名古屋の冬の風物詩メ~テレ「名古屋行き最終列車2020」第8弾放送決定!

メ~テレ(名古屋テレビ)では、名古屋鉄道を舞台にした地域密着ドラマ「名古屋行き最終列車2020」を2020年1月27日(月)から4夜連続ドラマとして放送します。

2012年から始まり”名古屋の冬の風物詩”としてすっかり定着した「名古屋行き最終列車」は、今作で第8弾。六角精児さん、声優の花澤香菜さん、昨年から参加した寺島進さん、元宝塚のトップスター柚希礼音さんらが出演し、一年に一度のつづきの物語、寒さ厳しい冬の夜をほっこりさせる優しいドラマを視聴者にお届けします。

そして平成から令和に代わって初めての「名古屋行き最終列車」に大きな変化が訪れました。2012年の第一弾から出演してきた松井玲奈さんが卒業し、SKE48にそのバトンが受け継がれたのです。SKE48のメンバーは「もし私がSKE48に入っていなかったら」という世界の中で物語を展開して行きます。

SKE48の出演者(左から野島樺乃、江籠裕奈、須田亜香里、大場美奈、北野瑠華)

今回ドラマに参加する5人のメンバー(須田亜香里、大場美奈、江籠裕奈、野島樺乃、北野瑠華)と「もしSKE48に入ってなかったらいまどうしているか」を話し合った上で脚本を制作。彼女たちのアイドルでなかったら”あったかもしれない人生”が「名古屋行き最終列車」で語られます。

そのSKE48編は2月1日(土)深夜0時10分からの放送です。さらにSKE48のメンバーは4夜連続のドラマの各話に1名ないし2名登場しているのでファンの方はお楽しみに。

ということで今年の名古屋行きの新作は4夜連続+SKE48編の全5話の放送となります。

8年連続で出演・六角精児さん コメント
もう第8弾です。第1弾のころの写真を見るとずいぶん痩せていたのだなと驚きます。
今回は、鉄道ドラマの出演者として、鉄道を趣味とする者として、鉄道車両の最後を見送るドラマができたことは、ある意味一つの使命を果たせたのかと思います。一つの時代が終わって新たな時代に移り行く、まさに現在にマッチしたドラマとなっています。

今回新規参加するSKE48の須田亜香里さん コメント
名古屋の歴史ある人気ドラマに私たちが出演できることを知ったときは本当に嬉しい思いでした。そしてSKE48の先輩である松井玲奈さんが育んで来たドラマシリーズなので、この大切なバトンを決して落とすことなく、より素敵な成果を残して私たちも後輩に渡せるようがんばりました。個人的には、今まで伝えられなかった自分の個性を伝えられる!と思って楽しんで演じました。緊張したらそれはリアルじゃないと思うので、できるだけそのまんまの自分を出しました。素の須田亜香里を見ていただきたいと思います!

 

<番組概要>

メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車2020」

脚本:菊原共基

放送日時:2020年1月27日(月)~1月30日(木)4夜連続 深夜0時18分スタート
月曜~木曜深夜0:18~0:49
SKE48編 2020年2月1日(土)深夜0:10~0:41

放送回数:全5話
放送エリア:
・東海3県(愛知・岐阜・三重)
・ひかりTVにて4K配信 ※詳しくは番組ホームページへ

[出演者]
六角精児 柚希礼音 花澤香菜
石野真子 波岡一喜 今野浩喜 中島ひろ子 東根作寿英 谷花音 野澤しおり
窪塚俊介 上川周作 宮下かな子

寺島進

SKE48 須田亜香里 大場美奈 江籠裕奈 野島樺乃 北野瑠華

番組公式ホームページ: https://www.nagoyatv.com/nagoya_saishu2020/
番組公式ツイッター : https://twitter.com/nagoyayuki2019
番組公式インスタグラム: https://www.instagram.com/nagoyayuki2019/

Tokyo Now Author