映画愛は不滅だ!『ゾッキ』『裏ゾッキ』同時上映登壇イベント “秘密の集会 今こそ愛だ” 第1回オフィシャルレポート

映画『ゾッキ』『裏ゾッキ』オフィシャルレポート
(左から)竹中直人、篠原利恵、大橋裕之

映画『ゾッキ』『裏ゾッキ』登壇イベント「秘密の集会 今こそ愛だ」が5月14日、東京・渋谷にあるミニシアター・アップリンク渋谷で行われ、『ゾッキ』監督の竹中直人、原作者の大橋裕之、そして5月14日公開のドキュメンタリー映画『裏ゾッキ』監督の篠原利恵が参加。さらに『ゾッキ』監督の一人である齊藤工がClubhouseからサプライズ登場した。

竹中から「工、元気!?」と声をかけられた齊藤は「なんとか生きています!快便が出ました!」と腸活にハマっている近況を自らイジり、竹中から「自分で酵素を作っているからね。腸活をしているんだよね」と説明されていた。

プライベートでもアップリンクを訪れるという齊藤は、今回の連続上映に「とても相性のいい劇場」と太鼓判で、竹中も「とても相性がいいですね!(齊藤に)お客さんの顔を見せられないのが残念。皆さんの眼差しから熱い情熱が感じられます!」とチケット完売という好リアクションに嬉しそうだった。

大橋氏による初期作品集『ゾッキA』『ゾッキB』と竹中の出会いは2018年。偶然手に取り一読した瞬間に映画化を希望したそうで「山田孝之と齊藤工の顔が浮かんで、音楽もCharaに決めていた」とインスピレーションが、『ゾッキ』の座組としてそのまま実現した形なのだという。

竹中は自身が監督したエピソード『父』について「原作を読んだ瞬間に、絶対に撮りたいと思った。怖いというか、切ないし、ガラスが地面に刺さるシーンとかがとても映像的」と刺激を受けたそうで「監督作としては『R-18文学賞vol.1自縄自爆の私』(2012)以来なので、企画が通って本当に嬉しかった」と『ゾッキ』実現を喜んでいた。

映画版での『父』は松井玲奈のスキンヘッド姿が衝撃的だが、原作者の大橋は「あの漫画を描こうと思ったのは『リング』(1998)を観て怖いと思ったから。これより怖いものは何だろう?と考えたときに、スキンヘッドで目を見開いた女性からいきなり長文で話しかけられたら怖いと。そこから物語を広げていきました」と意外過ぎる創作秘話を明かした。

映画『ゾッキ』『裏ゾッキ』オフィシャルレポート

一方『裏ゾッキ』監督の篠原は、企画がスタートした2020年1月から参加。映画のメイキングドキュメンタリーは初めてだが「面白そうだと思ったし、『ゾッキ』のロケハン段階から撮影地の蒲郡に行って、カメラを回し始めてからは止まることなく、夢中で目の前で起こったことを撮りまくった」と無我夢中だったと振り返った。

齊藤は『裏ゾッキ』に登場する横田さんという、蒲郡でパン屋を経営する中年女性がお気に入りのようで「もはや『裏ゾッキ』の主人公はパン屋の横田さん。横田さんの娘さんが歌う歌は、竹原ピストルさんに匹敵するくらいの主題歌。しかも『裏ゾッキ』を観ると、横田さんの髪型の変遷もわかる。ヘアースタイルから乙女心が伝わってくる」とマニアックな見どころを挙げて、会場を笑わせた。

最後に竹中は「まだまだ『ゾッキ』上映は続いていく!」と宣言し、大橋も「皆さんが映画にしてくださらなければ、『ゾッキA』『ゾッキB』は僕が昔描いた単なる変な漫画で終わっていたはず」としみじみ。篠原監督はこの日『裏ゾッキ』が初日を迎えたことに「出来上がったばかりでなんて言っていいのかわからないけれど、本当に今観てもらいたい作品になりました。観客の皆さんそれぞれで感じていただければ嬉しい」と感涙を堪えながら封切りへの喜びを噛みしめていた。

 

■今後のイベント情報

[期間]
5月14日(金)〜27日(木)

[時間]
『ゾッキ』または『裏ゾッキ』最終回上映後⠀

[会場]
〜20日(木) アップリンク渋谷(20日閉館)/21日~都内劇場実施予定⠀

[チケット販売]⠀
・オンライン予約(アップリンク会員・一般):上映前日の20:00より販売⠀
・劇場窓口:上映当日の9:30より販売⠀
・詳細は劇場HPをご覧ください。
https://shibuya.uplink.co.jp/

[登壇者](予定)⠀
5/15(土)  山田孝之、小林拓司、糸瀬七葉、大倉空人、清水大登
5/16(日) 山田孝之、牧有太、伊藤主税⠀
5/17(月) 以降は順次発表

 

<作品情報>

映画『ゾッキ』

『ゾッキ』

今日も地球は<秘密と嘘>で回っている。
全国絶賛公開中

吉岡里帆 鈴木福 満島真之介 柳ゆり菜 南沙良 安藤政信 ピエール瀧 森優作 九条ジョー(コウテイ) 木竜麻生 倖田來未 竹原ピストル 潤浩 松井玲奈 渡辺佑太朗/石坂浩二(特別出演)/松田龍平/國村隼
監督:竹中直人 山田孝之 齊藤 工
原作:大橋裕之「ゾッキA」「ゾッキB」(カンゼン刊)
脚本:倉持裕
音楽監督:Chara
主題歌:「私を離さないで」Chara feat. HIMI
宣伝:ガイエ
配給:イオンエンターテイメント

公式サイト:https://zokki.jp/
公式Twitter:@zokki_movie
公式Facebook:@zokki_movie
公式インスタグラム:@zokki_movie

©2020「ゾッキ」製作委員会

 

映画『裏ゾッキ』

『裏ゾッキ』

ばらばらの世界をつなぐのは、法螺(フィクション)だったーーー。
5月14日(金)よりアップリンク渋谷・伏見ミリオン座・刈谷日劇ほか 全国順次公開

撮影・編集・監督:篠原利恵
音楽:重盛康平
題字:大橋裕之
出演:蒲郡市の皆さん、竹中直人、山田孝之、齊藤工 ほか
ナレーション:松井玲奈
主題歌:竹原ピストル「全て身に覚えのある痛みだろう?」(ビクターエンタテインメント)
製作:映画「裏ゾッキ」製作委員会
企画:伊藤主税、山田孝之
プロデューサー:牧有太
撮影:藤枝孝幸
制作:テレビマンユニオン
制作協力:and pictures
配給:イオンエンターテイメント
支援:映画「ゾッキ」製作委員会/映画「ゾッキ」蒲郡プロジェクト委員会
後援:蒲郡市

公式サイト:https://ura.zokki.jp
公式Twitter:@urazokki
公式Facebook:@urazokki
公式インスタグラム:@urazokki

©2020「裏ゾッキ」製作委員会

Tokyo Now Author