STモデル・宮野陽名が一日警察署長を務める「ピーポくん、ダメですよ」

10月14日(月・祝)、新宿高島屋1階JR口イベント広場にて「全国地域安全運動 原宿安全のつどい」が行われ、モデル・女優の宮野陽名が一日警察署長を務めた。

現在、セブンティーン専属モデルの宮野陽名はドラマ『俺のスカート、どこ行った?』、映画『新聞記者』にも出演している若手の注目俳優です。

原宿警察署の一日警察署長を委嘱された宮野は「みなさん、はじめまして。今日は、自分が一日警察署長をやらせていただけると思っていなかったので、すごく嬉しいです。みなさんと一緒に防犯についてたくさん学んでいきたいと思います」と豊富を述べる。

続いてトークショー・クイズになるとピーポくんが登場。ピーポくんから「原宿警察にはこんなにきれいな署長がいるんだ」に照れる場面も。その後、クイズが始まっても最後まで正解してくれないピーポくんに「ピーポくん残念!」「ピーポくん惜しい!」「(子どもが万引したもの)上げちゃダメですよ(ふふふっ)」「(2択)③番はありませんよ(にっこり)」など問題ごとに微笑ましい掛け合いが見られた。

最後に「同年代のみなさん、万引は窃盗罪という立派な犯罪です。絶対に軽い気持ちでやったりしなでください。また、特殊詐欺はニュースでよくみかけることが本当に多く、鹿児島にいるおじいちゃん、おばあちゃんとは連絡をよくとって、いつでも相談できるような存在になりたいと思います。コミュニケーションを取ることが一番の防犯対策になるとみなさんも身近な人とはしっかりと連絡を取り合ってみてください」と防犯意識の啓発を促した。

Tokyo Now Author