11月5日より広島で先行公開!映画『吟ずる者たち』ポスタービジュアル解禁!!

日本酒造りが盛んな町、広島。日本で初めて吟醸酒をつくった「吟醸酒の父」三浦仙三郎
の魂「百試千改」を軸に描かれる映画『吟ずる者たち』が11月5日(金)より広島で先行公開されることが決定しました。

映画「吟ずる者たち」
©2021ヴァンブック

明治から令和へと引き継がれる吟醸酒への想い。令和の主人公・永峯明日香は東京で夢破れ、故郷広島へ。実家は三浦仙三郎の杜氏の末裔が継いだ酒蔵。目標を見失っていた明日香は、実家で父・亮治が「家宝」とする三浦仙三郎の手記を目にし、仙三郎の百回試して、千回改める『百試千改』の想いに強く惹かれ、酒造りへの道を歩き始める。

令和の主人公・永峯明日香を演じるのは、映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』(2017)や『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(2018)で注目され、現在フジテレビ系の話題ドラマ「推しの王子様」で主演を務める比嘉愛未。明治の主人公・三浦仙三郎を演じるのは、フジテレビ系人気ドラマ「浅見光彦シリーズ」で主人公・浅見光彦役を2003年から16年間務め上げ、その後も数多くの人気ドラマや映画などで活躍する中村俊介。仙三郎の妻を、デビュー以来安定的な演技で活躍するベテラン、戸田菜穂が演じる。更に仙三郎の家族に渋谷天外、ひろみどり、今井れん、中尾暘樹。更に令和時代で明日香の家族として、中村久美、奥村知史、丘みつ子、大和田獏と、多彩なキャストが集結した。メガホンをとったのは広島県竹原市出身、『飛べ!ダコタ』の油谷誠至。脚本は、同じく竹原市出身の「キセキの葉書」の仁瀬由実、脚本家 安井国穂がタッグを組み、今村昌平監督の下で映画創りを手掛けてきたスタッフをはじめ、モノづくりに熱い想いをかけるチームが集結!アツき情熱と人の心意気で幾度の困難を超えた映画が今ここに醸された!

 

ー物語ー
明治から令和へ、『百試千改』の言葉が、消えかかったモノづくりの魂に明かりを灯す!
永峯明日香(比嘉愛未)は東京で夢破れ、故郷広島へ。実家は三浦仙三郎の杜氏の末裔が継いだ酒蔵。養女である明日香は、幼き頃から酒造りに興味を持っていたものの、実家を継ぐことは、そぐわないと避けて生きてきた。目標を見失っていた明日香は父・亮治が「家宝」とする三浦仙三郎の手記を目にする━━。
明治初期、新米酒造家の三浦仙三郎(中村俊介)は、醸造中に中の酒が腐る「腐造」に何度も見舞われる。資金不足、両親、愛する養女の死。逆境の中、腐造を起こさない、安定した日本酒醸造技術の確立に研鑽を重ね、ついに軟水による低温醸造法を導き出す。
明日香は仙三郎の百回試して、千回改める『百試千改』の想いに強く惹かれていく。そんな矢先、父が倒れてしまう。父が作ろうとしていた新酒造りを引き継ぐことを決心した明日香。明治から令和へ。時を経て、想いと一緒に醸される新酒『追花心』は完成できるのか?

 

映画「吟ずる者たち」

映画『吟ずる者たち』

11月5日(金)より広島先行ロードショー
2022年、全国順次公開

[出演]
比嘉愛未/戸田菜穂 渋谷天外 ひろみどり 大森ヒロシ 山口良一 今井れん 中尾暘樹 中村久美 奥村知史 川上麻衣子/丘みつ子/大和田 獏/中村俊介

[監督]
油谷誠至

[脚本]
仁瀬由実 安井国穂

[プロデューサー]
竹本克明 古川康雄

[企画]
「吟ずる者たち」製作事務局 ひろしまフィルム工房

[製作配給]
ヴァンブック

[上映時間]
115分

[URL]
公式サイト:https://ginzuru.com/

©2021 ヴァンブック

Tokyo Now Author