NEWS映画・ドラマ・舞台

松岡昌宏主演の大ヒットサスペンス、待望の第2シーズン『連続ドラマW 密告はうたう2 警視庁監察ファイル』が、8月放送・配信スタート!

連続ドラマW 密告はうたう2 警視庁監察ファイル

2021年8月に放送・配信され、大ヒットを記録した本格サスペンス『密告はうたう 警視庁監察ファイル』。“警察の中の警察”とも言われ、警視庁職員の不正を取り締まるプロ集団・警視庁人事一課(通称:ジンイチ)監察係の知られざる内部捜査を描き、「警察が警察を追う」緊迫感が多くの視聴者を魅了した。最終話放送直後から続編を望む声が数多く寄せられていた本作だが、満を持して第2シーズンの制作が決定した。

俊英・伊兼源太郎による渾身の続編小説『ブラックリスト 警視庁監察ファイル』『残響 警視庁監察ファイル」の2作を原作に、前作よりもスケールアップしたエンターテインメント作品として制作する。主演を務めるのは前作に続き松岡昌宏。人事一課所属となって2年が経過し、監察係の主力となった佐良正輝(さら・まさき)が、一通の密告文に端を発し、警察全体を揺るがす“組織の陰謀”と対峙することになる……。

 

メインキャスト解禁!次なるターゲットは、警察全体を揺るがす“陰謀”

ジンイチ監察係所属の主人公・佐良正輝役として続投が決まっていた松岡昌宏に加え、仲村トオル、泉里香、池田鉄洋も前作から引き続き出演することが決定。さらにサイバーセキュリティ対策本部より異動してきた若手監察係員役で浜中文一、監察係の班長役でマキタスポーツが加わり、新たな陣容でジンイチが動き出す!佐良がジンイチに配属されてから2年。本作では佐良が初めて陣頭指揮を執り、1通の密告文により浮上した捜査二課における「特殊詐欺捜査の情報漏洩事案」に挑む。しかし調査はやがて、警察の存在意義を揺るがす“陰謀”の存在にたどり着き…。佐良たちは警察の「最後の砦」を守れるのか?松岡が「団体戦」と一言で表現した本作の魅力に、ぜひご期待頂きたい。

そして前作からの続投キャスト。佐良の上司である監察官・能馬慶一郎を演じるのは仲村トオル。公安出身のエリートで、身内の不正を表情一つ変えず暴くことから「能面の能馬」と恐れられる存在。また、能馬の右腕であり公安出身の「首切りのプロ」と呼ばれる監察係長・須賀透役の池田鉄洋も登場。二人の佐良に対する容赦の無いプレッシャーは健在。さらに今作では、能馬と須賀の知られざる過去も明らかになる。前作で不正を疑われジンイチの監察対象となった泉里香演じる皆口菜子がジンイチに異動となり、今作では佐良とともに不正の全貌解明に挑む。さらに捜査一課時代の佐良の後輩で、佐良の眼の前で殉死を遂げた斎藤康太役の戸塚祥太も前作に続き出演。その死の真相が、いよいよ明らかになるのか…。

そして今作より新たに登場するのは、サイバー対策本部より異動してきたルーキー・毛利洋平役の浜中文一、そして佐良たちを見守る班長・原西道男役のマキタスポーツ。新たなメンバーが加わったチーム・ジンイチが、一通の密告文をきっかけに、再び動き出す…!容疑者は全員警察官。従来の警察ドラマとは一線を画す、重厚なサスペンスが幕を開ける!

佐良正輝 役/松岡昌宏 コメント

続編制作の決定を聞いたときのお気持ち、更に撮影がスタートして今の心境は?
また大変な時間が始まる。

次のステージへと進んだ本作、シーズン2の魅力を一言で
団体戦。

視聴者の皆様へのメッセージ
お手柔らかに。

能馬慶一郎 役/仲村トオル コメント

視聴者の皆さまへのメッセージ
脚本を読み終えた時の印象は、「こんなリアリティのある怖い話をドラマにするのは怖いな…」という【二重の怖れ】でした。ホラー映画も観ない、絶叫マシンにも乗らない、恐怖にエンタメ料金を払う気の無い自分ですが「この怖さは面白い!」と思いました。闇の中の泥沼の淵を歩く松岡昌宏君演じる佐良正輝を冷たく見守り、時に堅く支え、静かに背中を押す。そんな能馬慶一郎になれば、と思っています。

皆口菜子 役/泉里香 コメント

視聴者の皆さまへのメッセージ
約3年ぶりに「密告はうたう」が帰ってきます。
私にとって前作は練習を重ねたアクションシーンや水中ダイブしたりと体当たりで向き合った思入れが深い作品で、監督、スタッフさん、共演者の方々など同じチームでまたご一緒できることを嬉しく思っております。
今作で私が演じる皆口は交通課から警視庁人事一課に異動して松岡さん演じる佐良さんの部下として葛藤しながらも情熱を持って警察という大きな組織と戦い、また前作で殉職した恋人の斎藤康太の死の真相に迫っていきます。
行確される側からする側になっても、自分の信念を持って真っ直ぐに歩む皆口を表現できるように演じていますので成長した姿をぜひご覧ください。

須賀透 役/池田鉄洋 コメント

視聴者の皆さまへのメッセージ
「密告はうたう」は、私のなかで最もタフな撮影でした。皆が皆を疑い、対象者を行確(尾行)する。そんなシーンの数々を演じていると、結末を知っていながら、疑心暗鬼に陥り、苦しくなってくるのです。お互いを疑う関係性では、共演者に頼る事もできません。そんな緊迫した撮影現場から作り出される物語は、視聴者の皆様を、揺さぶり、惑わせ、夢中にさせます。前作を超えるただならぬ緊張感を、是非お楽しみください。

毛利洋平 役/浜中文一 コメント

視聴者の皆さまへのメッセージ
私が演じる毛利は、警察の厳しい上下関係のなかでも、思ったことを悪気なく言ってしまう“今どき”なキャラクターです。私はどちらかというと上下関係に気を遣うタイプなので全く逆なのですが、世代ごとの考え方の違いがでるよう意識して役作りをしました。この作品は、登場人物の全てが怪しく、疑わしく見えます。もし自分がこの作品の世界にいたら人間不信になるのでは、と感じるほどです(笑)。シーズン2から初めてご覧になる方も、ご自身で推理しながら楽しんで頂ける作品だと思いますので、ご期待頂ければと思います。

原西道男 役/マキタスポーツ コメント

視聴者の皆さまへのメッセージ
今シーズンから“ジンイチ”に参加することになりました原西道男役のマキタスポーツです。前シーズンの重厚な雰囲気は踏襲したまま、警察の中の警察という神経がすり減る役どころですが、どこか人間味を残せるよう撮影に臨んでおります。撮影現場も緊張感があり、その甲斐もあってか見どころの多い内容になっていますので、是非ともお楽しみに!またこれを機にWOWOWへの加入もご一考ください。

斎藤康太 役/戸塚祥太 コメント

視聴者の皆さまへのメッセージ
殉職した斎藤康太として今回も参加させていただきます。内片監督のもとで松岡さんの背中を追いかけた時間が今も身体の隅々まで染み込んでいます。真正面から闇に飛び込む佐良先輩の物語を楽しみながら再び背中を追わせていただきます。楽しみにしていてください。

 

ストーリー

ある日、警視庁人事一課(通称:ジンイチ)に1通の密告文が届く。捜査二課が追う特殊詐欺犯罪の捜査情報が何者かによって漏洩しているとされ、捜査を指揮する管理官の関与をもにおわせる内容だった。ジンイチに配属されて2年がたつ佐良(松岡昌宏)は、上司の能馬(仲村トオル)と須賀(池田鉄洋)に呼び出され、実態解明の指揮を執ることを命じられる。1年前にジンイチに配属された皆口(泉里香)、班長の原西(マキタスポーツ)、そして新たに異動してきた毛利(浜中文一)とともに、管理官の行動確認(尾行)を開始する。管理官の不可解な行動から、ある推論を立てる佐良。しかしそんなさなか、捜査資料の情報がネットで拡散され、佐良たちも危険にさらされる事態に発展する……。

 

概要

連続ドラマW 密告はうたう2 警視庁監察ファイル

連続ドラマW 密告はうたう2 警視庁監察ファイル

放送・配信

8月スタート(全8話) 毎週日曜午後10:00 放送・配信【第1話無料放送】

出演

松岡昌宏 泉里香 池田鉄洋 浜中文一  マキタスポーツ 戸塚祥太 仲村トオル ほか

原作

伊兼源太郎『ブラックリスト 警視庁監察ファイル』『残響 警視庁監察ファイル』(実業之日本社刊)

監督

内片輝 (『連続ドラマW 殺人分析班』シリーズ、『連続ドラマW 孤高のメス』ほか)
山本大輔(『連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班』『マイホームヒーロー』ほか)

脚本

鈴木謙一 (『連続ドラマW 両刃の斧』『連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~』ほか)

音楽

大間々昂

プロデューサー

井口正俊 下田淳行 星野秀樹

制作プロダクション

ツインズジャパン

製作著作

WOWOW

URL

https://www.wowow.co.jp/drama/original/mikkoku2/

シリーズ第1作「連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル」はWOWOWオンデマンドにて配信中!