「#私は象牙を選ばない」ベッキー・ジェシカ姉妹がWILDAIDの公式アンバサダーに就任!

環境保全団体「WILDAID」は、 認定特定非営利法人「アフリカゾウの涙」と共に、 日本の象牙市場閉鎖を後押しすることを目的に、 #REDonNOSE運動を2020年3月3日(火)から開始します。

本運動のキービジュアルには、 新たにWILDAIDの公式アンバサダーに就任した、 タレントのベッキーさんと妹でダンサーのジェシカさんを起用。 二人の鼻の上にゾウの血をイメージした赤色のラインを引いた印象的なビジュアルで、 「#私は象牙を選ばない」宣言をします。 この公開に合わせて、 クラウドファンディングサービスにて、 アフリカゾウを守るための寄付活動を開始し、 #REDonNOSE運動を広げていきます。

野生のアフリカゾウはこの100年で3%までに減少し、 15分に1頭のペースで何万頭ものアフリカゾウが、 象牙の需要を満たすために密猟されています。 そして、 約10年も経たないうちにアフリカゾウは絶滅するといわれています。 2016年のワシントン条約締約国会議Cop17では、 象牙の国内取引を世界的に閉鎖することが決議され、 当時象牙消費大国であった中国や香港は、 のちに2018年までに象牙国内取引をやめる計画を発表しました。 世界中でアニマルウェルフェアの考え方が広まり、 象牙販売禁止の機運が高まる中、 日本では国内取引が続き、 2020年現在、 「世界最大級の象牙販売国」となっています。 しかし、 日本で取引される象牙の80%が印鑑によって何気なく消費されていることはあまり人々に認知されていません。

2020年は大規模スポーツイベントの開催に伴い、 多くの外国人観光客が日本を訪れ、 象牙の流通が世界に広がっていく危険があるだけでなく、 世界中から日本のアクションが注目を集める年になります。

#REDonNOSEは「私は象牙を選ばない」宣言をする運動です。 日本国内における象牙販売を止めることに賛同する人達は、 象牙を選ばない宣言の証として、 ゾウの象徴でもある鼻に、 ゾウの血と印鑑の朱肉をイメージした赤いラインを付けることで運動に参加することができます。 この運動に合わせ、 「#REDonNOSE」特製ステッカーとInstagram内ARエフェクトを作成し、 公式賛同者をはじめ、 多くの方々に配布・公開していきます。 今後、 公式サイト上に#REDonNOSE運動の様子が随時アップされていくほか、 各種イベントを通じてこの運動を広げていきます。

WildAid Japanおよび、 アフリカゾウの涙は、 クラウドファンディングサービスにて、
#REDonNOSE運動を広めていくことを目的に寄付受け付けを順次開始いたします。
寄付金は、 署名活動や活動資金に充てられ、 ベッキーさん・ジェシカさんら、 公式アンバサダーにご協力いただき、 クラウドファンディングへの参加を呼びかけていきます。

ベッキーさん コメント
「REDonNOSE  私は象牙を選ばない」
私自身が今、 命について深く考える時期ですので、 今回のプロジェクトは本当に考えさせられました。 人間だけでなく、 同じ地球上に住む仲間として、 ゾウの生活やゾウの家族を守りたいなと心から思いました。
(アフリカゾウは)2年もお腹の中で育つということにびっくりしました。 感覚が人間に近いんだから、 小さいゾウさんの気持ちとかも想象しなくちゃいけないよなって思いました。 たくさんのゾウの命を守れると思うし、 できる事はたくさんあると思います。

ジェシカさんコメント
「REDonNOSE  私は象牙を選ばない」
自分のとる行動で世界は何も変わらないという感覚の人が多くて変えられていない。
この小さなワンステップを全員がやったらものすごい変化が起こる。 だから、 自分が小さなステップを踏んでいるときに自分を信じてもらうこと、 それが今一番大切だと思います。 プラネットを変える事ができるっていうことをみんな信じてほしい。

 

■WILDAID公式賛同者一覧

WILDAIDの活動はイギリスのウィリアム王子、 ハリウッド俳優のレオナルド・ディカプリオやジャッキーチェン、 実業家のサー・リチャード・ブランソンなど100名を超える著名人のパワーと影響力に支えられています。

2018年から活動をスタートした日本においても、 15名もの著名人に賛同いただいております。 (2020年3月現在)公式賛同者は、 俳優、 アスリート、 ミュージシャン、 ジャーナリスト、 経営学者、 アナウンサー、 区長など、 業界や団体を超え、 「#象牙を選ばない」という1つの共通の志を持っています。 これからも公式賛同者を増やしていき、 輪を広げる活動を推進してまいります。

本プロジェクト公式賛同者 15名(2020年3月現在)
上原大祐さん(パラリンピック銀メダリスト) / 石井竜也さん(ミュージシャン・アーティスト) / 岡西佑奈さん(書家) / 木佐彩子さん(アナウンサー) / 佐藤慧さん(フォトジャーナリスト) / ジャッキーヒョンさん(モデル・俳優) / ジェシカさん(ダンサー) / 高橋智史さん(フォトジャーナリスト) / 滝川クリステルさん(一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル代表理事) / ベッキーさん(女優) / 長谷部健さん(渋谷区長) / 保坂展人さん(世田谷区長・教育ジャーナリスト) / 廣瀬俊朗さん(元ラグビー日本代表選手) / 山村浩二さん(アニメーション作家・絵本作家) / 米倉誠一郎さん(経営学者・一橋大学名誉教授・法政大学教授) (五十音順)

 

■WILDAIDについて

WILDAIDはサンフランシスコに本部を置き、 世界12カ国を拠点に野生動物違法取引と密猟の撲滅に向けて、 消費者の理解をバックボーンに野生動物製品の消費をなくしていく取り組みを行っている環境保全団体。

公式サイト:https://wildaid.org/

 

■アフリカゾウの涙について

認定NPO法人アフリカゾウの涙は、 日本とケニアを拠点にアフリカゾウの密猟阻止と象牙の消費をなくすことを目標に、 二人のアフリカ育ちの日本人女性によって立ち上げられた団体。

公式サイト:https://www.taelephants.org/index.html

Tokyo Now Author