田中圭、山本舞香、堤幸彦監督が登壇!Huluオリジナル『死神さん2』配信記念トークイベント

9月17日(土)からHuluにて独占配信となる『死神さん2』の配信記念イベントが9月10日(土)に都内で実施され、主演の田中圭、本シーズンから新たに出演する山本舞香、演出の堤幸彦監督が登壇。イベントの模様は、Hulu 公式YouTubeチャンネル、『死神さん』公式Instagram、Hulu 公式TikTokで生配信された。

Huluオリジナル『死神さん2』配信記念トークイベント
(左から)堤幸彦監督、田中圭、山本舞香 ©HJ ホールディングス

今作は、大倉崇裕の『死神さん 嫌われる刑事』を原作に、堤幸彦監督がドラマ化。『死神』と呼ばれ警視庁で最も疎まれ嫌われている冤罪事件の再捜査に挑む刑事、儀藤 堅忍(ぎどう・けんにん)が、事件ごとに代わる相棒とともに、闇に葬られた真相をあぶり出していく1話完結の刑事ドラマ『死神さん』の続編となる。主演には前作に引き続き、あらゆる役を完璧に演じ、バラエティ番組への出演、音楽番組など幅広く活躍する田中圭。そして儀藤の2代目パシリ役の小刀祢葵(ことね・あおい)を山本舞香、さらに相棒役には、吉田鋼太郎、奈緒、小関裕太、松本若菜、大友康平ら豪華キャスト陣が集結しました。

田中圭、山本舞香、堤幸彦監督が登壇すると、本邦初公開となる長編予告映像が上映された。映像には田中演じる、冤罪捜査専門のクセモノ刑事として「死神」と呼ばれる儀藤堅忍の決め台詞「逃げ得は許しません。」も飛び出し、さらに毎話の事件ごとに変わる相棒には吉田鋼太郎、奈緒、小関裕太、松本若菜、大友康平ら豪華ゲスト陣。儀藤の妻・フローラの謎や初代パシリ・南川メイの行方など、謎が深まる映像に生配信の視聴者からも「早く観たい!」「映画化してほしい!」など熱意あるコメントが溢れた。

昨年秋に配信がスタートされ、最終話の配信前から続編を望む声が寄せられたほど人気を集めた前作。シーズン1の撮影前から続編を待望していたという田中は、儀藤堅忍を再び演じることを「楽しみすぎてしまった」と熱く振り返った。堤監督も、儀藤の笑い方が変化していたり、腰の角度がさらに急になったりと、シーズン1からパワーアップした田中の演技に太鼓判を押す。シーズン1で前田敦子が演じた初代パシリ・南川メイから引き継ぎ、『死神さん2』から登場する2代目パシリの小刀祢葵を演じた山本舞香。堤監督は撮影に当たって、「山本舞香が“ブラックボックス”だった」と語るほど未知数な存在であったことを明かしたが、衣装合わせで山本がセレクトした“地元のツレ”感あふれる衣装に親近感を覚え、距離を縮めることができたと語った。

Huluオリジナル『死神さん2』配信記念トークイベント
©HJ ホールディングス

続いて話題は撮影現場の裏話に。舞台上のスクリーンに、田中と山本の2人の一風変わったピース姿が収められた写真が映し出されると、これは今流行りのギャルピースを儀藤風に田中がアレンジしたもので、現場のスタッフ陣の中でも話題になったという、通称“ビームピース”だが、「前から見ると分かりづらいね」と堤監督がツッコむと、田中と山本が顔を合わせて笑った。

Huluオリジナル『死神さん2』配信記念トークイベント
©HJ ホールディングス

また、各話で儀藤の相棒を演じる豪華ゲスト陣からスペシャルメッセージ映像が到着。まず、7代目相棒・灰田優人を演じた吉田鋼太郎からのコメントには、吉田とは過去に濃い共演歴がある田中が、これまでの共演を意識せず、本作の役柄と新たな関係性に集中して撮影に臨むことができたと振り返った。また、吉田と顔を接近させてのコミカルな演技シーンがあった山本からは「本当に笑いをこらえるのに必死でした。後ろ姿しか映っていませんが、私の肩は震えていたと思います。」と明かし、田中もそれに同調した。田中×吉田の名コンビの復活にもぜひ注目してほしい。そして8代目相棒・藤代唯を演じた奈緒から「山本の素敵な人柄に魅了された」とコメントが届くと、山本は嬉しそうな表情を見せた。奈緒とは初共演となった山本は、撮影は1日だけだったにもかかわらず、「ご覧の通りの優しさでした」と奈緒の人柄に虜になったとラブコールを送った。続いてのコメントは、9代目相棒・香川コジロー役の小関裕太、10代目相棒・宇佐美一恵役の松本若菜、11代目相棒・亀島秀康役の大友康平から。小関は、外での長回しでの撮影の際、田中の胸元に止まったセミにも一切動じずそのシーンを撮り終えた田中の撮影秘話を明かした。「本当にプロ根性を感じて、俳優として自分自身の励みになりました!そのシーン使われているかわかりませんが、是非観てほしいです!」と大興奮でコメント。田中はすかさず「使われてるわけないだろ!」と画面上の小関に鋭くつっこみ、会場からも思わず笑いがこぼれた。そして松本は堤監督の現場での無茶ぶりには苦労したと吐露。田中も賛同しつつ、これまで見たことのない松本に注目して欲しいと対応ぶりを絶賛した。田中とは久々の共演となった大友だが、「一生かかっても覚えられない」と語るほど膨大なセリフ量を涼しい顔でこなす田中を褒め称えた。

Huluオリジナル『死神さん2』配信記念トークイベント
©HJ ホールディングス

最後の企画は題して「死神クエスチョン」。クセモノ刑事・儀藤に因んだ「実は私、こんな”癖”があるんです。」という質問が登壇者たちに寄せられた。これに堤監督は「貧乏ゆすりが止められない」と回答しつつ「貧乏ゆすりというネーミングが悪い」とコメント。これに「貧乏ゆすりではなく、リズムをとっているだけだと言えばいいんじゃないですか」と山本の名回答が飛び出す場面も。そんな山本の「ついついストックを買いすぎてしまう」という癖に、監督は「こんな無駄話しでいいんですか」と突っ込み、山本を笑わせた。そして田中からは「寝癖をなおさないで現場入りしてしまう」と衝撃の癖が明かされた。田中のあまりにも“素”すぎる姿を垣間見た山本と堤監督は、「寝間着のままやってきたのかと思った」と当時を振り返り笑った。

最後に「素晴らしいキャスト・スタッフによってシーズン1からさらにパワーアップした『死神さん2』。ぜひ最後まで、順番に見てほしい」(堤監督)、「今回からの参加なので、お手柔らかに観てほしい」(山本)、「何度も観たくなる“スルメ”ドラマ。シーズン1とのつながりや違いに注目しながら『死神さん』の世界を楽しんでほしい」(田中)とコメントし、大盛況のままイベントは幕を閉じた。

なお、イベントのアーカイブ映像は、後日、Hulu内、Hulu 公式YouTubeチャンネルにて公開予定です。

 

Huluオリジナル『死神さん2』

Huluオリジナル『死神さん2』

[配信]
9月17日(土)独占配信スタート <全6話>
※毎週1話ずつ配信

[出演]
田中圭、山本舞香

各話ゲスト
1話:吉田鋼太郎
2話:奈緒
3話:小関裕太
4話:松本若菜
5話:大友康平

[原作]
大倉崇裕「死神さん 嫌われる刑事」(幻冬舎文庫)

[脚本]
渡辺雄介(1・2・3・5・6話)
蛭田直美(4話)

[演出]
堤幸彦(1・2・4・6話)
藤原知之(3話)
稲留武(4話)
大場嵩之(5話)

[主題歌」
宮本浩次「浮世小路のblues」

[エグゼクティブプロデューサー]
長澤一史

[チーフプロデューサー]
茶ノ前香

[プロデューサー]
大野哲哉 中沢晋 黒木彩梨

[制作プロダクション]
オフィスクレッシェンド

[制作著作]
HJ ホールディングス

©HJ ホールディングス

Tokyo Now Author