MBS/TBSドラマイズム枠で6月15日より放送スタート!『REAL⇔FAKE 2nd Stage』完成披露トークイベント開催!

2019年9月に、ミステリー要素と共に舞台で活躍するトップスターたちの個性あふれるやり取りで話題を集めた新感覚ドラマ『REAL⇔FAKE』の待望の続編『REAL⇔FAKE 2nd Stage』。第1期から引き続いて出演する、荒牧慶彦、植田圭輔、佐藤流司、松村龍之介、和田雅成、染谷俊之、蒼井翔太に加え、第2期から新キャストとして加わった猪野広樹、笹森裕貴の9名が完成披露トークイベントに登壇しました。

『REAL⇔FAKE 2nd Stage』完成披露トークイベント

第1期から1年半ぶりの撮影となった「Stellar CROWNS(ステラクラウンズ)」の5人のメンバー(荒牧慶彦、植田圭輔、佐藤流司、松村龍之介、和田雅成)は、それぞれ和気藹々と賑やかで安心できるメンバーと短い撮影の期間にも関わらず、濃密な時間を過ごしたとそれぞれが語った。
「自信のある作品になりました。」(植田)、「セカンドステージということでリラックスして挑むことができました。」(佐藤)など、今期の仕上がりは、それぞれが別々の現場で培ってきたものを披露できると思うと、さらにパワーアップした完成の手応をも噛み締めていた。

2期は朱音役を演じる蒼井が、「Stellar CROWNS」が所属するレコード会社の新社長に就任するところから物語が始まる。撮影時の感想を求められ、「役としても個人としても、共演者に支えられて撮影を進められた。今期はファーストステージの物語があったからこそのスピード感が楽しめ、大きな決断をする朱音としての成長も見ていただけたらいいなと思いながら演じました。なによりも(Stellar CROWNSの)ライバルユニットも登場しますので、熱い展開になると思います。」と手応えを得ていた。

一方、映像ディレクター守屋役の染谷は、1期ではドキュメンタリー映像を撮影していたが2期については、「探偵になろうかなっていうくらい、映像ディレクターらしいことは、一切やってないです」とメンバーからの笑いを誘い、「サスペンス要素が1期より強くなっている作品なので楽しみにして欲しい。」と語った。

今期より新キャストとして参戦した猪野は、「みなさんが仲が良いのはとても感じていたので、その仲の良さに一波乱起こしてやろうという気持ちで挑みました。」と明かし、笹森は「素敵な先輩方とご一緒できて光栄でした。初日から緊張していましたが、いい意味で引っ掻き回せるように必死で演じたので、みなさんの反応が楽しみです。」と挨拶をした。

2期の見どころのポイントを聞かれ、荒牧は「1期ではくまのマーサが出てきましたが、今回の2期でも新たなキャラクターが出てくるんですが、僕が名付けましたので注目して欲しいです。」と少し自慢げに語り、すごくピンポイントなみどころの披露にメンバーから総ツッコミを受けて会場を笑わせた。そんな荒牧をフォローするかのように、蒼井は、「“ライバル”と聞くと嫌なイメージやプレッシャーなどをイメージするかもしれませんが、それだけじゃないところがこの物語には描かれています。そしてメンバーのハイスピードな中での成長ぶりを見ていただきたいですし、守屋くんとのシーンは同級生ならではのシーンもありますので楽しみにしてください。」としっかりと見どころをアピール。さらに和田は、「常に楽しかった思い出なので、ひとつのエピソードは難しいがお互いの身体の心配をしていました。」と共演陣との家族のような関係性を語り、場を和ませた。

トークイベントはフリップトークに移り、『FAKEみたいなREALな話』というテーマでそれぞれの身に起こった嘘みたいな本当の話を披露。
染谷は、視力検査の際に起こったびっくりエピソードとして「視力検査をしてくれた人がエンターテイナーで、見づらくなってきた時に頑張って「右!」と言ったら、「実はこれ、右斜め上なんですよ」と言われて言葉を失っちゃって。その選択肢が出てきたら無理だなと思って。」と驚いて以来、視力検査のたびに斜めの選択肢があるのではないかとハラハラするとエピソードを披露。
占いを得意とする蒼井はタロットで競馬レース予想をしてみたところ、1頭以外の予想が的中したことを明かし、自らの的中率がさらにアップしてきていることを披露。
猪野は「疲れると空をみる癖があるんですが、…ほんとですよ、空を見てたら…隕石が降ってきたんです!」と驚きのエピソードに、共演陣から「フェイクでしょ!」と突っ込まれるも、「本当なんです!」と主張した。
笹森は数年前に車の教習所で、同じ生年月日の同姓同名(読み方違い)の存在を知らされたと、嘘みたいな本当の体験でメンバーを驚かせた。

テーマ『この際だから言っておきたい!REALな本音』では、荒牧が和田に「もっと甘えさせて欲しい」という本音を吐露すると、和田が荒牧に「もっと休め!」と事前に書いていたことを披露した。更に植田がジェネレーションギャップを“ジェネレーションガップ”と言い間違えるなど言葉を覚えて欲しいと、荒牧の天然エピソードを暴露。佐藤は染谷に対する憧れを「貴方は凄い!」と披露し、痒いところに手が届くキャラだと語り、染谷を照れさせた。

最後に蒼井が代表し、「何がリアルで何がフェイクかということがたくさん隠れている今の時代だからこその内容が描かれています。サスペンス要素が強まった全4話のセカンドシーズンをぜひ楽しんでください。」と締めくくった。

 

ドラマイズム『REAL⇔FAKE 2nd Stage』

MBS/TBS ドラマイズムにて 6月15日(火) 放送スタート!

[放送情報]
6月15日(火)スタート
MBS:毎週火曜24時59分〜
TBS:毎週火曜25時28分〜

[出演]
荒牧慶彦 植田圭輔 佐藤流司 松村龍之介 和田雅成(※五十音順)
猪野広樹 笹森裕貴 染谷俊之/蒼井翔太

[監督]
山本透

[脚本]
ほさかよう

[制作プロダクション]
ダブ

[製作]
「REAL⇔FAKE」製作委員会・​MBS

[公式サイト・SNS]
ドラマ公式 Twitter:@REALFAKE_info
ドラマ公式 Instagram:REALFAKE_info
ドラマ公式サイト:https://realfake-official.com/

©「REAL⇔FAKE」製作委員会・MBS

Tokyo Now Author