関ジャニ∞も大感動!USJ、冬のWセレモニー開催

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、11月7日(水)、冬の期間限定イベント『ユニバーサル・ワンダー・クリスマス』を一般公開に先駆けて、報道陣に初公開。今年でフィナーレとなるクリスマス・ライブショー『天使のくれた奇跡』のクライマックスでは、クリスマスツリーが点灯した瞬間、ギネス世界記録を8年連続で更新。さらに、『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』では、エリア誕生以来、最大となる魔法がホグワーツ城にかかる『ホグワーツ・マジカル・ナイト』も同時に解禁。人間界と魔法界、2つのクリスマス・モーメントが、冬のパークの夜空を華々しく彩りました。

「天使のくれた奇跡III~The Voice of an Angel~」終了後、クリスマス・アンバサダーを務める「関ジャニ∞」がサプライズで登場すると、会場は割れんばかりの拍手と歓声が沸き起こり、感動から一転、笑顔が広がりました。

『ホグワーツ・マジカル・ナイト』、『天使のくれた奇跡III ~The Voice of an Angel~』と、冬のパークの夜を彩る人間界と魔法界での2つのクリスマスショーで“Wセレモニー”を体験した関ジャニ∞のメンバーは、「メンバーのみんなにもここに来てくださったみなさんにも『ありがとう』を伝えたくなる」(錦戸亮さん)、「USJから全国へ『ありがとう』の気持ちを届け、暖かさに包まれるクリスマスにしたい」(大倉忠義さん)、「世界最高のエンターテインメントを見届けていただきたい。関ジャニ∞も胸をうたれた。みなさんにも実際に足をはこんでほしい」(横山裕さん)と、10年間感動を届け続けてきた『天使のくれた奇跡』の存在に、そしてUSJに『ありがとう』という気持ちを、メンバーそれぞれの言葉で語りました。

また、村上信五さんより、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの冬のシンボルであるクリスマスツリーが8年連続で電飾数世界最多のギネス記録を更新(58万806個、2018年10月23日現在)したことが発表されました。関ジャニ∞のメンバーは『天使のくれた奇跡III ~The Voice of an Angel~』を鑑賞した後、「ありがとう!」と叫ぶメンバーもいるほど、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが誇る、クリスマス・エンターテイメントを満喫しました。

 

■ハリー・ポッター、エリア開業以来“最大の魔法”『ホグワーツ・マジカル・ナイト』が解禁

『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』では、エリア開業以来、最大の魔法がホグワーツ城にかかる『ホグワーツ・マジカル・ナイト ~ウインター・マジック~』がついに解禁されました。雪化粧の魔法界で繰り広げられるエンターテイメントでは、ホグワーツ魔法学校の生徒による魔法でホグワーツ城が次から次へと美しいシーンへと姿を変えると、特別に招待されたハリー・ポッターファンからは感嘆の声があがりました。

ショー終了後には、パーク開業以来初となるクリスマス・アンバサダーに就任した「関ジャニ∞」がサプライズで登場。この世界最大の冬の魔法で彩られたホグワーツ城をバックにフォトセッションを行いました。

関ジャニ∞のメンバーも、「魔法にかかったホグワーツ城は、これまでの比にならない最大の魔法。最後のクライマックスの光の魔法は本当にすごかった。ぜひ皆さんにも見てほしい」(丸山さん)、「ハリー・ポッターエリアの建物の屋根に雪が積もっていて、今まででみた雪景色の中で一番感動的でした」(大倉さん)、「大好きなハリー・ポッターエリアで、冬だけに楽しめるホットバタービールを飲みながら冬の魔法界にどっぷりつかりたい」(錦戸さん)と、特別な魔法の世界にすっかり夢中になった様子で語りました。

 

■クライマックスには「ユニバーサル・イリュージョン・ツリー」が8年連続でギネス世界記録を更新!いよいよ今年フィナーレ「天使のくれた奇跡III ~The Voice of an Angel~」

10年目の今年、ついにフィナーレの年をスタートさせる、世界最高の栄誉にも輝いたクリスマス・ライブショーのシリーズ最終章『天使のくれた奇跡III ~The Voice of an Angel~』が幕を開けました。

音楽が鳴り響くとともに、このショーの代名詞でもある壮大なプロジェクション・マッピングがステージ全体をまばゆいばかりに覆い尽くすと、あまりにも華やかな幕開けにゲストからは割れんばかりの感嘆の声が響き渡りました。テンポよく、目まぐるしく移り変わるステージ上では、“親子愛”をテーマに、壮大なスケールと繊細な物語が紡ぎだす珠玉のストーリーが繰り広げられました。

ショーのクライマックスには、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの冬の象徴『ユニバーサル・イリュージョン・ツリー』が点灯。華やかなパイロ(演出用花火)やコンフェティ(紙ふぶき)とともに感動のモーメントがエリア全体を覆いつくし、感嘆の声が響き渡り、感動のあまり胸を熱くしているゲストも多く見受けられました。

特別に招待されたゲストは、「子供がまだ小さい時から見に来ていて、3部作ともすべて見ました。あれからもう10年たったんだな、という感動もありますし、特に今回は親子愛がテーマということもあって、感動もひとしおでした。天使が宙に舞いあがるところが一番ジーンとしました。今回10年目で最後というのは寂しいですが、来年は何が来るのか今から楽しみです。」(大阪府/12歳の女の子と母親)「今回初めて観ましたが、すごく感動しました。今年最後ということでもう見れなくなってしまうのはすごくさみしいし、もっと早くに観に来ていればよかったと思いました。すごく感動的なストーリーなので、カップルや家族と一緒に見てほしいと思いました。」(奈良県/20代カップル)と語りました。

 

HARRY POTTER characters, names and related indicia are © & ™ Warner Bros. Entertainment Inc. J.K. ROWLING`S WIZARDING WORLD™ J.K. Rowling and Warner Bros. Entertainment Inc. Publishing Rights © JKR. (s18)

Tokyo Now Author