2020年6月上演、夏木マリ演出の舞台「印象派NÉO vol.4」に土屋太鳳の出演決定!

エンターテインメントの第一線を走り続ける夏木マリが、2020年6月3日(水)~6月7日(日)の5日間、世田谷パブリックシアターで3年振りの新作『印象派NÉO vol.4「ピノキオの終わり」』を開催。その舞台にテレビや映画、舞台で大活躍の女優・土屋太鳳の出演が決定しました。

夏木マリは、オーストラリア出身の歌手・シーアの「アライヴ」日本版ミュージックビデオで魅せた土屋太鳳のダンスパフォーマンスに魅了され、数年間かけてラブコール。今回実現が実り今作品も革新的にクリエイションに臨みます。

出演が決まった土屋太鳳は『子どもの頃から抱く「夏木マリという表現者」への憧れと畏怖。それが「マリさんという人」への尊敬に変わり、その尊敬が憧れと畏怖を加速させ、もっとマリさんを知りたい!と渇望して出会えた扉が「印象派」です。この稀有な世界に挑戦する資格があるのか自問しつつ、憧れと畏怖が沸点に達する瞬間に辿り着こうと思います。』と意気込みを寄せています。

演出家、夏木マリが創る土屋太鳳との新しい印象派に是非、ご期待ください。

 

<公演概要>

印象派NÉO vol.4「ピノキオの終わり」

日時:2020年6月3日(水)~6月7日(日)
会場:世田谷パブリックシアター(東京都世田谷区太子堂4-1-1)
演出:夏木マリ
出演:土屋太鳳、Mari Natsuki Terroir(マリナツキテロワール)
振付:井手茂太(イデビアン・クルー)/ 小㞍健太 / 長谷川達也(DAZZLE)
Webサイト:http://inshouha-neo.com

2020年【印象派NÉO】童話シリーズ第4弾
子供ごころを失わずいつも新鮮に生きたいと感じますが、子供に読み聞かせる童話は、大人こそが読まなければいけないバイブル。そんな想いで【印象派NÉO】では、過去「わたしたちの赤ずきん」「灰かぶりのシンデレラ」「不思議の国の白雪姫」と作品を上演してきました。童話の残酷性と現代社会のアンチテーゼを演出コンセプトに新作は「ピノキオ」を題材にした作品を上演します。

Tokyo Now Author