和田庵、坂口湧久のダブル主演!オフ・ブロードウェイ ミュージカル『キッド・ヴィクトリー』12月上演決定

オンライン型演劇場・浅草九劇は、今年の12月にオフ・ブロードウェイ ミュージカル『キッド・ヴィクトリー』を上演することを決定しました。

オフ・ブロードウェイ ミュージカル『キッド・ヴィクトリー』

今年で5年目を迎える浅草九劇は、本格的なミュージカルを小劇場の距離感で楽しめる企画の第一弾として、オフ・ブロードウェイ ミュージカル『キッド・ヴィクトリー』を上演することとなりました。この作品は、日本では、2019年に加藤清史郎さん主演で上演された作品です。今回は、キャストの一部をオーディションにより決定しました。前回公演を演出された奥山寛さんを迎え、全役ダブルキャストで、九劇ミュージカル『キッド・ヴィクトリー』として、新たに蘇ります。

オフ・ブロードウェイ ミュージカル『キッド・ヴィクトリー』キャスト

主演は務めるのは、俳優・和田庵と坂口湧久。和田庵は、石井裕也監督の映画『茜色に焼かれる』で尾野真千子さんの息子役を繊細に演じ、評価を受けており、今回が初舞台となりますが、行方不明となっていた少年という難しい役どころに挑みます。坂口湧久は、幼少期からミュージカルに多数出演し、前回公演はアンドリュー役で出演しており、今回、主役のルーカスに挑戦します。

和田庵 コメント
ルーカス役を演じます、和田庵です。
もともと舞台をやりたいという想いがあったので、今回『キッド・ヴィクトリー』に挑戦出来ること、今とても嬉しい気持ちで一杯です。
僕が演じる主人公ルーカスは1年間行方不明になったがその時の出来事や記憶に苦しみながら、どのように日常を取り戻すのか、あるいは取り戻すことが出来ないのか、という難しい役です。
これから稽古に入るにあたり、これまでのドラマや映画の経験や現場感覚などを信じて、ダブル主演の坂口湧久さんをはじめチームの皆さんと共に最高の作品を創りたいと思います。

坂口湧久 コメント
ルーカス役の坂口湧久です。
2019年の日本初演ではアンドリュー役を演じましたが、再演でまたこの作品に携われることを本当に光栄に思います。初演で大切に創り上げてくれた清史郎(加藤清史郎さん)ルーカスを引き継ぎつつ、自分なりのルーカスを演じられたらと思います。
今回は完全ダブルキャストということで、チームごとに全く違う『キッド・ヴィクトリー』ができあがると思うと今からわくわくします。両チームで助け合い、高め合っていけたら嬉しいです。心強いキャスト・スタッフの皆様と改めてこの作品と向かい合い、素敵な作品になるよう全力を尽くします。

 

<公演概要>

オフ・ブロードウェイ ミュージカル『キッド・ヴィクトリー』

オフ・ブロードウェイ ミュージカル『キッド・ヴィクトリー』

[作詞・脚本]
グレッグ・ピアース

[作曲・脚本]
ジョン・カンダ―(代表作『シカゴ』『キャバレー』『蜘蛛女のキス』)

[演出]
奥山寛

[出演]
和田庵、坂口湧久
森田浩平、ひのあらた、木村花代、伊嬉淑、上野聖太、港幸樹、塚本直、吉沢梨絵
遠藤瑠美子、真記子、丹宗立峰、小林タカ鹿、田中なずな、井上花菜、小原汰武、岡施孜
(全役ダブルキャスト)

[公演日]
2021年12月15日(水)~26日(日)

[場所]
浅草九劇

[チケット発売]
10月中旬より一般販売開始

[内容]
アメリカ カンザス州の小さな町に、両親と暮らす高校生のルーカス。
1年間行方不明となっていた彼は家に戻って来るが、行方不明中、自身に降りかかった出来事のフラッシュバックに苦しみ、日常生活に戻れずにいた。
忘れることの出来ない経験、心に負った深い傷。彼はどう日常を取り戻していくのか、どう生きていくのか。
ルーカスと両親、彼をとりまく人々の物語。

Tokyo Now Author