2018年4月14日(土)本編スタート!連続ドラマ『居酒屋ぼったくり』取材会オフィシャルレポート

BS12 トゥエルビで4月14日(土)土曜ドラマ・ナイン枠でスタートする、連続ドラマ「居酒屋ぼったくり」(毎週土曜よる9:00分~全11話)。その第1話完成披露試写会が11日同局で行われ、主演の片山萌美と共演の高月彩良、イッセー尾形、久万真路監督が参加した。

画像クレジット:(C)「居酒屋ぼったくり」製作委員会

作家・秋川滝美氏によるシリーズ累計66万部突破の小説を連続ドラマ化。東京の下町にある姉妹が営む小さな居酒屋を舞台に、旨い酒と美味しい料理と人々との触れ合いを描く。

片山萌美、登場する料理はすべて自作!1か月半のトレーニングは無駄じゃなかった」
主演の片山は「料理ドラマは初めてで、実際に自分の作ったものを共演の常連客の方々に食べてもらって『美味しい』と言ってもらえるのが嬉しい。料理は下手だったけれど、1か月半トレーニングをしてきたのは無駄じゃなかった。嘘偽りのない手作り料理です」と役作りが報われて嬉しそう。

料理はすべて片山が手掛けており「料理の撮影は長回し。本当に無音の中での作業で、時計の針の音だけが聞こえてくるような状態に不安も覚えました。どうして時計を止めてくれないんだろう!?と思ったり」と苦笑い。ビール派だったというが「ドラマのお陰で日本酒の美味しさを知りました。撮影が終わってからキッチンに忍び込んで勝手に飲んでいました」と日本酒に目覚めたようだ。

画像クレジット:(C)「居酒屋ぼったくり」製作委員会

成人したばかりの高月は、役作りのために個人経営の居酒屋に初めて入店したそうで「お酒を飲んだり、キッチンの立ち回りを勉強したり。一升瓶からのお酒のつぎ方も練習しましたが、本番ではこぼしてしまって…。カットされてよかったです」と安堵の報告。成人して飲酒解禁も「ドラマで色々なお酒を知り、打ち上げとかで飲み過ぎてしまい、最近はこりごりしてお酒をお休みしています。お酒の失敗はまだ経験していませんが、正常でいるのが一番だと思いました」と早くも自粛モードだった。

イッセーは「頑張ってやっていこうと思っている居酒屋の姉妹と、それを演じる片山さんと高月さんという役者の頑張りがダブって見えた。本当の居酒屋以上に理想的な居酒屋でした。大根の葉っぱのゴハンは凄く美味しかった」と感想。お酒を飲むシーンでは水を酒に見立てており「だいぶ昔にお酒をやめているので、今回の演技ではお酒を飲むパントマイムのようなものでした。でも他の役者は本当にお酒を飲んでいるので、頭の中ではお酒として味わっていました」と役者魂を見せた。“ぼったくり”経験を聞かれると「建設現場で働いていた時にビールを飲ませてくれる喫茶店に一週間通っていて、土曜日にも行ったらビールが倍の値段だった。もう飛んで逃げましたね。そんなことを未だに覚えているということは、まだ根に持っているとうこと」と笑わせた。

最後に片山は「イヤな人が一人も出て来ず、美味しいお酒と料理が出てきます。今の日本人に見てほしいドラマで、お酒が好きな人もそうでない人も見てほしい」、高月も「見ると温かい手料理が食べたくなるドラマです。そして人に会いたくなって話したくなる。心にしみわたる物語なので、癒しになれば」とアピール。イッセーも「何者とも戦わない天敵のいないドラマ。居酒屋に行ったような気分になれるし、お茶の間に居酒屋が入ってきたような気分にもなる。足を動かさず、お客として“ぼったくり”に来てください」と呼びかけた。

また会終盤には、シンガーソングライターの中村郁実が登場し、ドラマ主題歌「実」を生披露。キャストや集まった報道陣を美声で酔わせた。

 

BS12 トゥエルビ 土曜ドラマ・ナイン『居酒屋ぼったくり』
2018年4月14日(土)本編スタート!

  • 原作:「居酒屋 ぼったくり」秋川滝美著/アルファポリス刊
  • 監督:久万真路、岩渕崇
  • 脚本:阿相クミコ、久万真路
  • 製作:「居酒屋ぼったくり」製作委員会
  • 制作:キュー・テック、制作協力:ザフール
  • 主題歌:中村郁実「実」(なりゆきレコード)
  • キャスト:片山萌美、高月彩良、中村優一、大方斐紗子、久保酎吉、福田彩乃、黒羽麻璃央、村田秀亮(とろサーモン)、波岡一喜、津田寛治、イッセー尾形
  • 公式HPアドレス:https://www.twellv.co.jp/bottakuri/
  • 公式Twitter:@drama_bottakuri

 

Tokyo Now Author