白鳥晴都と川島鈴遥が姉弟役で再共演!『ぜんぶ、ボクのせい』映画公開を記念して松本優作監督が新たに手がけた「夢で逢えたら」のMVが公開

2022年8月11日(木・祝)より新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開する、駿才・松本優作監督最新作『ぜんぶ、ボクのせい』。主演はオーディションで選ばれた新人・白鳥晴都、ヒロイン・川島鈴遥、そして若手2人を支える唯一無二の存在で多彩な活躍をみせるオダギリジョー。他にも松本まりか、若葉竜也、仲野太賀、片岡礼子、木竜麻生、駿河太郎と豪華俳優達が参加。本作のエンディングテーマに大滝詠一の「夢で逢えたら」が使用され、8月3日(水)には『夢で逢えたら』の7インチ・シングルレコードの発売が決定している。

そして今回解禁となる大滝詠一「夢で逢えたら」のミュージックビデオは、『ぜんぶ、ボクのせい』の公開を記念して松本監督が今年5月に新たに撮り下ろした作品となる。映画では、母に会いたい一心で児童養護施設から飛び出す少年・優太を白鳥晴都、誰にも言えない苦しみを抱えている女子高生のヒロイン・詩織を川島鈴遥が演じる。同じ孤独を抱え生きる二人だが、ミュージックビデオでは母を亡くした姉弟として再共演。大学生の姉・サツキ役を川島、悩みを抱え引きこもりがちな弟・ハル役を白鳥が演じる。

「夢で逢えたら」は大滝詠一がコンポーザーネーム“大瀧詠一”名義で作詞・作曲した楽曲で、100曲をゆうに超えるカバーバージョンが存在するスタンダードナンバー。この大滝詠一本人が歌う「夢で逢えたら」を、本作エンディングテーマのために初めて5.1chミックス施した音源は映画本編でのみ聴くことができます。

 

ーSTORYー
児童養護施設で母の迎えを待ちながら暮らす優太(白鳥晴都)。ある日、偶然母の居場所を知った優太は、会いたい一心で施設を抜け出した。しかし、そこにいたのは同居する男に依存し自堕落な生活を送っている母だった。絶望した優太は、当てもなく海辺を歩いていると、軽トラで暮らすホームレスの男・坂本(オダギリジョー)に出会う。何も聞かず自分を受け入れてくれる坂本。二人はわずかな金銭を稼ぎながら寝食をともにする。裕福な家庭に育つも、家にも学校にも居場所がない少女・詩織(川島鈴遥)とも顔見知りになる。優太は、自分と同じ寂しさを抱えながらも心優しい詩織に惹かれていく。
しかしそんな穏やかな日々もある事件によって終わりを告げる―

 

映画『ぜんぶ、ボクのせい』

映画『ぜんぶ、ボクのせい』

2022年8月11日(木・祝)より新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開!

[出演]
白鳥晴都 川島鈴遥
松本まりか 若葉竜也 仲野太賀 片岡礼子 木竜麻生 駿河太郎/オダギリジョー

[監督・脚本]
松本優作

[エンディング・テーマ]
大滝詠一「夢で逢えたら」 (NIAGARA RECORDS)

[製作・プロデューサー]
甲斐真樹

[製作]
藤本 款 定井勇二 前 信介 鈴木 仁 水戸部 晃

[アソシエイトプロデューサー]
永井拓郎

[ラインプロデューサー]
中島裕作

[撮影]
今井孝博(JSC)

[照明]
金子康博

[録音]
髙田伸也

[美術]
仲前智治

[衣裳]
篠塚奈美 馬場恭子

[ヘアメイク]
山井 優

[音楽プロデューサー]
田井モトヨシ

[編集]

田巻源太

[助監督]
野本史生

[制作担当]
中村哲也

[スチール]
久保田智

[製作]
スタイルジャム、クロックワークス、ビターズ・エンド、グラスゴー15、ミッドシップ、コンテンツ・ポテンシャル

[制作プロダクション]
スタイルジャム

[宣伝]
ミラクルヴォイス

[配給]
ビターズ・エンド

[助成]
文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

[URL]
公式サイト:https://bitters.co.jp/bokunosei/
公式Twitter:@bokunosei0811

© 2022『ぜんぶ、ボクのせい』製作委員会

Tokyo Now Author