YAMAHA「はしれ!絵本」展 オープニングイベントを開催!斎藤工、ローランドが絵本の読み聞かせを初披露!

 ヤマハ発動機株式会社は、バイクユーザー40人のエピソードを元にオリジナル絵本を制作し、7月25日(木)~27日(土)に展示会「YAMAHA『はしれ!絵本』展」を開催。展示会に先立ち、7月25日(木)にYAMAHA「はしれ!絵本」展オープニングイベントをスパイラルガーデンにて行いました。

イベント冒頭は、YAMAHA「はしれ!絵本」展のプロジェクトムービーを放映。バイク愛溢れるライダーたちと家族の物語を描いた内容で、これまで家族に語られなかった、バイク乗りの面白さやバイク愛の豊かさが、絵本という形で家族に伝わって行く模様を描いた動画を紹介しました。

その後、スペシャルゲストとして、現在放映中のヤマハ発動機「LMWテクノロジー」のTVCMにも出演されている俳優でfilmmaker・白黒写真家・移動映画館主催と多岐に渡り活躍している斎藤工さんと、ヤマハ発動機のWEB動画始め、多岐に渡るジャンルで活躍され、現代ホスト界の帝王と称されているローランドさんが登場しました。

ステージでは、斎藤さんとローランドさんが子どもたちへ絵本の読み聞かせを実施。登場した子どもがママを探すシーンもありましたがお二人は優しく一緒にママを探してあげるなど子ども想いな一面も。読み聞かせでは、まずは、斎藤さんが挑戦し、暖かみのある穏やかな声で絵本を読み上げ、ローランドさんも読み聞かせを行いました。読み聞かせを受けた子どもは「楽しかった!」と滅多にない体験に喜んでいる様子で、ローランドさんも「子どもは素直なんで本当に楽しかったんだろうなと思います」と笑顔を見せました。

読み聞かせ後、トークは斎藤さんとローランドさんの幼少期のエピソードへ。斎藤さんは「ずっと自分以外のものが虚構で自分の人生が何かに映し出されていると感じる子供で、今より感性が研ぎ澄まされていたと思います」と意外な一面を明かしてくれました。

一方、ローランドさんは「僕は物心ついた時からローランドで中身は変わってなくて、年齢的にバイクは乗れなかったですけど、調子には乗ってましたね。サッカーをやっていて負けた時も、これは勝ちへの途中なんだと父に言っていましたね。」と、幼い頃からローランド節炸裂なエピソードを語りました。

さらに、結婚やその後の家庭像についても質問されると、斎藤さんは「子どもが同性同士だと照れくさいので背中や感覚的なもので通じ合えたらなと思います。」、ローランドさんは「そもそもこの見た目でハンデを背負っているので結婚できますかね。まずはメディア活動や仕事を通して老若男女問わずちゃんとした人間だと認知していただけるように頑張っていきたいです。」とそれぞれ理想の将来について話しました。

続いて、LMWテクノロジーの特徴である「刺激と安定」にちなんで、最近あった刺激的なエピソードについて質問されると、斎藤さんは「最近YouTubeで1分間でズボンのジップの上げ下げの回数に挑戦したりと、世界記録に挑戦していて、この前来週公開の動画で世界記録に並んだものがありまして、それへの挑戦自体が刺激的でした。またYouTubeの世界自体がすごく刺激的で、時代とともに変わるものと変わらないものの間にいる感覚を感じられるのががいいですね。」と独特の感性を披露。ローランドさんは子どもの頃安心して寝てしまったオーケストラ鑑賞の話をしながら「先日観に行った父のライブで安定感を感じて寝てしまいました。」とほのぼのとする親子エピソードを話してくれました。

続いて話は、最近大型バイクの免許を取得したローランドさんへ、免許取得までの道のりを伺いました。「お店のオープンと同じタイミングで教習所へ通い始めたのですが、通っているのがばれたくないなと思いまして。フルフェイスのヘルメットをかぶってそのまま待機室でも過ごしていたのでばれなかったですが、初夏のころはすごく暑かったです。」と当時を振り返りました。また、免許取得の1年後には二人乗りが可能になるということで、初めて後ろに乗せたい相手について質問すると「やっぱり双子の妹ですかね。僕は妹大好きなんですが、妹が僕のことを好きでないので、密着できるバイクをきっかけにお兄ちゃんかっこいいなって思ってもらいたいですね。」と妹に対する思いを告白しました。また、免許取得後バイクで行った場所へ聞かれると、「撮影で伊豆に行きまして、視界が先が見えないぐらい濃い霧で大丈夫かと思いましたが、それでもNIKENは前二輪の安定感を感じて走ることができました。安定感といえば、LMWか公務員かと思うぐらいでした。」とここでも名言が。さらに世の中にあるバイクの種類について聞かれると「たくさん種類があるとは思うんですが、結局世の中には2種類のバイクしかなくて、YAMAHAかそれ以外か」とローランド節で会場を沸かせました。

イベントで多々見られたローランドさんの名言。斎藤さんは、LMWテクノロジーとローランドさんどちらが刺激も安定も両立していたかについて聞かれると「名言やいでたちもあるんですが、過去に共演した時から芯の部分にある誠実さが変わってないので、ローランドさんですかね。」とコメントしました。

最後に、全国のバイクファンとこれからバイクに乗ってみようと思っている方へ向けて、斎藤さんは「安定感があった上で刺激的な見た目をしています。そしてバイクには自由を感じるのですが、今の時代だからこそ是非LMWで自由・自分の意志を手に入れて下さい。」と思いを語り、ローランドさんは「刺激と安定という普通であれば合わさらない欲張りなバイクなんですけれどもそういったお得感・欲張りさを味わっていただきたいなと思います。」とメッセージを残しました。

 

■囲み取材(一部抜粋)

Q. お子さんへの読み聞かせについて
斎藤さん: 年齢的に父親役も増えて子役さん接することも結構最近ありますね。大人が子ども扱いすることに子どもは気づいているので、忘れてるだけで子どもの頃は一番神経が敏感だったなと思い出しました。
ローランドさん: なかなかないですよね。僕と子どもの絵はかなりシュールだったと思います。でも楽しかったですね。楽しく聞いてくれたし、子どももいけるなと手応えありました。ファンの幅の未来を感じました。

Q. NIKENについて
斎藤さん: 夢がありますよね。NIKENは刺激だけでなくて安定感もあり現代的な要素を持った未来型のマシーンというイメージがあります。
ローランドさん: バイクに乗る以前は、自然とか外の空間を味わえる刺激的な乗り物だという位置付けだったんですけど、それに加えてNIKENは安定感もあり両立しているという意味では“ヤンキーが優しかった・ヤンキーが頭良かった”のようなポジティブな衝撃があって。コーナーを曲がる時も前二輪の安定感があって。ヤンキーが優しかった時の嬉しさみたいな気持ちを味わえるのが良いところだなと。

Q. 久々の共演でしたが、今のお互いの印象は
斎藤さん: 前の印象から変わらないですが、メディアがフィーチャーするローランドさんの印象をしっかり引き受けて、とても誠実な方だなと思っています。親戚のおじちゃんって言ってくれます。
ローランドさん: こんなにかっこいい親戚のおじちゃんいたら最高ですよね。売れると横柄な態度をとる方っていますが、地に足ついてる素敵な方だなと思っています。今日共演できて良かったです。」

 

■『YAMAHA「はしれ!絵本」展』について

開催期間:2019年7月25日(木)~2019年7月27日(土)
開催時間:11:00~20:00
場所:スパイラルガーデン (〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23)
特設サイトURL:https://ehon.yamaha-motor.co.jp

概要:
ライダーのエピソードを描いた40種類のオリジナル絵本の展示、NIKENにまたがって写真を撮れる絵本型フォトブース、オリジナル絵本メーカーの体験など

Tokyo Now Author