「日経ヘルスpresentsビューティーミューズ大賞2018」女優の米倉涼子さんが受賞

女性がもっと活躍できる環境づくりを応援するイベント、 「WOMAN EXPO TOKYO」が、 2018年5月19日(土)、 20日(日)の2日間開催されました。 この日、 最も注目を集めたのは「日経ヘルスpresentsビューティーミューズ大賞2018」の授賞式とトークショーでした。

この賞は、 雑誌「日経ヘルス」が美しく健康で今最も輝いている女性を表彰するもので、 今年で5回目となります。

肩飾りのついた淡いゴールドのドレスで授賞式に登壇した米倉涼子さん。 「イギリスのロイヤル・ウエディングの幸せな雰囲気を見て、 自然とこの衣装に手が伸びました」と笑顔を見せ、 「たくさんの方に作品を観ていただき、 支持していただけたことをうれしく思います」と受賞の喜びを語りました。 授賞セレモニー後の「挑戦しつづける生き方の秘訣、 進化しつづける美の秘密」をテーマにした米倉さんのトークセッションに、 会場を埋め尽くす観客の熱い視線が集まります。

米倉涼子さんと言えば、 その抜群の美貌やスタイルの良さは誰もが認めるところですが、 ご本人は肩幅や脚がむくみやすいことなど、 コンプレックスは少なくないのだそうです。 食べるのが大好きで太ってしまうこともしばしばという意外なエピソードも。

米倉さんは、 美容のための方法は人それぞれ、 自分の体質や性格に合ったやり方を選べばいいと考えているそうです。 体を動かすことに関しても、 米倉さんはジムなどで運動をするよりもダンスしている方が楽しく、 体調も良いとか。

ドラマ、 舞台、 雑誌と幅広く活躍する米倉さん。 初めて会う人と一緒に仕事をするに当たって気を付けていることは?という質問に、 「コミュニケーションを取ることを心掛けている」と答えました。 「自分がどう見られたいかということを考えると、 相手とまっすぐに向き合えなくなると思う」という米倉さんの誠実さが伝わる言葉に、 観客は深くうなずいていました。

来年は女優生活20周年を迎える米倉涼子さん。 10年後にはこうなっていたいということはあまり考えないタイプだそうです。 これからのキャリアについて米倉さんは「仕事をする上で、 失敗や反省はたくさんあります。 私はすごくネガティブな性格なので落ち込むこともありますが、 負けず嫌いでもあるので、 落ち込んだ自分に負けたくない、 そこで終わりにしちゃっていいの?という気持ちで頑張れたのかもしれません。 これからも足元をしっかり見つめて、 自分に負けないようにしていきたいです」と語りました。

「WOMAN EXPO TOKYO 2018」の最終日となるこの日は、 ニュースキャスターの安藤優子さんによるスペシャル講演、 日本テレビ『月曜から夜ふかし』で人気の棋士であり株主優待投資家の桐谷広人さんの講演、 タレントの遼河はるひさんのスペシャルセッションなどが開催されました。

女性の健康や美を応援する新商品のサンプリングや、 ヘアメイク、 占いの体験コーナー、 料理、 ヘルスケアなど、 すぐに役に立つ、 そして将来に役立つ情報やサービス、 商品が数多く紹介され大盛況のうち閉幕しました。

 

WOMAN EXPO TOKYO 2018

  • 会期:2018年5月19日(土)、 20日(日) 10:00~17:30
  • 会場:東京ミッドタウン ホール&カンファレンス(東京都港区六本木9-7)
  • 主催:日本経済新聞社、 日経BP社
  • 協力:テレビ東京、 BSジャパン、 日経HR
  • 後援:経済産業省
  • 公式サイト:http://www.woman-expo.com/tokyo/

Tokyo Now Author