日中合作映画「在乎你(ツァイフーニー)邦題:逢いたい」が2018東京・中国映画週間オープニング上映決定!

日中合作映画「在乎你(邦題:逢いたい)」が、10月19日(金)から10月26日(金)の期間で開催される「2018東京・中国映画週間」の”オープニング作品”として公開上映されます。10月24日(水)には、東京都写真美術館ホール (恵比寿) にて作品上映後に舞台挨拶が予定されており、10月25日(木)から同時開催される東京国際映画祭のオープニングイベントでは、主演ユー・フェイホン(俞飛鴻)ほか、木下彩音、前田公輝がレッドカーペットに登壇します。

キャスト
俞飛鴻(ユー・フェイホン)大沢たかお
星由里子 鶴見辰吾 木下彩音
卢洋洋(リュー・ヤンヤン)前田公輝
周鉄(ツォー・ティエ)馬吟吟(マー・インイン) 他

ストーリー
 主人公、袁元(ユェンユェン)は中国ファッション界を牽引するトップデザイナー。北京で開催される新ブランドのオープニングパーティー、そこに現れた彼女のファンであるというひとりの若い女性。ユェンユェンの目に映るのは、20年前日本で出会い、愛した男性「富哉」の娘だった。時を超え、国を超え、二人の想いが再び交差する。

映画のみどころ
映画「在乎你(ツァイフーニー)」は全編にわたり中国の近代化と、対照的に全てを包み込むかのような北海道の情景美で映し出され、時の流れの中で、想い合う2人の大人のストーリーが展開されていきます。過去の自分が選んだ道に苦悩する女性デザイナー役を中国演技派女優である俞飛鸿(ユー・フェイホン)が、そして、その想い人である北海道最北の酒蔵の蔵主を大沢たかおが演じます。伝統を重んじ日本美を放つ酒蔵の女将を、恋に落ちた若き2人の愛を試すかのように、星由里子が鬼気迫る演技で体現してゆきます。異なる文化と愛のカタチ、時を超え、未来へ繋がる切ない想いを映像美と日中の演技派俳優がひとつの物語として紡いでいきます。本作品は、故・星由里子の遺作(海外映画作品)としても注目されています。

スタッフ
エグゼクティブプロデューサー:浮乐莲(ローラ・フー)
監督:   畢國智(ケネス・ビー)
脚本:   畢國智(ケネス・ビー)
賈佳薇(ジャ・ジャウイ)、張莉莉(チャン・リリ)
撮影:   Roman Jakobi
美術:   張世宏(シルバー・チャン)
音楽:   杜笃之(ダン・チーツー)

Tokyo Now Author