永野芽郁・北村匠海のW主演で感涙のラブストーリー『君は月夜に光り輝く』の映画化が決定!

 株式会社KADOKAWAが発行する感涙のラブストーリー『君は月夜に光り輝く』(著・佐野徹夜、メディアワークス文庫)が、永野芽郁(ながの めい)と北村匠海(きたむら たくみ)のW主演により、2019年3月15日(金)公開で映画化が決定しました。

©2019「君は月夜に光り輝く」製作委員会

小説『君は月夜に光り輝く』は、大切な人の死から、少しだけなげやりに生きている高校生・岡田卓哉(おかだ たくや)と、月の光を浴びると体が淡く光る不治の病「発光病」にかかった余命わずかのクラスメイト・渡良瀬まみず(わたらせ まみず)との交流を描いたラブストーリーです。著者・佐野徹夜のデビュー作である本作は、日本最大級の小説公募新人賞「第23回電撃小説大賞」で審査員から高い評価を受け、《大賞》を受賞。審査員ほか多くの作家から絶賛され、2017年2月の発売以来“圧倒的な感動作”として、幅広い世代に読まれているベストセラーです。2018年9月現在、『君は月夜に光り輝く』は累計発行部数30万部を突破しています。

映画『君は月夜に光り輝く』で、難病のヒロイン・渡良瀬まみずを演じるのは、NHK連続テレビ小説「半分、青い」(2018年度前期)でその演技力が高く評価され一躍全国区となった女優・永野芽郁。同級生の岡田卓也を演じるのは、『君の膵臓をたべたい』でアカデミー賞新人俳優賞を受賞し、ダンスロックバンド・DISH//のメンバーとしても活躍する 北村匠海。若手俳優陣の中でも抜群の演技力を持つ2人が、確実に迫りくる死に向き合いながらも「人生の質」を求めることを選択し、強く美しく生きる高校生を瑞々しく演じます。そのほかに、甲斐翔真、松本穂香、今田美桜、優香、生田智子、長谷川京子、及川光博と、フレッシュなキャストから実力派まで多彩なメンバーが集結。

監督・脚本は、第41回日本アカデミー賞優秀作品賞、話題作品賞を受賞した映画『君の膵臓をたべたい』を手がけ、人間描写に定評のある 月川翔 が務めます。

映画化の決定した『君は月夜に光り輝く』と、珠玉の物語を紡ぎ出す作家・佐野徹夜の活躍にご期待ください。

 

◆映画『君は月夜に光り輝く』

【出演】
永野芽郁 北村匠海
甲斐翔真 松本穂香 今田美桜 / 優香 生田智子 長谷川京子 及川光博

【監督・脚本】月川翔 (『君の膵臓をたべたい』『センセイ君主』ほか)
2019年3月15日(金) 全国東宝系劇場にて公開
©2019「君は月夜に光り輝く」製作委員会

©2019「君は月夜に光り輝く」製作委員会

 

◆『君は月夜に光り輝く』映画化にあたってのコメント

渡良瀬まみず役:永野芽郁
最初にお話をいただいた時から絶対にやりたい!と思う役だったので、月川監督の作品に出演できるという喜びと、まみずという、色んな時間を重ねていく度に魅力的な儚さを持つ女の子を演じることができるのが本当に嬉しいです。朝ドラ出演後、初の映画出演となりますが、なんだか朝ドラのテンポ感に慣れてしまって、久々の映画の現場に緊張しています。そして久々に違う女の子を生きる不安もありますが、新鮮な気持ちで向き合って頑張りたいと思います。北村匠海さんとはまだあまり現場でご一緒していないのですが、居心地の良い方なので、最後まで穏やかに落ち着いた雰囲気のままできるんじゃないかなと勝手に思っています(笑)。原作を読んでみて、まず表紙を見たときに、とても綺麗なのにどこかとても儚い印象がありました。最後まで読み終わったときに表紙の意味が分かって泣きました。まみずの心の言葉を自分が演じる事で壊さないように、お守りとして原作と共に撮影に臨みたいと思います。

岡田卓也役:北村匠海
今回、”君は月夜に光り輝く”にて岡田卓也役を演じることになりました北村匠海です。まず月川監督とまた映画を作れることが純粋にすごく嬉しかったです。温もりがあり、そして緊張感もある現場で芝居をすることがとても楽しみでワクワクしています。原作、台本を読んでみて、すごく純度の高い、そして人として大事なテーマである”命”を扱う映画に再度起用して頂けたことについて、とても感慨深く、”卓也”を精一杯生き抜きたいと思います。素敵なキャスト・スタッフの皆様と、そして初共演の永野芽郁さんとこの物語を大切に紡いでいきたいと思うと同時に、僕自身この作品に真正面から向き合って変わらない映画への愛を注いでいきます。完成を楽しみにしていてください!

監督・脚本:月川翔
あらすじを読むと[肌が光る病気の話]と思うかもしれません。しかしこれは[命の輝き]を描く物語です。命が終わろうとするときに、新たな始まりを見つける光のような。原作は佐野徹夜さんのデビュー小説であり、佐野さんの人生に根差した大切な一作だと感じました。心して映画化に臨みます。主演の永野芽郁さんは、僕がこの原作を読んでいる時期にCMでご一緒して、イメージにピッタリだと運命的に感じ出演オファーしました。北村匠海さんは『君の膵臓をたべたい』で信頼関係を結べており、真っ先に頭に浮かびました。というか彼以外考えられなかったです。この心強いキャスト・スタッフとともに、[生きること]の感動をお届けできるよう頑張ります。

原作『君は月夜に光り輝く』著者:佐野徹夜
月川監督、主演の永野さん、北村さんによってどんな素敵な映画になるのか、僕も一人の観客として今からとても楽しみです。この作品の原作小説は、僕のデビュー作です。だからなのか、やっぱり、過剰な思い入れがある。主人公は自分の分身のようなところがあるし、そんな十代の思春期の悩みとか魂みたいなものを、僕は作品に込めた気がします。生まれてきて死んでいくこの不条理な人生を、どうやって受け止めればいいのか。作品が終わった後も続いていく人生の、何かの助けや支えになるような、生きていくことをほんの少しでも肯定できるような、そんな心に残る作品であってもらえたらと願っています。人生は無じゃないし、生きてることには意味がある。そんな当たり前かもしれないことを思うのに、十五年くらいかかってしまった、あまり立派ではない僕からのメッセージでした。

イラストレーター:loundraw
映画化おめでとうございます。初めて原稿を拝読してから、もう二年が経とうとしていることが驚きです。読み終えた時の衝撃は計り知れず、一人でも多くの方に読んで欲しいと感じたのを覚えています。卓也とまみずの一瞬の物語は、きっと誰しもの心の中に残っていて、その輝きにまた出会えるのが何より嬉しいです。『君は月夜に光り輝く』を愛する皆さんと一緒に、二人の行く末をこの目で見届けたいと思います。

プロデューサー:岸田一晃
小説の「大切な人の死にどう向き合うべきか」というテーマに引き込まれ、その先に描かれた「命の輝き」に心が震えました。すぐさま月川監督にストーリーを全て口頭で伝え「これは届けなくてはいけない映画です」とオファーしました。朝ドラも経て、瑞々しい生命力と儚さを合わせ持った永野芽郁さん。「キミスイ」で“人が生きる意味”を体現し、涙をさらった北村匠海さん。若手俳優では群を抜いた演技力を持つ2人の化学反応が映画を色鮮やかにすると思いました。今を生きる人に伝えたい“命の希望”が詰まった映画です。

 

◆メディアワークス文庫『君は月夜に光り輝く』概要

【書名】 君は月夜に光り輝く
【著者】 佐野徹夜
【イラスト】 loundraw
【判型】 文庫判
【ページ数】 324ページ
【定価】 本体630円+税
【ISBN】 978-4-04-892675-1
【書店発売日】 2017年2月25日
【発行】 株式会社KADOKAWA

【内容】
大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り……「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。

『君は月夜に光り輝く』特設サイト: http://mwbunko.com/special/kimitsuki/

 

◆メディアワークス文庫『この世界にiをこめて』概要

【書名】 この世界にiをこめて (このせかいにあいをこめて)
【イラスト】loundraw
【判型】 文庫判
【ページ数】 306ページ
【定価】 本体630円+税
【ISBN】 978-4-04-893414-5
【書店発売日】 2017年10月25日
【発行】 株式会社KADOKAWA

【内容】
君のいないこの世界で生きる、僕らの愛の物語――。
生きづらさを抱え、退屈な高校生活を送る僕に、ある日届いた1通のメール。
【現実に期待なんかしてるから駄目なんだよ】
でも、それは届くはずのないメール。送り主は吉野紫苑。彼女は、屈折した僕の唯一の女友達で、半年前に死んでしまった天才小説家だった。あり得ないはずのメールのやりとりから、僕は失った時間を取り戻していく。やがて、遺された吉野の最後の言葉に辿りついた時、そこには衝撃の結末が待っていた――。

 

待望の最新刊!
◆メディアワークス文庫『アオハル・ポイント』概要

【書名】 アオハル・ポイント
【イラスト】 loundraw
【判型】 文庫判
【ページ数】 336ページ
【定価】 本体630円+税
【ISBN】 978-4-04-912037-0
【書店発売日】 2018年10月25日
【発行】 株式会社KADOKAWA

【内容】
人には「ポイント」がある。ルックス、学力、コミュ力。あらゆる要素から決まる価値、点数に、誰もが左右されて生きている。人の頭上に浮かぶ数字。そんなポイントが、俺にはなぜか見え続けていた。例えば、クラスで浮いてる春日唯のポイントは42。かなり低い。空気が読めず、友達もいない。そんな春日のポイントを上げるために、俺は彼女と関わることになり――。上昇していく春日のポイントと、何も変わらないはずだった俺。これはそんな俺たちの、人生の〈分岐点〉の物語だ。

Tokyo Now Author