ルミネ広告最強タッグ<尾形真理子×蜷川実花> 春の新ビジュアルモデルには八木莉可子を起用

株式会社ルミネは、2018年2月1日より、春の新ビジュアルを展開いたします。長年ルミネのシーズン広告を手がける、多くの女性に支持される写真家の蜷川実花さんと、女性の心を捉える数々のコピーを生み出す実力派コピーライターの尾形真理子さん。今回のビジュアルのモデルには今注目の八木莉可子さんを迎え、他にはない、ルミネならではのビジュアルで、現代女性の心にルミネのメッセージをお届けいたします。

尾形真理子さんには新たな試みとして、コピーライティングのほか、ルミネのためだけに、短編小説「One piece of a woman」を執筆いただきました。
2018年の春から、夏、秋、冬と、4回にわたり、シーズンごとに発表していく予定です。
連載第1回目の春は、『こちらはカモメ』を2月15日に特設サイトにて公開します。

 

ビジュアルにこめたルミネの思い

ルミネは、「わたしらしくをあたらしく」をコーポレートメッセージとして掲げています。
様々なことが新しくはじまる春のシーズンに、未知なる世界へと翼を広げる女性たちへ、ルミネから「わたしらしく」をパワーアップできるようなビジュアルを制作しました。
館内のデジタルサイネージや、SNSでは、その世界観を動画でもご紹介予定です。

 

■イメージ動画はコチラ

■これまでのルミネの広告ビジュアルはコチラ

http://magazine.lumine.ne.jp/?tag=%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8D%E5%BA%83%E5%91%8A

 

尾形真理子さんによる書き下ろし短編小説「One piece of a woman」

2018年の春から、夏、秋、冬と、4回にわたり、シーズンごとに発表していく尾形真理子さん書き下ろしの短編小説「One piece of a woman」。
連載第1回目の春は、『こちらはカモメ』を2月15日に特設サイトにて公開となります。
新しい環境や、新しいチャレンジなど、はじまりの時には、良いことも悪いことも訪れます。
目の前に問題や困難が訪れても、雨が降ってもやがて青空が訪れるように、きっと素敵な未来がその先にあることを思って、たとえ今が曇り空や雨降りでも、前を向いて進んでほしい。
という思いが込められています。

■「One piece of a woman」特設サイトはコチラ(2月15日公開)
http://www.lumine.ne.jp/one-piece-of-a-woman/

 

【尾形 真理子/Mariko Ogata】

<プロフィール>
クリエイティブディレクター/コピーライター
おもな仕事に、LUMINE、資生堂、キリンビール、東京海上日動あんしん生命、日産自動車、Tiffany& Co.など。東京コピーライターズクラブ会員。TCC賞、朝日広告賞グランプリ他受賞多数。『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』(幻冬舎)で、小説デビュー。

 

【蜷川実花/Mika Ninagawa】

<プロフィール>
写真家、映画監督
木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映画『さくらん』(2007)、『ヘルタースケルター』(2012)監督。映像作品も多く手がける。2008年、「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回。2010年、Rizzoli N.Y.から写真集を出版、世界各国で話題に。2016年、台湾の現代美術館(MOCA Taipei)にて大規模な個展を開催し、同館の動員記録を大きく更新した。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事就任。
www.ninamika.com/

 

【八木莉可子/Rikako Yagi】

<プロフィール>
2001年7月7日生まれ、滋賀県出身。
雑誌seventeenが開催する「ミスセブンティーン 2016」のグランプリを獲得し専属モデルとして活動中。ドラマ、広告に出演するなど女優として活躍の場を拡げている。

Tokyo Now Author