真夜中ドラマ『京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~』2021年1月9日土曜深夜スタート

真夜中ドラマ『京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~』
©「京阪沿線物語」製作委員会

注目の新人・小西桜子が主演の真夜中ドラマ「京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~」(テレビ大阪/BSテレ東2021年1月9日土曜深夜スタート)の新たなキャストが決定しました。

きずな屋の実質的な経営者で元料理人役には、ベテラン俳優でモデル出身の中村俊介。そして、きずな屋に住む小学生役には、大ヒット曲「パプリカ」を歌う小中学生の音楽ユニット・Foorinの最年少メンバーとしても活躍し、ドラマや映画にひっぱりだこの子役、新津ちせ。きずな屋の先代経営者役には和服姿も色っぽい壇蜜、番頭役には今回初めて連続ドラマの脚本を担当するNON STYLE 石田が推薦した水玉れっぷう隊 ケン。さらに第1話のゲストとして中川家 剛が本人役として登場します。

中村俊介、小西桜子、新津ちせ『京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~』
(左から)中村俊介、小西桜子、新津ちせ
©「京阪沿線物語」製作委員会

舞台は真夜中ドラマ枠では初となる「関西」。大阪、京都に実在する京阪沿線の人気の飲食店や観光地も盛り込まれています。笑いあり、涙ありの人情コメディドラマが始まります。

 

久我創介役/中村俊介

久我創介役/中村俊介コメント
人との出逢い、絆、そして食。
人間が生きていく上で欠かせない、そして大切な事を再確認できる。そんなドラマだと思います。
落ち込む事、悩む事、人生という旅路には様々な躓きは付き物ですが、この「きずな屋」に泊まれば人との繋がりを通じて一歩、二歩と前に進める勇気を貰えるはずです。
宿泊する為には○○は、要りません。
必要なのは…。
あとは観てからのお楽しみ。

 

木ノ宮こころ役/新津ちせ

木ノ宮こころ役/新津ちせ コメント
私が演じる「こころ」は、一見ごくふつうの女の子ですが、じつは、泊まると願いが叶うという噂の宿「きずな屋」のオーナーというスーパー小学生です!
このドラマは、京阪沿線を舞台に、人と人とのきずなが描かれている物語で、関西弁のセリフでお芝居するのは初めてでしたが、関西弁で会話していると自然と元気がわいてきて、身も心も「こころ」になることができました。
さらに、関西の美しい場所やおいしい食べ物もたくさん出てきて、撮影は毎日本当に楽しかったです!
ぜひ、ドラマを見て「京阪沿線っていいなぁ、きずな屋に泊まってみたいな」と思っていただけたら嬉しいです!

 

本庄七海役/壇蜜

本庄七海役/壇蜜 コメント
きずな屋の土台をつくった女将は、時に優しく時に強く、傷ついた人に寄り添う女性でした。憧れと尊敬の気持ちを込めて精一杯演じましたので、ご覧いただけたら幸いです。

 

桂木遼平役/岡田義徳

桂木遼平役/岡田義徳 コメント
京阪沿線、関西の方ならお馴染みでしょうが、そのお馴染みの方もこれから知る方も、新しい発見ができるドラマだと思います。
今も昔も大切な、『絆』で生まれる人情味溢れるドラマをお楽しみに。

 

美山キヨシ/ケン(水玉れっぷう隊)

美山キヨシ/ケン(水玉れっぷう隊) コメント
どうも水玉れっぷう隊ケンです。
今回、このドラマ『きずな屋』古民家宿の番頭をさせて頂きました。
芸歴29年、芸人ではなく役者として最高峰の役を頂きました。
色々なお客様をきずな屋に迎え、それぞれの人生のひと時を共に過ごすことで生まれる絆を描いたドラマです。
笑いあり涙あり新喜劇を彷彿とさせる人情物語です。
是非、お楽しみ下さい。
NONSTYLE石田くんが、僕を激推ししてくれたことで実現しました。
足を向けて寝られまへんがなぁ
家知らんけど(笑)

 

本人役/剛(中川家)

本人役/剛(中川家) コメント
今回、本人役で出演させていただきましたので、特に役作りはしていません。
NONSTYLE石田くんが脚本ということですので、とても楽しみな作品です!

 

■記者会見インタビュー

真夜中ドラマ『京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~』インタビュー
©「京阪沿線物語」製作委員会

Q. 役柄についてご説明いただけますでしょうか?
小西「私が演じた井町潤は新人小説家なんですけど、プレッシャーで東京から逃げてきてしまって京阪沿線の駅にやってきて、きずな屋のこころちゃん(新津)と創介さん(中村)に出会うっていう役なんです。私自身、関西になじみがなくて、潤と同じ気持ちでいろんな経験をして、関西の皆さんとのコミュニーケーションを楽しく演じさせていただきました」
中村「久我創介という、ひょんなことからきずな屋で経営を任されている役です。先代の女将さんからの思いを継承して、経営していってるところです。この人物もいろいろ過去にありまして、どこまで言っていいのかわからないですけど(笑)、前に進むことができず少し立ち止まっている人物なんです。つかみどころがないというか、影がありそうで、頼もしそうでちょっと違ったり、明るい部分もあったり……。本当に不思議な人間で、演じていて楽しかったです」

真夜中ドラマ『京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~』インタビュー
©「京阪沿線物語」製作委員会

Q. 関西弁はいかがでしたか?
中村「そこやねん(笑)!群馬出身なので関西弁は本当にもう…。創介とこころは関西弁なので、けっこう大変で…」

Q. 好きになった関西弁はありますか?
新津「好きな関西弁は…“おおきに”かな?私が演じる木ノ宮こころは、一見普通の小学生の女の子なんですけど、実はきずな屋のオーナーで創ちゃん(中村)とか番頭さんとかといっしょに切り盛りしてる二代目女将だったりします。明るくて元気な女の子なんですけど、なぜこころちゃんが二代目女将になったのか、両親はどこにいるのか、ドラマのなかで明かされていくので、そこもぜひ注目していただきたいです」
中村「(ちせちゃんは)本当にすごいんですよ。子どもだなという面もあれば、なんて大人なんだろうっていう面もあって、現場も明るくしてくれる!」

Q. 印象に残っている撮影シーンや撮影中のエピソードがあれば教えてください
中村「ほんわかした現場で楽しかったんですけど、水上バスに乗るシーンがあって。創介の過去がわかるかもしれないというすごくシリアスなシーンがだったんですけど、窓の外の風景といっしょに自転車のカゴに犬を乗せたまま走るおじさまが、ずーっと我々の水上バスと並走してましたんです(笑)。シリアスな芝居をしてるのにずーっと並走してて、もう一回ってなって。そうなると舟をUターンさせないといけないし、おじさま…って(笑)」
新津「いろいろあるけど特に楽しかったのは、枚方パークに行くシーンがあって、行ったことなかったのですごく楽しくて。でも休園してるときにお借りして撮影したので、乗りたかったけど乗れないのもあって。いつか休日にフリーパスで行きたいって思いました。遊園地は大好きで、ジェットコースターとか絶叫系も大好きで、乗れるけど怖がりなので…叫びます!(笑)」

真夜中ドラマ『京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~』インタビュー
©「京阪沿線物語」製作委員会

Q. 現場では中村さんがお兄さん的存在だったんでしょうか?
小西「まさに創介さんって感じで」
新津「創ちゃん、やさしい。現場で見たら“創ちゃ~ん!”って言って、ぎゅーっと抱きつく。“あ~創ちゃんだ~”ってすごく安心感があるし」
中村「ありがとうございます……とても恥ずかしい(笑)。本当に潤ちゃんとこころちゃんには助けていただいて。やっぱり現場が和むんです、みんなが潤ちゃん、こころに会いたくて、そんな現場でした。幸せなときを過ごせた感じです」

Q. 今回のロケ地、石清水八幡宮など都会ではない京阪沿線のイメージは?
中村「ディープなスポットから自然のあるところまで、特に大阪なんですが、満喫させていただきましてすごくよかったです。あとは食。このドラマは食も一つのテーマになってるんですけど。ついさっきまで食べてたんです」
新津「お好み焼き、食べてました!」
中村「大阪ならではの風景だったり、食べ物だったり、馴染みなものが出てくるので、そういうところも楽しんでいただけるかなと思ってます」
小西「ケーブル八幡宮山上駅は、こんなにきれいな場所があるんだっていうくらい、竹林が広がってて、すごく素敵な場所でした。大阪は今回初めて行かせていただいて、関西をまったく知らなかったんですけど、また行きたいという場所がたくさんあって、関西の方はもちろん、それ以外の方にもこんな素敵な場所があるんだって楽しんでいただけると思います」
新津「ケーブル八幡宮山上駅は私も初めて行ったんですけど、すごくきれいだったし、大阪のロケも初めてだったけど楽しくて、通天閣とかも行って、ご飯もたくさん食べて楽しい撮影でした」

Q. 石田さんご自身や、脚本の印象について教えてください
小西「脚本を読ませていただいてすごくおもしろくて、関西ならではのコミカルな小ネタのやりとりとかもあるんですけど、心にジーンとくる人情味あふれるシーンが関西ならではの近い距離感で面白いなと思いました。そして、私はお芝居のワークショップで石田さんの脚本の作品をやったことがあって、すごくコミカルな役をいただいたんですけど、やっぱり関東の人からしたら難しくて。今回潤ちゃんはボケないしツッコミもしなくて、創介さんとこころちゃんのやりとりを楽しく聞いているありがたい役だったでホッとしました(笑)」
中村「石田さんは面白い方というイメージはあったのですが、こんなにあったかい物語を書ける人なんだなと。イメージと真逆というか、楽しく演じさせていただきました」
新津「この脚本を家で読んだとき、大爆笑して笑いが2、3分止まらなかった。すごい面白いなと思って。関東の人だからボケたりツッコんだりとかわかんなくて、ちょっとむずかしかったんですけど、チャレンジだと思ってがんばりました。ボケたりツッコんだりが得意になったかもしれない(笑)」

真夜中ドラマ『京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~』インタビュー
©「京阪沿線物語」製作委員会

Q. 石清水八幡宮には行きましたか?
新津「撮影前に時間があったので行ってみて、撮影がうまくいきますようにとお願いして、写真をいっぱい撮って、おみくじもひきました。おみくじは吉でした。願望が叶うって書いてあったのがうれしかったです、叶えたい願望は……なんだろうな、いっぱいありすぎてよくわかんないです(笑)」
小西「撮影で参拝させてもらって、おみくじをひいたり、家族にお守り買って帰ったりしました。私は中吉でした。どっちが上なんだろ?」
新津「中吉の方が上」
小西「やった(笑)!念ずれば叶うみたいなのが書いてありました。叶えたいことは……このドラマがバズってパート2ができたらいいなって」
中村「僕は遅い時間だったので、参拝できずだったんですけど、すごくいいところだったので、明るいときから行ってみたいですね、パート2のときはみんなで行きたいと思います」

Q. 最後に視聴者の方にメッセージをお願いします
新津「このドラマを見て京阪沿線っていいなぁ、きずな屋に泊まりたいなと思ってくれたらうれしいです。土曜の夜、きずな屋でお待ちしております、京阪沿線物語ぜひご覧ください!」
中村「本当にこんな時代なんですが、ほろっとできたり、心が温まったり、関西特有のお笑いがあったり、そんなドラマです、楽しみに見ていただけたらなと思います」
小西「関西ならではの会話のキャッチボールや、心がきゅんとするやりとりも描かれているので、楽しんでいただきたいです。そして、この物語でハートウォーミングな、心の根っこがつながる感覚というのが、こんな時代だからこそ多くの人に感じてもらえるんじゃないかなと思うので、楽しんでいただけると思います」

©「京阪沿線物語」製作委員会

 

―番組内容―
デビュー作が大ヒットした新人小説家の井町潤(24・女性)。売れに売れたため、次回作へのプレッシャーから作品が書けなくなってしまう。潤は東京の喧騒から逃れ、行きついた先は、大阪と京都の間にある京阪電車の「ケーブル八幡宮山上駅」。
そこで、元料理人の創介(39)と小学生のこころ(女の子)と出会う。
潤は創介とこころが経営する民泊『きずな屋』に連れられ、長期滞在することに。きずな屋で暮らし、創介やこころ、泊まりに来る客たちと触れ合うことで、次第に自らの心も成長し、2作目を書くことに次第に前向きになっていくのであった。

 

<番組情報>

真夜中ドラマ「京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~」

[放送日時]
2021年1月9日放送スタート
テレビ大阪 毎週土曜 深夜0:56~1:26 ※初回のみ1:26~1:56
BSテレ東(BS7.ch)/BSテレ東4K(4K7.ch) 毎週土曜 深夜0:00~0:30
※NTTぷらら「ひかりTV」で1週間先行配信

[出演]
小西桜子 中村俊介 新津ちせ 壇蜜 岡田義徳 水玉れっぷう隊 ケン 中川家 剛 ほか

[監督]
千村利光 長尾くみこ 田中健詞

[脚本]
石田明(NON STYLE) 阿相クミコ 三津留ゆう

[音楽]
田井モトヨシ

[チーフプロデューサー]
金岡英司(テレビ大阪)

[企画]
田中洋行(テレビ大阪)

[プロデューサー]
与十田孝輔(テレビ大阪) 鈴木伸明(キュー・テック)

[話数]
30分×12本

[制作]
テレビ大阪/キュー・テック

[製作著作]
「京阪沿線物語」製作委員会

[番組HP]
https://www.tv-osaka.co.jp/keihan_story/

[公式Instagram]
https://www.instagram.com/keihan_story/

[公式Twitter]
https://twitter.com/tvo_mayodora/

©「京阪沿線物語」製作委員会

Tokyo Now Author