ハリウッド、アジアでグローバルに活躍する森崎ウィンが、世界に向けて開幕宣言!『ユニバーサル・クール・ジャパン 2019』

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、 1月18日(金)の『ユニバーサル・クールジャパン 2019』グランド・オープニングに先駆け、1月17日(木)にオープニング・セレモニーおよびプレスプレビューを開催しました。

オープニング・セレモニーには、 世界中を熱狂させる日本の“クール”なエンターテイメント・ブランドのアトラクションを体感しようと、 国内だけでなく世界23の国と地域からメディアやファン約400名 が集結。 さらに、 昨年、 鮮烈なハリウッドデビューで話題を攫った大注目の俳優・ミュージシャン 森崎ウィンさん が、 凛々しい羽織袴姿で駆けつけました。 待望の「ユニバーサル・クールジャパン 2019」の開幕に、 会場が総立ちとなって期待と興奮で盛り上がり、 サプライズで登場した森崎さんは大歓声で迎えられました。 「名探偵コナン」「ルパン三世」「進撃の巨人」「ゴジラ」「エヴァンゲリオン」「美少女戦士セーラームーン」の6大作品 の巨大ビジュアルが設置された会場に、 各作品のテーマ音楽が響きわたり、 ファンの熱気が最高潮に達するなか、 日本のみならずアジア、 そしてハリウッドとグローバルに活躍する森崎さんが、 「世界が羨む、 日本を楽しめ!ユニバーサル・クールジャパン、 スタート!」と開幕を宣言。 会場は紙吹雪に包まれ、 国内外のファンが一体となって拍手と大歓声で熱狂的に開幕を祝いました。

森崎さんは、 「ユニバーサル・クールジャパンを一足先に体験しましたが、 世界観とクオリティがホントにクールで、 昔から愛した作品の中に初めて入ることができて、 ワクワク感がとまりませんでした 。 世界最高峰の作品世界に入り込むことで、 自分の殻が一つも二つも破けて、 出会ったことのない自分に会える、 と確信して言えます。 I just wanna say “Don’t miss it. Let’s enjoy Universal Cool Japan. OK?!」”と「ユニバーサル・クールジャパン 2019」の開幕の興奮を語りました。

 

■『ユニバーサル・クールジャパン 2019』を先行体験した森崎さんのコメント

『名探偵コナン・ザ・エスケープ ~紺青(こんじょう)の序幕(プロローグ)~』
結構、 謎解き難しいです!早起きして、 頭をフレッシュに、 すっきりしていかないと解けないですよ、 皆さん。 コナンの世界観がしっかりと描かれているので、 そこも堪能できました。 ぜひリアルで体験してほしいです。

『ルパン三世カーチェイスXRライド』
本当に楽しくて! 純粋に「楽しい」って言葉が、 こんなにも体から反射的に出ることってないなと実感しました。 普通のVRとは全く違う世界観が味わえます。 目の前にルパンや不二子、 次元までいて夢のようでした。 どうやってつくっているんだろう、 、 、 すごい!

サマー・タームのアトラクションについて
いやー、 もう待ちきれないですよね、 日本を代表する作品達が、 一気に集まるって、 二度と起きないんじゃないかとワクワクしています。 今のうちにマネージャーにいってオフとっておきます!

 

■『ユニバーサル・クールジャパン 2019』について

世界中から絶大な支持を集める日本の“クール”なエンターテイメント・ブランドを集結させ、 それぞれの世界観の中でお楽しみいただけるアトラクションを毎年、 期間限定でお送りしている「ユニバーサル・クールジャパン」。 2015年の初開催以来5年目にあたる『ユニバーサル・クールジャパン 2019』は、 初登場となる「ルパン三世」に加え、 これまでにたいへん好評をいただいた「名探偵コナン」「進撃の巨人」「ゴジラ」「エヴァンゲリオン」「美少女戦士セーラームーン」の“6大作品”が、 全身でその世界観を体感できるパーク史上最多*1の“8つのアトラクション”として登場する、 “史上最大スケール”での開催となります。 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンならではの想像力、 再現力による、 作品の世界観への圧倒的な没入感、 臨場感を、 “史上最大スケール”で体験できる、 ここにしかないクールジャパンにご期待ください。

原作/青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中) (C) 2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会 (C)モンキー・パンチ/TMS・NTV
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会  TM & (C) TOHO CO., LTD. (C)カラー (C)Naoko Takeuchi 書・紫舟
TM & (C) Universal Studios. All rights reserved.
(C) SCRAP All rights reserved.

Tokyo Now Author