藤原季節・長尾卓磨 出演!映画『中村屋酒店の兄弟』上映後トークに若葉竜也、村上虹郎、磯村勇斗の登壇決定!

©『中村屋酒店の兄弟』

藤原季節、長尾卓磨主演で第13回田辺・弁慶映画祭にて、TBSラジオ賞を受賞した、映画『中村屋酒店の兄弟』(監督:白磯大知)が、東京・テアトル新宿にて11月21日(土)~11月24日(火)にレイトショー上映、12月24(木)からはシネ・リーブル梅田で上映されます。

本作は、俳優としても活動している白磯監督が、役者業の傍ら独学で脚本を書き始めて初監督した作品で、少しづつ数を減らす、現代の町の酒屋にスポットを当て、兄弟を通じ家族の距離を描いたヒューマンドラマです。「JR SKI SKI 2019」などのWEBムービーや、King Gnu『白日』のミュージックビデオなどで高く評価されている光岡兵庫が撮影した味わい深い映像にもご注目ください。

また、テアトル新宿での上映は、「TBSラジオ賞受賞記念作品・中村屋酒店の兄弟オリジナルスピンオフドラマ」のラジオドラマからはじまり、本編上映後にも白磯監督が撮影・編集を行ったドキュメンタリー『中村屋酒店』(5分程度)を上映させていただきます。そして、上映後のトークでは、白磯監督と縁のある若葉竜也さん、村上虹郎さん、磯村勇斗さんらがゲストとして登壇予定となっております。チケットに関しての詳細はテアトル新宿の公式HPに掲載します。

 

■作品へのコメント

映画『中村屋酒店の兄弟』の公開に合わせて映画監督の瀬々敬久さんからの応援コメントの到着しました。

瀬々敬久さん(映画監督)
生まれた場所は同じ筈なのに、やがて微妙に生きる環境が変わってくる兄弟の葛藤。そんな普遍的であって懐かしくもある物語を真っ向勝負で挑んでいる姿勢に心打たれた。俳優たちと作り手の信頼、そういうものが、画面のあちこちから匂い立っていて清々しい。忘れていた何かを思い出させてくれる作品だ。

 

■上映に向けてのコメント

藤原季節(和馬役)
「けれどもほんとうのさいわいは一体なんだろう」
銀河鉄道の夜。ジョバンニの言葉だ。
白磯大知が、実在する中村屋酒店の閉店を追ったドキュメンタリーを作り上げた時、僕は感動した。彼もまたほんとうのさいわいを探し続けて、2年間も中村屋酒店と向き合い続けていたことを僕は知らなかった。
彼がスクリーンに映し出す”ほんとうのさいわい”をどうか届けたい。僕はそのために頑張る。よろしくお願いします。

長尾卓磨(弘文役)
今は閉店し建物ももうない中村屋酒店さんをお借りしてぼくらは兄弟になりました。
あちらこちらで変わりゆく街の風景を眺めながら、これまで街や人から貰ったもの、借りたもの、返せたもの返せなかったもの、この作品を通してそういったものを思い出しています。
ひとつの店をつくるも閉めるもつづけるも、街並みをつくるのも、つまるところ人の思いだと思います。
それは今回併映されるドキュメンタリーを観ると一層感じられる。
白磯監督はよく「人の思い」という言葉を口にします。
このデビュー作でそれを監督は目一杯僕らキャスト・スタッフに託してくれました。
見届けてください。
劇場で、お待ちしております!

白磯大知監督
町の小さな酒屋、そこで生活する家族。
そこに流れる時間を、素晴らしいスタッフキャストと共に作り上げました。
藤原季節さん長尾卓磨さんの演じる兄弟は、作品を僕の想像の遥か上へ持ち上げてくれました。
是非映画館で濃厚な時間を体感してください!

 

―STORY―
数年前家を出て一人東京で暮らす和馬(藤原季節)は、親が経営していた酒屋を継いだ兄、弘文(長尾卓磨)の元へ帰ってくる。
年齢を重ね、変わってしまった母の姿に戸惑いながらも、その時を受け入れ過ごしていく和馬。相手を思うほど、和馬、弘文は少しづつズレていったお互いの距離を感じていた。
和馬の抱える秘密を知る弘文、それを知る和馬。お互いが前に進むためとった選択には、純粋に相手を思う辛さと難しさがあった。そして、2人は朝を迎える。

 

映画『中村屋酒店の兄弟』

2020年11月21日(土)~11月24日(火)テアトル新宿にて連日レイトショー
12月24日(木)シネ・リーブル梅田にて上映

キャスト:藤原季節 長尾卓磨 藤城長子 橘 美緒 千葉 龍都 新井 秀吾 高橋 良浩 中村元江 磯崎信浩 磯崎教子

監督・脚本:白磯大知
撮影:光岡兵庫
撮影助手:山田弘樹
録音:小笹竜馬
照明:岩渕隆斗、小松慎吉
照明助手:森本悠太、斎藤愛斗
制作:徳平弘一、長野隆太、光岡兵庫、樋井明日香、白磯大知
編集:キルゾ伊東、白磯大知
音楽:総理(響心soundorchestra)「とある兄弟」
ロケ地協力:中村屋酒店、清水宅

公式サイト:https://nakamurayasaketennokyoudai.com/
公式Twitter:@nakamurakyoudai

2019年|カラー|45分|©『中村屋酒店の兄弟』

Tokyo Now Author