伊藤健太郎が「モンブラン特別賞」を受賞!「人の記憶に残る作品を作りたい」

『Forbes JAPAN』は、世界に多大な影響を与える30歳未満の30人、「30 UNDER 30 JAPAN 2019」のイベントを、9月12日(木)Mercedes me Tokyoにて開催しました。

「30 UNDER 30 JAPAN 2019」では、モデルの冨永愛さん、日本フェンシング協会会長 太田雄貴さんらアドバイザリーボードメンバーが、エンタープライズビジネス、アート、スポーツなど10部門から日本で活躍する30歳未満の計30名を選出しています。また、本企画にはビジネスライフスタイルブランド「モンブラン」の「Mark Maker」という取り組みの中で選ばれた人物がアドバイザリーボードとして参画しているだけでなく、「Mark Maker」の中でも最も活躍が顕著な30歳以下の人物が、モンブラン特別賞受賞者として参加しています。

当日は、「モンブラン特別賞」を受賞したドラマや映画で注目を集める気鋭の若手俳優・伊藤健太郎さんが登場。伊藤健太郎さんは、今回の受賞を受け「ファンの方にお会いする機会が増えたことで、自分のためだけでなく、応援してくださっている方々のために芝居をしたいという想いが強くなったため、今回役者としてこのような賞を受賞できて嬉しいです。受賞できたことを誇りに思ってこれからも頑張ります。」とコメント。

さらに、今年の「Mark Maker」に選出された書道家・紫舟さん、スマイルズ代表取締役社長・遠山正道さん、hey代表取締役社長・佐藤裕介さんらもゲストとして登場し、「これからどのような足跡を残したいか」についてトークセッションを行いました。伊藤健太郎さんは、「小学生の時に見た中井貴一さんの芝居が大人になっても記憶に残っていて、自分も何十年にもわたって人の記憶に残るような作品を作りたいです。」と語るなど、4名の登壇者の今後の展望や想いが詰まったトークセッションとなりました。

Tokyo Now Author