おうちでまったり!「巣ごもりシアター」第2弾発表!新国立劇場バレエ団公演作品無料配信

新国立劇場は、 4月10日より「巣ごもりシアター」ページを開設し、 新国立劇場主催公演の記録映像の無料配信を行っています。 そして、 5月1日(金)から新国立劇場バレエ団による珠玉のバレエ公演2作品が追加配信されることが決まりました。

5月の第1週<5月1日(金)15時~5月8日(金)14時>の配信作品は、 情感あふれるドラマチックな振付で知られる英国の巨匠 ケネス・マクミランによる『マノン』 。 本作品は、 新国立劇場バレエ団にとって8年ぶりとなる待望の再演として、 去る2020年2月に上演されましたが、 残り2公演を前に、 残念ながら公演中止となりました。

バレエ団プリンシパル:米沢唯と、 英国ロイヤル・バレエ・プリンシパル:ワディム・ムンタギロフの卓越した技術力はもちろんのこと、 今まさにその時代の人物が生きているかのような表現力と役柄への深い解釈で、 作品の世界観を眼前に繰り広げ、 当日はスタンディングオベーションが湧き上がりました。 新国立劇場屈指の名舞台となった本公演を、 ご自宅で、 配信期間中何度でもご観劇いただけます。

5月の第2週<5月8日(金)15時~5月15日(金)14時>にお届けする作品は、 スペインの港町を舞台とし、 セルバンテスの名著を題材とした クラシックバレエの名作『ドン・キホーテ』 です。 今年のゴールデンウィーク中(5月2日~10日)に上演を予定しておりましたが、 新型コロナウイルスの影響により上演を断念しました。

スカッとするような超絶技巧を披露する見せ場が随所に散りばめられ、 そして新国立劇場バレエ団が誇る美しいコール・ド・バレエ(群舞)も存分に堪能できる、 目にも楽しい古典バレエの大人気作は、 晴れ晴れとした初夏のご観劇にふさわしいプログラム。異国情緒あふれる音楽とカラフルな舞台美術・衣裳も相まって、 きっと、 おうち時間を過ごす皆様を軽快なお祭り気分へといざなってくれることでしょう。

 

<配信予定公演詳細>

 バレエ『マノン』(2020年2月23日上演)

配信日時:2020年5月1日(金)15:00~5月8日(金)14:00

音楽:ジュール・マスネ
編曲:マーティン・イェーツ
振付:ケネス・マクミラン
出演:米沢唯、 ワディム・ムンタギロフ、 木下嘉人、 中家正博、 木村優里、 本島美和、 福田圭吾、 貝川鐵夫 ほか
指揮:マーティン・イェーツ
管弦楽:東京交響楽団

アベ・プレヴォーによって書かれたマノン・レスコーの物語を、 英国バレエの巨匠ケネス・マクミランがバレエ化した、 ドラマティック・バレエの最高傑作のひとつです。 愛ゆえにひたすら破滅へと落ちていくマノンとデ・グリューの美しくかつ壮絶な物語。
デ・グリュー役には英国ロイヤル・バレエ プリンシパルのワディム・ムンタギロフを迎え、 8年ぶりに上演し、 大喝采を博しました。

 

 バレエ『ドン・キホーテ』(2016年5月5日上演)
配信日時:2020年5月8日(金)15:00~15日(金)14:00

音楽:レオン・ミンクス
振付:マリウス・プティパ/アレクサンドル・ゴルスキー
改訂振付:アレクセイ・ファジェーチェフ
出演:米沢 唯、 井澤 駿、 貝川鐵夫、 高橋一輝、 菅野英男、 マイレン・トレウバエフ、 長田佳世、 本島美和、 細田千晶、 五月女 遥 ほか
指揮:マーティン・イェーツ
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

セルバンテス著「ドン・キホーテ」のエピソードを原作にした、 楽しさと活気に溢れた古典バレエ。 闘牛士たちによるスペイン舞踊、 風車のエピソード、 ドン・キホーテの夢の中で繰り広げられる美しい群舞、 そして最終幕の恋人たちによるグラン・パ・ド・ドゥまで、 古典バレエの美しさと陽気で楽しい踊りの数々を堪能できる人気演目です。
このたび敢え無く5月公演が中止となった本作の、 2016年公演の映像をお届けします。

 

■「巣ごもりシアター」総合案内ページ:https://www.nntt.jac.go.jp/sugomori/
■「巣ごもりシアター おうちで戯曲」:https://www.nntt.jac.go.jp/play/sugomori_gikyoku/

Tokyo Now Author