1本締めに代わって1本蹴りでヒット祈願!『クロガラス0』公開記念舞台挨拶を実施

9月17日(金)より、絶賛公開中の映画『クロガラス0』の公開記念舞台挨拶が9月18日(土)にシネマート新宿にて実施されました。

『クロガラス0』舞台挨拶
© エイベックス・ピクチャーズ

本作は、2019年にスマッシュヒットとなった崎山つばさ主演の映画『クロガラス』のシリーズ続編となり、9月3日(金)に公開された『クロガラス3』に続いての連続公開となります。『クロガラス0』の公開を記念して、本作の最強バディ、主演の崎山つばさと植田圭輔、更にメガホンをとった小南敏也監督が舞台挨拶に登壇しました。

崎山は「今回の『0』は、これまでのシリーズに繋げるための重要な作品。解決屋がどのように出来たのか、黒斗がどのようにして黒斗になったのか。そこに繋げたかった」と意図を明かし「作品として純粋に面白かった。今後も黒斗たちの知られざる過去を明かしていくような物語を作りたい」と期待。長寿化に意欲的で「60歳まで、定年まで『クロガラス』シリーズを続けていきたい」と意気込んだ。

植田も「無事公開されて感無量。涙が止まりません。ファンの皆さんのお力添えがあってのこと。本当に光栄です。自分たちとしても長寿シリーズ化していきたい作品。」と封切りに喜んでいた。

全シリーズを監督している小南監督も「続編を作れたことは嬉しいし、崎山さんが60歳まで撮り続けられるくらいのアイデアと構想はあります!まずは海外編」と意気込み、それに崎山は「海外ならばどこにでもついて行きますよ!アジアかな?アメリカかな?グアムとかならば、前ノリしたい」と妄想を膨らませていた。

本作で崎山は警察官姿を披露。それもあってか「撮影中は気軽にコンビニに行かないとか、結構気をつけました。警察の制服姿ということもあり、普通の状態でいたらダメだと」と気苦労も。さらに歌舞伎町でのロケでは信じられないハプニングもあった。「女の子が叫ぶシーンを本物の事件だと思われて、リアルに警察沙汰になった。僕も役柄的に警察の心境になっていたので『同業者が来た』と思った」と笑わせた。ただ場所が場所だけに大勢の警察官が集まってきたというも「監督は一切気にせず撮影を続けていたので、この人めっちゃクレイジーだと思った」と崎山が振り返ると、小南監督は「日が暮れちゃうから…」と活動屋魂を覗かせていた。

舞台挨拶の最後は一本締めならぬ、黒い段ボールで作られた黒斗デスクを蹴る“一本蹴り”でヒット祈願。崎山は「4列目くらいまで飛ぶので気をつけてくださいね!」と笑わせつつ、黒斗が机を蹴る同シリーズお馴染みのシーンを生再現した。植田が「作品の名物シーンがあってこその一本蹴り。続けてこられて良かった」と喜ぶと、崎山はボールペンをキーアイテムとする悠哉(植田)にちなんで「さらなる続編で悠哉の過去を描く機会があれば、みんなでボールペンを投げよう!」と提案し、客席を盛り上げていた。

『クロガラス0』舞台挨拶
© エイベックス・ピクチャーズ

 

―『クロガラス0』STORY―
まだ解決屋「クロガラス」ができる前のお話―――。黒斗は、新人警察官として、ある街に配属された。無秩序な街で、警察は金で買収され、腐った組織と化していた。警察としての職務を真摯に全うする黒斗は、組織の中での立場を悪くしてしまうが、同じ課の警察官である兵頭に助けられる。兵頭は、黒斗を弟分として可愛がり、「この街を変えたい。」という思いを胸に、二人は協力して、街の秩序を正していく。そんなとき、次々と犯罪組織グループのアジトが強盗に入られる事件が発生。手口はどんどん荒っぽくなり、殺人事件にまで発展してしまう。この事件の本当の黒幕は―――?そして、なぜ黒斗は解決屋になったのか――?警察時代の黒斗の隠された過去、その全てが明かされる!!

 

『クロガラス0』

9月17日(金)より『クロガラス0』絶賛上映中!

[キャスト]
崎山つばさ 植田圭輔 徳山秀典 中﨑絵梨奈/菅田俊

[監督・脚本]
小南敏也

[エグゼクティブ・プロデューサー]
西山剛史(エイベックス・ピクチャーズ)

[プロデューサー]
瀬戸麻理子(エイベックス・ピクチャーズ)、大野栞(エイベックス・ピクチャーズ)、久保和明(レオーネ)

[制作プロダクション]
レオーネ

[宣伝・配給・製作]
エイベックス・ピクチャーズ

[上映時間]
71分

[URL]
公式サイト:https://blackcrow-movie.com/
公式Twitter:@blackcrow2019

© エイベックス・ピクチャーズ

Tokyo Now Author