお客様同士でのソーシャルディスタンスの確保
・咳やくしゃみをする時には、マスクやハンカチなどで口や鼻を押さえるといった「咳エチケット」の励行

新型コロナウイルスの影響により、内容が変更になることがございます。ご了承ください。

Tokyo Now Author