季節の終わりのリーディングシリーズ第二弾!朗読劇『秋の終わりのリーディング文学~芥川龍之介編~』上演決定

朗読劇『秋の終わりのリーディング文学~芥川龍之介編~』12月8日(火)~13日(日)シアターグリーンBIG TREE THEATER(池袋)にて上演することが発表された。

“季節の終わりのリーディングシリーズ”第一弾として、今年9月にR’sアートコートにて「D坂の殺人事件」「屋根裏の散歩者」「心理試験」の3作を上演、多くの皆様より好評を博した朗読劇『夏の終わりのリーディング文学~江戸川乱歩編~』。今回はその“季節の終わりのリーディングシリーズ”の第二弾として、朗読劇『秋の終わりのリーディング文学~芥川龍之介編~』と題し、大正の文豪・芥川龍之介が残した短編小説2作品『羅生門』『藪の中』を朗読公演、不朽の名作を新たなエンタテインメントとして皆様にお届けいたします。

主演は、舞台を中心にひろく活躍する俳優・日向野 祥!シリーズ第一弾に続いての起用となります。古典から構想を得て芥川が執筆した『羅生門』『藪の中』の2作品に、現代的な解釈と息吹を吹き込みます。また若手の実力派俳優・山本匠馬や、元バレーボール選手で現在は女優・タレントとして活躍する大林素子も前シリーズに続き出演、作品を盛り立てます!

幻想的且つ娯楽性の高い芥川龍之介作品の魅力を、リーディングと生演奏であますところなくお届けします。秋の終わりにふさわしいエンタテインメント朗読劇を、皆様ぜひ舞台でお楽しみください。
※オンライン配信も予定しております。

 

<公演情報>

朗読劇『秋の終わりのリーディング文学~芥川龍之介編~』

[出演者]
日向野祥/大林素子/山本匠馬/川名浩介/森崎りな ほか

[脚本/演出]
八十島美也子

[脚本]
加藤真紀子

[会場]
シアターグリーンBIG TREE THEATER
(東京都豊島区南池袋2-20-4)

[日程]
2020年12月8日(火)~2020年12月13日(日)

[公演作品]
『羅生門』『藪の中』
※各回1作品の上演となります。

[公演日時]
12月8日(火)
18:30 上演作品『藪の中』

12月9日(水)
18:00 上演作品『羅生門』

〇12月10日(木)
13:00 上演作品『藪の中』
17:00 上演作品『羅生門』

12月11日(金)
13:00 上演作品『羅生門』
17:00 上演作品『藪の中』

12月12日(土)
13:00 上演作品『羅生門』
17:00 上演作品『藪の中』

12月13日(日)
13:00 上演作品『藪の中』
17:00 上演作品『羅生門』

※開場時間は各30分前となります。
※全ステージ朗読劇とアフタートークとなります。
※本公演は、コロナ感染症ガイドラインに従い、上演をいたします。

[チケット情報]
チケット発売日:発売中
チケット代金:前売6300円/当日6800円
※本公演は、GoToイベントの対象公演となります。
※オンライン配信のチケット販売詳細情報は、後日発表となります。

[販売所情報]
チケット1.
GoToイベント 対象チケット
販売所:カンフェティ
URL:http://confetti-web.com/leading_season_autumn

チケット2.
通常チケット(特典:ご希望のキャストの非売品写真付き)
販売所:MMC
URL:https://mmcstore.shop-pro.jp/
※特典に関しましては、希望キャスト名をチケットご購入時に備考欄へご記載くださいますようお願いします。

[企画/制作]
MMC Ask

[お問い合わせ]
公演内容に関するお問合せ:stage@mmc-jp.tokyo

Tokyo Now Author