予告映像・場面写真を一挙公開!映画『吟ずる者たち』11月5日より広島で先行公開!

日本で初めて吟醸酒をつくった「吟醸酒の父」三浦仙三郎の魂「百試千改」を軸に描かれる映画『吟ずる者たち』がいよいよ今週末の11月5日(金)より広島で先行公開。それに伴い、本作の予告映像と場面写真が一挙公開されました。

全編広島ロケで撮影された「吟ずる者たち」は、明治から令和へと引き継がれる吟醸酒への想いを描いた作品です。令和の主人公・永峰明日香(比嘉愛未)と明治の主人公・三浦仙三郎(中村俊介)。時代を越えて、二人の酒造りへの熱い思いが継がれます。

風光明媚な瀬戸内海を臨む広島の風景で始まる映像は、現代の主人公と明治の主人公の映像を交錯させながら、酒造りへの想いを綴っています。限りのない努力の積み重ねを表現した言葉の通り、吟醸酒に生涯をかけた三浦仙三郎と、その信念を引き継ぐ永峰明日香の感動のシーンとともに、豪華共演陣の映像にもご注目ください。

©2021 ヴァンブック

 

ー物語ー
明治から令和へ、『百試千改』の言葉が、消えかかったモノづくりの魂に明かりを灯す!
永峯明日香(比嘉愛未)は東京で夢破れ、故郷広島へ。実家は三浦仙三郎の杜氏の末裔が継いだ酒蔵。養女である明日香は、幼き頃から酒造りに興味を持っていたものの、実家を継ぐことは、そぐわないと避けて生きてきた。目標を見失っていた明日香は父・亮治が「家宝」とする三浦仙三郎の手記を目にする━━。
明治初期、新米酒造家の三浦仙三郎(中村俊介)は、醸造中に中の酒が腐る「腐造」に何度も見舞われる。資金不足、両親、愛する養女の死。逆境の中、腐造を起こさない、安定した日本酒醸造技術の確立に研鑽を重ね、ついに軟水による低温醸造法を導き出す。
明日香は仙三郎の百回試して、千回改める『百試千改』の想いに強く惹かれていく。そんな矢先、父が倒れてしまう。父が作ろうとしていた新酒造りを引き継ぐことを決心した明日香。明治から令和へ。時を経て、想いと一緒に醸される新酒『追花心』は完成できるのか?

 

映画「吟ずる者たち」

映画『吟ずる者たち』

11月5日(金)より広島先行ロードショー
2022年、全国順次公開

[出演]
比嘉愛未/戸田菜穂 渋谷天外 ひろみどり 大森ヒロシ 山口良一 今井れん 中尾暘樹 中村久美 奥村知史 川上麻衣子/丘みつ子/大和田 獏/中村俊介

[監督]
油谷誠至

[脚本]
仁瀬由実 安井国穂

[プロデューサー]
竹本克明 古川康雄

[企画]
「吟ずる者たち」製作事務局 ひろしまフィルム工房

[製作配給]
ヴァンブック

[上映時間]
115分

[URL]
公式サイト:https://ginzuru.com/

©2021 ヴァンブック

Tokyo Now Author