世界中で絶賛!中国伝統演劇の手法を盛り込んだ新解釈の『リチャード三世』4月5日(金)~7日(日)日本初演

2012年に開催されたロンドンオリンピック関連事業「ワールド・シェイクスピア・フェスティバル」で好評を博し、世界各国で上演を続けている中国国家話劇院『リチャード三世』が、東アジア文化都市2019豊島 スペシャル事業として、4月5日(金)~7日(日)、東京芸術劇場プレイハウスにて日本初演します。

中国でもっとも歴史があり国内演劇をリードし続ける中国国家話劇院による新たな「リチャード三世」は、王暁鷹(『覇王歌行』他)による、中国の伝統演劇の技巧や文化的要素と現代的視点や表現方法を融合させた演出が「魅惑的」と世界中から賞賛されているのはもちろんのこと、中国国家芸術院団優秀演目賞、優秀俳優賞(リチャード三世役・張皓越)などを受賞し高い評価を得ています。

演出家・王暁鷹よりコメント
「シェイクスピア400年の演劇世界は、イギリスや西洋だけのものではなく、中国のものであり、日本のものであり、韓国のものであり、そして世界のものなのです。東方世界の表現様式によってシェイクスピアを上演することは、世界と共にシェイクスピアの楽しみを分かち合うことなのです」

 

<見どころ>

京劇をはじめとする中国の伝統演劇は「写意」の芸術といわれ、俳優は象徴的な小道具しか持つことを許されず、自分の存在感だけで観客を引きつけ、自分の演技だけで舞台にないものをあるように見せる必要があります。

この『リチャード三世』もまた、建造物のような大装置も、スポットも暗転も、めくるめく光の乱舞も舞台上には存在せず、京劇独特の「一卓二椅(いったくにい=机一つと椅子二脚)」といわれる、からっぽに近い舞台の上に、宮廷の密室やロンドン塔の牢獄、ロンドンの街角、そして血腥い戦場を、俳優が身一つで描き出します。

主人公リチャード三世を演じるのは、TVドラマにも数多く出演している人気俳優で、本作で国家芸術院の「優秀俳優賞」を受賞した実力派の張皓越(ちょう・こうえつ)。また、本作のために中国国家京劇院から招かれ、京劇の繊細優美な台詞回しと現代劇的心理表現で高い評価を得る張金(ちょう・きん)のアン・ネヴィルが魅せます。

また、チェン・カイコーやジャ・ジャンクーといった巨匠監督が作品を再現し、チャン・ツィーなどの有名俳優が審査員をつとめる、役者たちが演技力を競う中国の大人気テレビ番組「我就是演員」(訳:私は役者)で準優勝となった塗松岩(と・しょうがん)がバッキンガム公を演じるなど実力派キャストに要注目です!

 

<リチャード三世(公演写真)>

 

<公演概要>

日程:2019年4月5日(金)19:00、4月6日(土)15:00★、4月7日(日)15:00
★公演後、ポストパフォーマンストークあり(司会:飯塚容 通訳:福井官奈)
受付開始、ロビー開場:開演60分前/開場:各回30分前

会場:東京芸術劇場プレイハウス(東京都豊島区西池袋1-8-1)

料金:全席指定(税込)
一般(前売)S席 7,000円、A席 4,000円
一般(当日)S席 7,500円、A席 4,500円
U25(25歳以下) 2,000円
高校生以下  1,000円
*25歳以下は公演当日要年齢証明書、高校生以下は公演当日要学生証
※未就学児入場不可/託児サービスあり
車いすで観劇をご希望の方は東京芸術劇場までお問い合わせください。

上演言語:中国語(日本語字幕付)
チケット取扱い・お問い合わせ:東京芸術劇場ボックスオフィス
オンライン:http://www.geigeki.jp/t/
窓口:東京芸術劇場1階/休館日を除く午前10時から午後7時まで
電話:0570-010-296(ナビダイヤル)/休館日を除く午前10時から午後7時まで
中国国家話劇院「リチャード三世」

作:ウィリアム・シェイクスピア
演出:王暁鷹(オウ・ギョウヨウ)

[出演]
リチャード三世(グロスター公):張皓越(チョウ・コウエツ)
バッキンガム公        :塗松岩(ト・ショウガン)
エドワード四世        :田征(デン・セイ)
マーガレット         :余南南(シャ・ナンナン)
アン/王太子         :張金(チョウ・キン)
ヘイスティングス卿      :李曄(リ・ヨウ)
エリザベス          :王景樺(オウ・コウカ)
リッチモンド伯        :李建鵬(リ・ケンホウ)
ジョージ(クラレンス公)   :王力夫(オウ・リキフ)
リヴァーズ伯/ケイツビー   :趨一正(スウ・イッセイ)
刺客/ティレル        :張志勇(チョウ・シユウ)・蔡景超(サイ・ケイチョウ)
打楽器            :王佳男(オウ・ケイナン)

照明関連       :温曉楠
音響         :陳兵
衣裳         :劉旋、温聡聡
メイク        :申水、甘玉亭
舞台装置       :張新君、李少鵬
全体統括       :周莉
舞台監督       :王志強
テクニカルマネジメント:謝可
製作         :中国国家話劇院

 

<東アジア文化都市2019豊島 スペシャル事業>

主催:
豊島区 東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
公益社団法人ITI国際演劇協会日本センター(ITI/UNESCO)
一般社団法人国際協力交流センター

後援:中華人民共和国駐日本国大使館
協力:日中演劇交流話劇人社

Tokyo Now Author