“五重人格”のサリーの心の軌跡を鮮やかに描く傑作小説を舞台化!『五番目のサリー』~The Fifth Sally~2021年10月上演決定

『五番目のサリー』~The Fifth Sally~

五重人格のヒロイン、サリー・ポーターが主人公のダニエル・キイスの小説『五番目のサリー』を、ミュージカル『王家の紋章』、『アルジャーノンに花束を』、『ドリアングレイの肖像』、ミュージカル『イヴ・サンローラン』など、数々の名作を手がける荻田浩一の脚本・演出で、2021年10月に舞台化することが決定しました。

離婚歴のある地味なウェイトレス【サリー・ポーター】は、自分の中に、デリー、ノラ、ベラ、ジンクスという四つの異なる人格を持っていた。
デリーは楽天家でウェイトレスの仕事を心から楽しむことができる。
ノラは自殺願望のあるインテリで、精神分析の書物や前衛芸術が大好きで、自分で絵も描くアーティスト。
ベラは歌とダンスが大好きで、ひそかに女優になることを夢見ている。
ジンクスは最も危険な人格で、憎悪にまみれた彼女は、離婚した夫や主治医のロジャーを殺してしまおうと思っている。
この難役に挑むのは、2010年宝塚歌劇団を退団後、数多くの話題作に出演し続ける彩吹真央。
共演には、仙名彩世・小野妃香里・藤田奈那・中河内雅貴・大山真志・荒井敦史・井澤勇貴・小寺利光、そして駒田一が脇を固めます。舞台経験豊富な実力派キャストが揃い、“五重人格”のサリーの心に迫ります!

 

―あらすじ―
「わたしの心のなかに隠れているあなたはだれ?」
サリーは漂う・・・舞い降る白い雪のように。

サリー・ポーターは、ニューヨークで働く平凡なウエイトレス。
だが、人知れず重大な悩みを抱えている。たびたび陥る記憶喪失が、それだ。
幼少時から繰り返されてきた空白の時間がサリーを苦しめている。

仕事は長続きせず、結婚生活も破綻・・・、
今は10歳になる双子の子供を手放して、彼女は孤独に生きている。
精神科医のロジャーの治療を受け、彼女は驚くべき事実を知る。
サリーの心の中には、他に四つの人格が存在していたのだ-。
サリーは困難な状況に遭遇すると、四つの人格のどれかと入れ替わってしまう。
そして、別の人格が身体を支配している間、
サリー自身の意識はなく、当然記憶もまた無い。
ロジャーの指導のもと、
サリーは分裂した人格を統合して「本当の自分」になろうとする。

 

<公演概要>

『五番目のサリー』~The Fifth Sally~

[原作]
ダニエル・キイス著『五番目のサリー』(ハヤカワ文庫)

[脚本・演出]
荻田浩一

[音楽]
TAKA

[出演者]
彩吹真央

仙名彩世
小野妃香里
藤田奈那

中河内雅貴
大山真志
荒井敦史
井澤勇貴
小寺利光

駒田一

[日程]
2021年10月21日(木)~10月30日(土)<全14公演>

[会場]
よみうり大手町ホール

[チケット料金]
全席指定 9,800円(税込)

[チケット一般発売日]
2021年9月25日(土)

[URL]
公式サイト:https://music-g-h.com/stage/sally
公式Twitter:@The_Fifth_Sally

[問い合わせ]
キョードー東京 0570-550-799 (平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)

[主催・企画製作]
M・G・H/ニッポン放送

Tokyo Now Author