元・新体操日本代表 畠山愛理を起用した新体操とボディペイントを組み合わせた驚きのある新広告ビジュアルが公開!

株式会社マネースクエアは、2018年7月よりあらたなビジュアルイメージのキャラクターとして元・新体操日本代表(フェアリージャパン)でタレントの畠山愛理さんを起用しました。

特設サイト URL:https://www.m2j.co.jp/landing/promotion_1807/

マネースクエアがビジョンとして掲げる「アイデアとテクノロジーで創る資産運用の未来」を、元新体操日本代表(フェアリージャパン)畠山愛理さんによる柔軟性に富んだ表現に、アーティスト チョーヒカルさんの緻密でメカニカルなボディペイントを描き、先進的で未来感のあるビジュアルとして形にしました。

撮影エピソード
撮影は7月上旬、都内スタジオにて行われました。撮影予定時間は約12時間という長丁場、そのうち約9時間はアーティスト チョーヒカルさんによる手書きのボディペインティングに要する時間です。ほぼ身動きがとれない状態が続くペインティングは想像以上に体力を消耗するものだったと思いますが、早朝の撮影開始から終了まで爽やかな笑顔で元気に、明るさを振りまいてくれた畠山さんの存在が、現場の雰囲気をより一層明るくしてくれていました。また畠山さんと同世代であるアーティスト チョーヒカルさんとの相性も非常に良く、初対面とは思えないくらい仲良くお話されている様子も印象的でした。撮影中には、ポージングでの全身のしなやかさはもちろん、指先まで意識した細やかな表現の美しさを感じられ、撮影スタッフからも思わず感嘆の声が漏れるほどでした。また新体操選手としての視点から角度やポーズにも積極的にご提案いただき、畠山さんの表現に対するこだわりが伝わってくる場面も。最終的にご提案いただいたポーズを採用させていただき、当初の想定以上に素晴らしいビジュアルを作り上げることができました。最後のカットの撮影が終了すると、畠山さんの長時間にわたる頑張りをねぎらう大きな拍手が自然と撮影現場を包み込んでいました。

Tokyo Now Author