東野圭吾原作『希望の糸』の予告編ムービー公開!主演は女優・木村なつみ!

株式会社講談社より7月5日(金)に発売された東野圭吾の最新作『希望の糸』の小説予告編ショートムービーが公開された。

『希望の糸』は、 「家族」をテーマとした東野圭吾の「令和」初の書き下ろし長編ミステリー。小説予告編ショートムービーでは、 登場人物の娘・萌奈(木村なつみ)と父・行伸(吉増裕士)の葛藤している様子が描かれています。

 

<『希望の糸』について>

書名:希望の糸
著者:東野圭吾
発行・発売:講談社
定価:本体1,700円(税別)
ISBN:978-4065148945
発売日:2019年7月5日(金)

内容:
東野圭吾の最新長編書き下ろしは、 「家族」の物語。

「死んだ人のことなんか知らない。 あたしは、 誰かの代わりに生まれてきたんじゃない。 」
ある殺人事件で絡み合う、 容疑者そして若き刑事の苦悩。
どうしたら、 本当の家族になれるのだろうか。

ー彼は再生を願い、 彼女は未来を信じたー

閑静な住宅街で小さな喫茶店を営む女性が殺された。
捜査線上に浮上した常連客だったひとりの男性。
災害で二人の子供を失った彼は、 深い悩みを抱えていた。
容疑者たちの複雑な運命に、 若き刑事が挑む。

Tokyo Now Author