結婚式情報サイト『マイナビウエディング』、初の男性イメージキャラクターに俳優の新田真剣佑、3代目マイナビウエディングガールに女優の吉川愛が就任

結婚式情報サイト『マイナビウエディング』は、男性としては初めてとなるイメージキャラクターに俳優の新田真剣佑さん(21歳)、3代目マイナビウエディングガールに女優の吉川愛さん(18歳)を起用し、新TVCM「マイナビウエディング『ふたりの反省会篇』」にて共演します。

特設サイト:https://wedding.mynavi.jp/contents/special_contents/cm/

 

■新TVCM「マイナビウエディング『ふたりの反省会篇』」ストーリー

披露宴を終え、さまざまな小道具やお祝いの品など、沢山の荷物を抱えながら歩く、新郎(新田真剣佑さん)と新婦(吉川愛さん)。数時間前まで親族や友人に祝福され、賑やかな時を過ごした本日の主役2人に、突如、静寂が訪れます。
先ほどまでの喧騒が、まるで嘘のよう。無事に式を終えた安堵感、達成感を全身で感じながら、これまで費やした自分たちの頑張りを、ふと、思い出します。
ひとつのゴールに向かって、ここまで密に語り合い、互いの意思を確認しあったのは、はじめてかもしれません。まさに新郎新婦、はじめての共同作業。互いの相性の良さを再確認するような思い出や、本当にやっていけるのだろうかと不安になるような瞬間も。
そんなすべての記憶が、今となっては愛おしく、かけがえのない時間です。
思わず口をついたのは、「お疲れ様でした」という、互いの頑張りを認め、労う、優しいことば。最高の笑顔がこぼれます。

 

■CMのみどころ

式を終えふたりきりになった瞬間こそ、実は、結婚式そのものに負けないくらい、幸せな感情が極まる瞬間なのかもしれない。そんな発見が、今回のCM表現に繋がっています。
緊張や責任感が伴った式そのものではなく、派手さはないながらも、すべてから解放され、ようやく心の底から幸せに浸ることができる帰り道を描くことで、未来の新郎新婦を応援したい!
そんな、『マイナビウエディング』の思いを詰め込んだ、CMとなっています。

 

■撮影時エピソード

結婚式当日までの紆余曲折と、終わったあとの幸せな一瞬を描く本CM。新田真剣佑さんと3代目マイナビウエディングガールの吉川愛さんの細やかなお芝居が印象的な作品に仕上がりました。
ウエディングドレスとタキシード姿の華やかな2人がモニターに映るたび、スタッフから「かっこいい!」「綺麗!」「ステキ!」の声が終始飛び交う、にぎやかな撮影現場となりました。
また、夜道のシーンが最後の撮影シーンになったのですが、ストーリーと同じ時間軸となったこともあり、撮影スタッフ一同、思わず引き込まれ、瞳を潤ませてしまいました。

新田真剣佑さんからのコメント
「撮影現場が実際の式場に使われる場所で、撮影中にカップルが入っていくシーンを何度も
見かけました。今回の撮影で演じさせていただいたように、もしかしたらこの二人も
これから喧嘩をしたり仲直りをしたりしながら、結婚式を迎えるのかなぁと想像したりしていました。
美しい世界観で素敵な映像に仕上がったと思うので、早く多くの皆さんに見ていただきたいです。」

吉川愛さんからのコメント
「人生で一度は着てみたいと思っていたウエディングドレスを着させていただいて、
私にとって、とても特別で忘れられない撮影となりました。
撮影をして結婚式は素敵で二人の一番の思い出になるんだなと体験して思いました。
これから3代目マイナビウエディングガールとして、ご結婚をお考えの皆さんに向けて、
二人らしい特別な結婚式を挙げていただくためのさまざまな情報を提供して、
一緒に盛り上げていきたいです。」

オフショット

Tokyo Now Author