Intimissimi(インティミッシミ)が秋冬2019コレクションのランウェイショーを開催!

イタリアンランジェリーブランドのIntimissimi (インティミッシミ )が、ヴェローナで秋冬2019コレクションのランウェイショーを開催しました。

秋冬2019-2020年のIntimissimi (インティミッシミ)のショー会場は、劇場を連想させるエントランスをくぐると、笑い声やヒールの音がゲストを迎え入れ、メインホールは白い壁とアイボリーカラーのファニチャーでデコレーションされています。

ショーのテーマは「ホワイト キャバレー」。無数のライト、ドラマティックなクリスタルであしらわれた盛大なシャンデリアは天井からぶら下がり、クラシックなカフェ・コンセールな雰囲気が漂うラインウェイがセットされています。

何もない白紙の状態を表現した真っ白なカラーリングは、女性が無地のキャンバスに好きな女性像を描ける意味を込めています。観客も楽しめるコンテンツも多く披露し、数々のアーティストによるライブアクトや、スペシャルパーフォマンスで、現代のフォリー・ベルジェールのような雰囲気の中、Intimissimiのモダンでコンテンポラリーな世界観を演出しました。

パフォーマンスの後、ランウェイのステージにはレースのトライアングルブラやパンツ、トーン・オン・トーンのセットアップ、センシュアルなバンドゥーやボディースーツも登場する中、ストレッチレザーのブラトップスが新しく登場しました。

そして期待のプリントシリーズは、ワイルドなレオパードやパイソンはチュール素材とミックスされ、またグレンチェックやプチポルカドットなどが登場しています。

イブニングの装いには、フリンジトリムのデヴォレ加工されたヴェルヴェット、ブドアールスタイルのダンテールレースや、艶やかなゴールドのランジェリーが登場しています。

Intimissimiのコレクションは、ランジェリーだけではありません。エレガントなメンズウェアにインスパイアされたシルクサテンのパジャマは、コントラストカラーのトリミングを活かしたジャケットと、流れるようなシルエットのズボンのセットアップで構成され、ホワイト、ブラック、アンティークピンク、レッドの4色展開されています。また、新しくなった着物スタイルのトップスには、パラッツォパンツやダブルのジャケットが合わせられ、細いストラップ付きのロングスリップや、サテンのタンクトップとショーツは、シームレスかつファッショナブルな仕上がりです。

レディースと並ぶ、モダンでスタイリッシュなメンズウェアラインは、ワンポイントのクラシックパジャマから、ドレッシングガウンやルームパンツが揃っています。すべてバリエーション豊かな厚さや生地感で、様々なオケージョンに対応しています。また、定番のエバーグリーンアイテムも登場し、エレガントなニットやアンダーウェアは、Intimissimiのメンズコレクションの中でもアイコニックでクラシックアイテムです。

ヘアメイクは、モダンキャバレーをイメージしています。有名へスタイリストかつMilk Shakeのグローバル アンバサダーであるフランコ・ゴビーは、今回パールを取り入れたヘアスタイルや、垂れるクリスタルを編み込んだヘアスタイルを提供しました。また、Mac Cosmeticsのグローバル シニア アーティスト、ミケーレ・マグナー二はツヤ感を主張した肌質とラインストーンを使ったメイクアップを披露しました。

会場には、Intimissimi (インティミッシミ)のキャンペーンでお馴染のサラ・ジェシカ・パーカーや、ブランドのアイコンでもあるモデルのイリーナ・シェイク、インフルエンサーのキアラ・フェラーニなど、世界中からゲストが来場しました。また日本からは、モデルの国木田彩良や佐藤マクニッシュ怜子が出席しました。

Tokyo Now Author