数々の映画賞やランキングなどで1位を受賞!映画『天外者』完全ノベライズが3月11日に発売決定

©2020「五代友厚」製作委員会

2020年第94回『キネマ旬報ベスト・テン』にて「読者選出日本映画ベスト・テン」1位、「読者選出日本映画監督賞」など数々の映画賞やランキングなどで受賞している、映画「天外者(てんがらもん)」。激動の幕末に、類まれな賢さと行動力で未来を切り拓いた五代友厚(ごだいともあつ)を、主演の三浦春馬さんが圧倒的な熱量で演じられたことで、大きな話題となっています。

この映画の脚本を完全ノベライズ化した書籍『映画ノベライズ 天外者』を2021年3月11日(木)(全国的には3月15日)に講談社より発売します。ノベライズは、脚本家の小松江里子氏のシナリオをもとに時代背景や印象的な場面写真を入れ込み、劇中のシーンをより深く読み進められるようになっています。また、巻頭のカラーページ(8P)では、劇中の名シーンほか、未公開カットを特別収録。
感動的な名場面を思い出しながら、映画とセットで楽しめるコンプリート感のある一冊です。

天外者(てんがらもん)の意味とは?
天外者とは、薩摩弁で「凄絶な才能の持ち主」という意味の誉め言葉。

 

■映画「天外者」概要

時は幕末から明治初期。人並み外れた賢さと、大胆な行動力で未来を切り拓いていく幕末藩士・五代友厚(三浦春馬)が、坂本龍馬(三浦翔平)や岩崎弥太郎(西川貴教)、伊藤博文(森永悠希)らとともに「夢のある未来をつくるため」に激動の時代を駆け抜ける――。
2020年12月11日全国の劇場にて公開され、現在もロングラン上映中。

 

<書籍詳細>

映画ノベライズ 天外者

原作脚本:小松江里子
ノベライズ:大谷道子 ほか
発売日:2021年3月11日(木)(全国的には3月15日発売)
ページ数:巻頭カラー8P(未公開カット特別収録)+モノクロ160P
価格:1350円(税別)
発売元:株式会社講談社

Tokyo Now Author