横浜音祭り2019「街に広がる音プロジェクト」に、東京ゲゲゲイや東儀秀樹らの出演決定!

横浜音祭り2019の会期中(2019年9月15日(日)~11月15日(金))、週末を中心に
開催する「街に広がる音プロジェクト」のゲスト出演者が発表された。

7月にグループ初の「ACOUSTIC LIVE」を成功させたばかりのアーティスト集団 東京ゲゲゲイや“雅楽界の貴公子”と呼ばれている 東儀秀樹、英国最古の伝統を誇る英国近衛軍楽隊 グレナディアガーズバンドなどが観覧無料のステージに出演します。

 

■主な出演ゲストアーティスト

東京ゲゲゲイ(アーティスト集団)

日程:9/21(土)
会場:クイーンズスクエア横浜 クイーンズサークル
内容:東京ゲゲゲイと生バンドによるスペシャルアコースティックライブ。

東儀秀樹(雅楽師)

日程:9/28(土)
会場:ランドマークプラザ 1F サカタのタネ ガーデンスクエア
内容:雅楽の楽器・篳篥の雄大な響きを体感できるステージ。
横浜音祭り2019ディレクターの新井鴎子(※鴎子の鴎の正式な表記は區に鳥です。)とのプレトークも実施。

英国近衛軍楽隊 グレナディアガーズバンド(吹奏楽)

日程:10/14(月・祝)
会場:元町ショッピングストリート
内容:総勢40人の英国最古の伝統を誇る近衛軍楽隊による勇壮なパレード。

平田耕治(バンドネオン奏者)

日程・会場:9/22(日)JR桜木町駅前広場、9/28(土)MARK IS みなとみらい 1F グランドガレリア
内容:バンドネオンの哀愁漂う音色で、極上のアルゼンチン・タンゴステージをお届け。

澤田勝秋(津軽三味線奏者)

日程:10/27(日)
会場:クイーンズスクエア横浜 クイーンズサークル
内容:津軽三味線界の巨匠による民謡ステージ

神奈川フィルハーモニー管弦楽団(オーケストラ)×川村美紀子(ダンサー)

日程:9/29(日)
会場:ランドマークプラザ 1F サカタのタネ ガーデンスクエア
内容:フルオーケストラとコンテンポラリーダンスのコラボステージに注目。

[出演ゲスト]
Mamadou Doumbia & Friends(アフリカ関連アーティスト)
日程:8/25(日)
会場:日本大通り(マグカル開放区会場)
内容:アフリカの楽器演奏によるステージ(第7回アフリカ開発会議横浜開催推進事業)

英国ロイヤルオペラ
日程:9/8(日)
会場:ランドマークプラザ 1F サカタのタネ ガーデンスクエア
内容:9月14日(土)・16日(月・祝)・22日(日)に神奈川県民ホールの本公演に向けてのPRを行うミニステージ。

Out Of Theater(ストリートミュージカル)
日程:9/16(月・祝)
会場:元町ショッピングストリート
内容:様々なミュージカルシーンを街中で展開するエンタテインメントショー。

横浜市消防音楽隊、消防音楽隊WS参加校
日程・会場:
・9/20(金) クイーンズスクエア横浜クイーンズサークル
・9/23(月・祝) クイーンズスクエア横浜クイーンズサークル、横浜港大さん橋国際客船ターミナル、ららぽーと横浜
・9/29(日) 横浜駅東口はまテラス
・10/20(日) ランドマークプラザ 1F サカタのタネ ガーデンスクエア
内容:市内で活躍する、横浜市消防音楽隊と横浜音祭り2019の次世代育成事業である、
「横浜市消防音楽隊による中学校吹奏楽部ワークショップ&演奏会」の参加校が、成果発表として演奏会を実施。
※ららぽーと横浜、はまテラスでは、横浜市消防音楽隊は演奏しません。
※消防音楽隊WS参加校の詳細は、横浜音祭り公式ウェブサイトをご覧ください

アマネトリル
日程・会場:9/21(土) クイーンズスクエア横浜 クイーンズサークル、10/20(日) グランモール公園 円形広場
内容:懐かしさと都会的な雰囲気を共存させたポップな楽曲をお届け。

フェリス女学院大学 音楽学部
日程・会場:
・10/12(土) たまプラーザ テラス ゲートプラザ1F フェスティバルコート
出演:フェリス・トランペット・トリオ、井出朋子&フェリス・フルート・アンサンブル
・10/26(土) クイーンズスクエア横浜 クイーンズサークル
出演:Chrumi、フェリス・弦楽アンサンブル
・11/2(土) クイーンズスクエア横浜 クイーンズサークル
出演:フェリス・フラウエンコーア

ミズノマリ from paris match
日程:10/12(土)
会場:たまプラーザ テラス ゲートプラザ1F フェスティバルコート
内容:ジャストリオをバックに、salon de mariライブをお届け。

 

<開催概要>

横浜音祭り2019(ヨコハマオトマツリ ニセンジュウキュウ)

会期:2019年9月15日(日)~11月15日(金) <62日間>
会場:横浜市内全域 (横浜の“街”そのものが舞台)
ジャンル:クラシック、ジャズ、ポップス、日本伝統音楽などオールジャンル
プログラム数:約300
ディレクター:新井鴎子
主催:横浜アーツフェスティバル実行委員会
共催:横浜市、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

後援:観光庁、神奈川県、公益財団法人神奈川芸術文化財団、公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー、横浜商工会議所、一般社団法人横浜青年会議所、神奈川新聞社、NHK横浜放送局、TVk(テレビ神奈川)、アール・エフ・ラジオ日本、FMヨコハマ、横浜市ケーブルテレビ協議会

助成:平成31年度 文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業

協賛:ナイス株式会社、日産自動車株式会社、三井不動産グループ、三菱地所グループ、コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社、株式会社JVCケンウッド、スターツグループ、株式会社そごう・西武 そごう横浜店、株式会社高島屋 横浜店、横浜銀行、イーエムティー株式会社、上野トランステック株式会社、株式会社キタムラ、崎陽軒、クイーンズスクエア横浜、ケン・コーポレーション グループ、株式会社サカタのタネ、J:COM、凸版印刷株式会社、NEC、原鉄道模型博物館、NTT東日本、株式会社ヤマハミュージックジャパン

協力:キリンビール株式会社、京浜急行電鉄株式会社、相鉄グループ、東京急行電鉄株式会社、富士ゼロックス株式会社、横浜信用金庫

認証:beyond2020プログラム

公式サイト:https://yokooto.jp/

Tokyo Now Author